Palm互換機 ソニー CLIE T650C スタンダードなスタイルに外付け小型キーボードという発想

このページをDeliciousに追加 このページをはてなブックマークに追加 このページをYahoo!ブックマークに追加

Palm互換機 ソニー CLIE T650C スタンダードなスタイルに外付け小型キーボードという発想

CLIE PEG-T650Cは、WindowsCE FAN 2機種目のPalm互換機レビューだ。前回レビューした PEG-NR70V の斬新なコンセプトとデザインを考えると、今回の PEG-T650C はいたって平凡な、従来の Palm互換機の延長にあるものといえる。 しかし、中身は、CLIE PEG-NR70V と同様に、66MHz の CPU を採用。さらに、320 x 320 のハイレゾ液晶を採用するなど、やはり CLIE らしさを保っている。 Pocket PC にはスペックでは到底かなわない、CLIE PEG-T650Cだが、そのよさや、使い勝手、また、コストパフォーマンス的な感覚についても実機を使いながらレビューを行っていく。

Palm互換機 ソニー CLIE(クリエ) PEG-T650C

  • ロードテスト第1回 パッケージ内容
    ソニーの新型CLIE PEG-T650C は、薄型のボディに高速CPU や音楽再生機能をぎっしり詰め込んだスタンダードスタイルの Palm互換機だ。画面が、折りたたみ型CLIE PEG-NR70Vの 320 x 480 に比べて、320 x 320 と小さくなったのは残念だが、キーボードは外付けスタイルで提供されている。CLIE PEG-NR70V よりも大型でちょいとイケてる?
Powered by Powered by とうどう


Last-modified: Sun, 24 May 2009 23:45:30 JST (3706d)