待望のキーボード付ハンドヘルドPCの新機種が登場

ついに入手!
Jornada720の気になる内蔵アプリケーション

2000年12月12日版

↑Top へ

第二回へ

第四回へ

HPCアプリ+豊富なオリジナルアプリケーション

 Jornadaシリーズといえば、HP社独自のアプリケーションを忘れてはならない。Jornada720にも痒いところに手が届くアプリケーションが満載されていて心強い限り。これらを中心にJornada720搭載アプリケーションを紹介していきたい。

 

 デスクトップは下記の通り。Handheld PC 2000のロゴがとても魅力的である。ゴミ箱アイコンも立体的に変更されている。予定表、連絡先、仕事などもアイコンが変更されているが、これは前の方がかっこよかったような気がするのは筆者だけであろうか。Windows Media PlayerもH/PC2000で追加されたアプリケーションである。

 

 

 WindowsCE2.0が出た当初、標準の予定表が月間表示ができないときに、HP社には独自ソフトがついていて月間表示ができるということで人気を博した。
 現在では標準の予定表もアップグレードされ、月間表示はできるが、見えるのは予定の有無であり、内容までは見えない。Jornada720にインストールされているHPビューアーはきちんと予定の中身が見え、また連絡先や仕事もこのソフト上で見ることができるという便利なアプリケーションである。

 

 

 HP設定は表示やボリューム、メモリなどのプロファイルを一気に変更したり確認できるソフト。右側では電池残量を示してくれる。Jornadaのディスプレイ右横にあるアプリケーション立ち上げのキーでも一番上にあり、使用頻度が高いソフトではないだろうか。

 

 

<表示プロファイル>

 ここでは輝度とコントラストに対して、屋外、屋内、減光、電源の節約という4つのパターンを作成することができる。作成したパターンは、ALT+メールキーで簡単に切替られる。

<ボリュームプロファイル>

 これも4つのプロファイルがもて、ALT+予定表キーで簡単に切替が可能である。また「詳細」ボタンをを押せば高音域と低音域を調整することもできる。

<メモリ>

 内蔵メモリの、データ記憶用、プログラム実行用の残りが見えると同時に、メモリカードについてもメモリ残量を確認することができる。

 

 Jornada680、690に搭載されて好評だったHPダイヤルアップも2.0にバージョンアップした。プロバイダや発信元を複数設定し、簡単に切り替えられるだけでなく、接続後、自動で受信トレイやIEを立ち上げることも可能となった。IEはホームページ(最初に出てくる画面)だけでなく、検索ページ、さらにはプロキシ使用有無についても複数セッティングすることができるので、非常に便利である。

 

 

 HPホットキーはキーボード上にある8個のホットキーと、ディスプレイ横にある4個のハードアイコンについて割り当てるアプリケーションを設定するソフト。残念ながら、CTRLやSHIFTキーと合わせた設定はできないが、良く使うアプリケーションを登録すればワンタッチでアプリケーションを立ち上げることが可能になる。

 

 

 HPクイックパッドは高機能メモソフト。記入したメモを簡単にWORDや受信トレイ、予定表などに貼り付けることができるので、思いついたものをどんどん書き込み後からきちんと整理することができる。

 

 

 OmniSolveは多機能計算ソフト。通貨や長さ(メートル、ヤード、マイル等)、量(オンス、ポンド、キログラム等)の変換から利子やキャッシュフローの計算までその機能は豊富。ただし、残念ながら筆者の場合変換機能ぐらいにしか使いこなせていない。

 

 

 H/PC2000の特徴であるWindows Media Playerももちろん搭載。ステレオヘッドフォン端子やプレイボタンや音量調節ボタンがついたJornada720では思う存分楽しむことができるであろう(ただし、ヘッドフォンは内蔵されていない)。

 面白いのは、通常のWindows Media Playerデモ曲だけでなく、Jornadaのテーマ曲?(曲タイトル名:Jornada)も入っていること。とても短い演奏だが、ファンなら是非聞いてもらいたい。また付属のCD-ROMにもデモ曲が入っているので素材がなくても楽しめるであろう。

 

 

 H/PC2000の魅力といえば、Internet Explorerのバージョンアップであろう。何と言ってもIE4.0相当にバージョンアップされたということで、これについては後日検証を行ってみたい。

 買ってきた当初IEを立ち上げると下記のようになっていて、「お気に入り」メニューがないと一瞬焦ったが、これはただ単にメニューが隠れているだけ。「移動(G)ボタン」の横の区切り線を右にずらせばちゃんとお気に入りメニューがでてくる。要注意!

 

 

 このように豊富な独自ソフトを持つJornadaであるが、他にも付録のCD-ROMにも画像管理ソフトKodak Picture Shotや金銭管理ソフトDMoneyが入っている。是非とも使ってみよう。


■ 関連リンク

■ WindowsCE FAN Jornada720関連記事


■ 感想・コメントは、Windows CE FAN の掲示板 (BBS) 

へお願いします。


■ 更新状況

Written by いまじゅん

(C) 2000 Windows CE FAN

GO TOP