アメリカ版P-in発見!? AirCardシリーズ - Sierra Wireless

このページをDeliciousに追加 このページをはてなブックマークに追加 このページをYahoo!ブックマークに追加

2001年1月9日(火)版

アメリカ版P-in発見!? AirCardシリーズ - Sierra Wireless

CES2001 - アメリカにもあるんだ

  次へ→

AirCard300を実際にiPAQに装着

■アメリカでも遂にP-in登場か!?
 TV CMも行われ日本では一世を風靡しているドコモのP-inComp@ctとP-in。こうしたモバイルの通信インフラは、モバイル先進国の日本ならではのものかと思っていた矢先に、遂にアメリカ版P-inを発見した。
 
 その名も「AirCard」。
 
 実はこれP-inというよりもP-inの形をしたDoPa版と言った正しい製品だ。アメリカにもCDPDというパケットのワイヤレスインターネット環境が普及しておりそのCDPDを利用しインターネットにアクセスを可能にするカードがこのAirCardである。
 
 この写真はiPAQにPCMCIAジャケットを装着し、AirCardをつけた写真である。シリーズとしては3種類。CDPD対応のAirCard300、128Kbps速度で利用出来る高速版CDPDといえる"Ricochet"に対応したAirCard400、日本でいうPHS、アメリカや韓国でいうPCSに対応したAirCard510の3種類だ。H/PC PROにも対応しているとのこと。
 
 PCMCIA TYPEIIの形状をしている為、現在PocketPCではiPAQでしか利用出来ないが、アメリカでもこうした商品が存在していること自体が面白い。PDAと一体型の無線インターネット環境としてPALM VIIもあるが、ユーザーが利用用途によって通信環境を選択することができるのは嬉しい。
 
 P-inComp@ctの様な小さいCF TYPEIIサイズのものの発売予定はあるか?との質問に対しては「No.」との答えが・・・。アメリカでは小ささは正義ではないのだろうか(笑)。すこし残念だ。


上から見るとこんなかんじ
少し取り外してみた



アメリカ版P-in発見!? AirCardシリーズ - Sierra Wireless

Reported by KATSUO


Last-modified: Sun, 24 May 2009 23:45:30 JST (2894d)