日本HP「iPAQ Pocket PC h1937」 世界最小・超軽量のPocket PC 2003日本語版端末

このページをDeliciousに追加 このページをはてなブックマークに追加 このページをYahoo!ブックマークに追加

日本HP「iPAQ Pocket PC h1937」 世界最小・超軽量のPocket PC 2003日本語版端末

日本HPから、薄型・軽量 Pocket PCの代名詞的な存在ともいえる「h1900」シリーズの最新機「iPAQ Pocket PC h1937」が登場した。登場価格は限定 2,000台で、\19,800。直販のみで販売される。

「iPAQ Pocket PC h1937」は、2003年6月に発売され、大ヒットとなった「iPAQ Pocket PC h1920」の後継機。124g と軽量で、13mm と薄型で高級感のある外装が特徴だ。「h1920」では、拡張スロットが SDメモリスロットしかなく、事実上通信機能を使うことができなかったが、本「h1937」からは、SDIOスロット付。SDカード版の AirH''や、無線LANカードを利用することにより、外出先や、無線LANホットスポットなどでの通信も可能となる。

「h1920」では、メインメモリが 64MB搭載ながら、ユーザー領域が 34MB と物足りない面もあったが、「h1937」では、ユーザー利用領域も「56MB」と大幅に拡大された。このほか、着脱可能なリチウムバッテリや、明るい液晶パネル、従来の h1920 のオプションは基本的に利用することができるため、買い替えや、買い増しユーザーにも嬉しい。本体にストラップホールが用意されているのも嬉しい特徴だ。 また、プロセッサはインテル製「PXA255 200MHz」から「Samsung S3C2410 203MHz」に変更された。このプロセッサは、マイクロソフトとサムスン電子が共同で開発した Pocket PC用の機能統合プロセッサだ。

【基本仕様】 CPU: Samsung S3C2410 203MHz OS: Windows Mobile 2003 software for Pocket PC 日本語版 (通称: Pocket PC 2003) 重量: 124g 113(幅)x70(縦)x13(高さ)mm メモリ: 64MB(ユーザー領域 56MB)

日本HP iPAQ Pocket PC h1937 - 世界最小・超軽量 Pocket PC 2003日本語版端末

日本HP iPAQ Pocket PC h1937 関連ニュース

日本HP iPAQ Pocket PC h1937 関連サイト

Powered by Powered by square / けいたん


Last-modified: Sun, 24 May 2009 23:45:30 JST (3100d)