講師

時間

教室

柏木 操

火曜4限

31号館503教室


Dr. じゅんじ
”愛の単語、タンゴ、Tango”

リセット、フルリセット

 

  リセット、フルリセットとは?

Windowsは使っているとシステムリソースをガンガン食っていくことがあって、徐々に処理がもたついてきたり最悪の場合止まってしまったりします。このような時は「再起動」をしてメモリを開放してあげると直ります。 WindowsCEではあまりそういうことはないようで「安定したOS」といわれますが、それでも使うアプリケーションや動作環境によっては上記のようなことが起こってしまいます。また突然のフリーズも手がつけられなくなって困るものです(経験からいうとポケットIEがよくそうなる(^^;)。ところが、CEの「電源」はサスペンドなのでon/offしても解決しません。こういったときCE機では「RESET」ボタン(たいてい機械の裏側についていて、スタイラスで押すようになっている)を押します。つまり
「リセット」はWindowsCEの再起動なのです。作業中のデータは残りませんが、保存してあるデータが消えるといったことは一切ありません(ただし、モバギでは壁紙がdefault8.bmpに戻ってしまうので大変困ります(^^;)。

一方、マシンが何らかのトラブルでうんともすんともいわなくなることがあります。こうしたときは最後の手段としてWindowsの再セットアップ、つまりハードディスク内のデータを全部消して1から入れ直します。CEでこれにあたるのは「初期化」(リセットに対して「フルリセット」とよく言う)という作業です。当然データとはすべてお別れです。方法は機種によってさまざまですが、一番メジャーなのは動作用電池とデータ保守用電池を抜いてしばらく置くというものです。RAMは電源供給を断たれると内容をきれいさっぱり消失しますからね。WindowsCEというOSはROM内に入っているのでフルリセット後すぐ使えます。

ちなみに私はフルリセットをする必要に迫られたことがありません。あるStaffいわく「フルリセットしたことの無いやつは真のCEユーザーとはいえない」そうですが(笑)、できれば今後もそういう場面には遭いたくありません。ただ意外とフルリセット経験者は多いらしく、大切なデータを失った人もそれだけいるわけですから、こまめにバックアップを取ることは非常に重要です。

余談ですが、リセットの際は\windows\スタートアップフォルダ内にあるプログラムやショートカットを実行します。常駐系のプログラム(ソフトライブラリで紹介しているボリューム調整ソフトなど)はここに入れておくと便利です。

 

written by 柏木 操