新しいActiveSync 3.1をインストールしよう!!

ActiveSync 3.1日本語版 を
セットアップしよう!

2000年9月27日版

↑TOP

 

■ いよいよ、ActiveSync 3.1 をセットアップしよう!

 インストールが終わると、ダウンロードした場所に、

 「MSASYNC.EXE」

 というファイルが出来ているはずだ。これを実行して、ActiveSync 3.1 をセットアップしよう。

 ダウンロードに関しては以下の記事が参考になる

■インストールもほぼ自動に

 ActiveSync3.0と比較して、インストール作業自体も非常に簡単になっている。

 USB接続も含めてCOMポートを自動的に全ポートを自動的に検出してくれるようになっている。

 PCあるいはデバイスを再起動することなく、わずか 6 回のクリックでインストールできるのだ。

■ PC 側の IrDA (赤外線) 接続の設定確認

 ActiveSync 3.1 のインストール前に、もし、あなたのデスクトップ/ノートPC で、赤外線接続をサポートしているなら、こちらに掲載した手順で、赤外線接続が利用可能になっていることを確認しよう。

ActiveSync3.1をActiveSync 3.0のアップデートとして USB 接続でインストールする場合は必ず「このデスクトップコンピュータとのUSB接続を可能にする」のチェックボックスをクリックしよう。 この設定はActiveSyncの接続設定で行える。

 もちろん、IrDA (赤外線接続) を利用せず、ケーブル接続を利用する場合には必要はない。なお紹介しているのは、Windows2000 OS を利用した場合の IrDA (赤外線接続) 設定の方法だ。

■ ActiveSync 3.1 のセットアップ

 MSASYNC.EXE を実行すると、まず、ファイルの展開が始まる。

 

続いて、セットアップ画面が現れる。

[次へ] 進んでいこう。

ここで、アップグレードが行われる。

「次へ」進んで行こう。

 

無事に、モバイルデバイスを発見することが出来ると、パートナー関係が設定されるのだが、それは、ActiveSync によって、

などを同期させる設定にするということである。

すんなりと同期され、変更箇所がないかチェックしているようだ。

セットアップも終わり、ActiveSync 3.1 を利用することが出来るぞ。

■ ActiveSync 3.1 を使おう

 ActiveSync 3.0の登場で、WindowsCE サービス 2.2にくらべて格段に使いやすくなったことも、記憶に新しいのではないだろうか。

 しかし、さらに扱いやすく、快適になったActiveSync 3.1。

 USB接続や、ポートの自動検出など新しい機能満載のActiveSync 3.1を利用し、よりよいCE LIFEを送ろう。


■ 関連記事 ActiveSync3.0 / WindowsCE サービス記事一覧

ActiveSync3.0 日本語版セットアップ・ガイド 【全5回】
PCとH/PC,P/PCの接続が格段に便利になる ActiveSync3.0。まだ WindowsCEサービスを使っている人は、この機会に乗り換えを検討してみよう!
 

ActiveSync 3.0英語版 インストール方法
 

【DevCon.JP】ActiveSync 3.0 - PCとCEの接続がもっと手軽に
 

ActiveSync 3.0英語版 ダウンロード開始 - WindowsCEサービスの新バージョン
 

H/PC Proを見据えた? WindowsCEサービス2.2 レビュー!!
CEとPCを接続するWindowsCEサービスがバージョンアップ


■ 引き続き取材依頼を募集中

 WindowsCE FAN では、引き続き PocketPC 日本語版に関する取材依頼を下記のメッセージボードで募集しています。

PocketPC 取材依頼掲示板 (メッセージボード)

※ みなさんのリクエストに答えるため、一生懸命調査を行っておりますが、調査不足で、間違いがある場合もあります。「おかしいな?」 と思ったら、遠慮なく、 webmaster@wince.ne.jp までご連絡ください。


■ WindowsCE FAN 記事

PocketPC 記事ディレクトリ


■感想・コメントは、Windows CE FAN の掲示板 (BBS)

へお願いします。

■更新状況

Reported by かつや

(C) 2000 Windows CE FAN