米国版 Pocket PC 2002 にみる 新しいユーザーインターフェース【後編】

このページをDeliciousに追加 このページをはてなブックマークに追加 このページをYahoo!ブックマークに追加

2001年9月19日(水)版

米国版 Pocket PC 2002 にみる 新しいユーザーインターフェース【後編】

Pocket PC 2002 追加情報

 ↑↑↑PocketPC2002↑↑↑ 

■ はじめに

 前回に引き続いて、Pocket PC 2002 の新しいユーザーインターフェースを紹介していきたいと思う。

 前回は、「予定表」、「Microsoft Reader(電子書籍リーダー)」、「受信トレイ」、「MSN Messenger」について紹介したが、今回は、Pocket PC 2002 で大きく変わった「アラーム(通知)」のインターフェース、遠隔から Windows2000 Server や、Windows XP (予想) を操作することができる「Terminal Server Client」が内蔵されている。この他にも、Today 画面のバックグラウンドやカラーをカスタマイズすることができる機能や、Windows Media Player 8 のスクリーンショットをお届けする。

■ アラーム (通知 = Notifications)

 これまでの Pocket PC では、予定表のアラームが表示される度に、画面がアラームに切り替わっていた。これは、確かにシンプルでわかりやすいともいえるが、アラームを完全に消さないと、元の画面に戻れないなど、正直うざったいと思う面もあった。こうした部分に配慮し、Pocket PC 2002 では、アラームの種類がいくつかの方法から選択することができる。

 具体的には、ポップアップが小さくかわいく表示される形となる。
 これらは、ユーザーの好きな形を選ぶことができるようだ。

■ Terminal Server Client

 Pocket PC 2002 で初めて標準搭載されたのが「Terminal Server Client」だ。これは、Windows2000 Server の Terminal Service をインストールすることで、リモート経由で Windows2000 Server を利用できるというもの。標準でも、リモート管理モードが利用でき、これを使えば、遠隔から PHS アクセス経由などで、サーバーのメンテナンスを行うことができる。あくまで緊急用だが、リブートができるだけでもありがたいものだ。また、ライセンスを別途取得すれば、アプリケーションモードというものも利用可能だ。これは、Terminal Server 上で、Windows2000 Server のデスクトップを使えるというもの。あくまで動作しているのはサーバー上だが、Power Point を操作して、出先からプレゼン資料を印刷しておくなんてことも不可能ではない。

 これまで、Terminal Service は、Windows2000 Server 以上でしか利用できず、一般ユーザーからは非常に縁遠い存在であった。今年新しく発売される WindowsXP には、この機能が標準で組み込まれるらしい。家庭内サーバーを立てて、そこへ無線 LAN カードを差し込んだ Pocket PC 2002 からアクセスして、メールを転送したり、プリントアウトを開始したり、CD-R を焼いたりということができるようになるかもしれない。そんな大きな家に住んでいる人はまれかもしれないが、ともかくできることはできるようになるらしい。

 今はまだ無名だが、今後要注目のアプリケーションといえるだろう。

■ カスタマイズ可能になった「Today」

 左右の画面を見比べてみてほしい。これが Pocket PC 2002 の「Today」のカスタマイズ機能を表している。左側が標準の画面で、右側がカラーと背景を変えたものだ。標準のものからも「Today」という大きなロゴが無くなったことがわかる。WindowsCE FAN のソフトウエアライブラリ でも、カスタマイズ用のソフトは常に人気を博しているが、マイクロソフトもこれに目をつけたといえそうだ。

■ Windows Media Player 8

 最後が、東芝 GENIO e550 には標準で搭載された映像再生機能つきの Winodws Media Player だ。機能は、Pocket PC 用の Windows Media Player 7.1 と変わっていないように見えるが、一応バージョンは「Windows Media Player 8」となっているようだ。ユーザーインターフェースなどが、Pocket PC 2002 のテイストにあわせて作られている。

 従来のもの同様、スキンにも対応しているし、Windows Media Player 7.1 同様ストリーミングによる映像再生にも対応している。

■ 終わりに

 以上、Microsoft のプレス向けサイトから、Pocket PC 2002 の新しいユーザーインターフェースについてお届けした。次回からは、各アプリケーションがどのように進化したかについて、詳しく紹介していきたい。



米国版 Pocket PC 2002 にみる 新しいユーザーインターフェース【後編】


Reported by けいたん


Last-modified: Sun, 24 May 2009 23:45:30 JST (3765d)