WindowsCEについてのよくある質問(第1版)
TOP


Q.Windows CE ってなに?
Windows CEとは、マイクロソフト社が開発したオペレーティング・システム (基本ソフト)の名前です。 Windows CEは、小型のパソコンなどのような資源が限られた環境で動くように 最適化されているのが特徴です。

現在 Windows CEには一世代前のバージョン1と、新世代のバージョン2の 2種類があります。また、Windows CEには各国語版が用意されており、 日本ではおもに日本語版と英語版が流通しています。

Q.Windows CE はなんの役に立つの?
Windows CE は普通のパソコンにおける Windows 95/98/NTのように、 H/PC(次項参照)が動作するのに必要なさまざまな処理を一括しておこな ってくれます。またOSとしての基本機能の他に、Windows CEには 便利なソフトが標準で付属しています。

現在わたしたちが目にすることができる Windows CE は、各社のH/PCに インストールされて供給されるものがすべてですが、マイクロソフト社は将来、 このOSを家庭用電化製品や自動車にも搭載する予定だそうです。

Q.H/PC ってなに?
H/PC とは Handheld PC(ハンドヘルドPC)の略で、 手で持てるサイズの小型のパソコンのことです。パソコンといっても Windows 98 などが動作する普通のパソコンとは構造が違い、互換性はありません。ここでは Windows CE が動くパソコンだけを H/PC と呼ぶことにします。

H/PCの特徴としては、小型で持ち運びに便利、ペンで画面に触れることで操作できる、 ノートパソコンに比べて電池で稼動できる時間が長い、 作業途中でも自由に電源のオン・オフができる、などがあげられます。

Q.H/PC にはどんなマシンがあるの?
現在日本で一般に販売されている H/PC には次のようなマシンがあります。 詳しくは URL で表記してあるホームページの情報をご覧ください。


Q.Windows CE と Windows 95/98/NT との違いは? 互換性はあるの?
Windows CE と Windows 95/98/NTとの間には互換性はまったくありません。 簡単に言うと、Windows CE 用のソフトはWindows 95/98/NT では動きませんし、 逆もまた同じです。ただし、Microsoft Word/Excel/PowerPoint に関しては、 標準で Windows CE用の機能簡略化版が付属しています。

ソフトの互換性はまったくありませんが、テキストファイルのようなデータであれば 相互に交換することができます。ただし、ソフト(Word/Excel/PowerPoint等)に依 存するようなデータは、交換時に変換が必要な場合があります。 この変換は Windows CE に付属しているソフトが必要に応じて自動的に おこなってくれます。

Windows CE の操作は基本的に Windows 95 の操作と似ています。Windows 95 を使用したことがある方なら、すぐに操作に慣れることができるでしょう。ほとんど の作業は Windows 95と同様の操作でおこなうことが可能です。ただし、 一部の操作には違いがあります。特に、マウスの代わりにペンを使うことが WindowsCE と Windows 95との最大の違いだと言えるでしょう。

Q.Windwos CE のソフトについて教えて
まず Windows CE には標準でいくつかのソフトが付属してきます。 Microsoft Word/Excel/PowerPoint の機能簡略化版である Pocket Word/Excel/PowerPoint、インターネット用ブラウザの Pocket Internet Explorer、パソコンとのデータ同期も可能な 個人情報管理ソフト Pocket Outlook、その他、簡単な通信ソフトや 電卓などがついてきます。

さらに、H/PCのメーカーによっては、さまざまな市販ソフトが付属してきます。 これは商品によって異なるので、詳しくは各メーカーのホームページをご覧ください。

買ったときに付属してくるソフトの他にも、Windows CE には豊富な市販ソフトと、 一般ユーザーが作成したフリーソフトやシェアウェアがそろっています。 これらのソフトは、後から好きなものを H/PCにインストールして 使うことができます。

もしあなたがプログラマーならば、必要な開発環境を整えることで、 自分で Windows CE 用のソフトを開発することもできます。

Q.なんで Windwos CE 用のソフトは2種類あるの?
H/PC が内部で使用している CPU(パソコンの中枢部品)には2種類(SH3 と MIPS)の系統があり、このことから、Windows CE では H/PC が搭載している CPU にあったソフトしか使うことができません。そのため、一般に Windows CE 用のソフトには2種類のバージョンが存在します。

通常の市販ソフトでは、2種類のソフトがひとつのパッケージにまとめられて販売さ れているので、ユーザーがこのことを気にする必要はありませんが、フリーソフトや シェアウェアを使用する場合には、自分の H/PC にあったバージョンのソフトをダウンロードする必要があるので 注意してください。

Q.Windwos CE サービスってなに?
Windows CE サービスとは、H/PCと普通のパソコンとの間をつなぐ架け橋になる ソフトのことです。ActiveSyncと呼ばれる H/PCとパソコンの間の情報の同期機能や、 ファイルを交換するときに必要な自動変換機能などを受け持っています。 また、一部のソフトは Windows CE サービスを通してH/PC にインストールされます。

Windows CE サービスは、H/PC に付属している CD-ROMからパソコンにインストール して使用します。インストールが終了すると、エクスプローラの中に「モバイルデバイス」 という名前のフォルダが出現しますが、これがWindows CEサービスの本体です。 このフォルダへ移動すると、メニューから接続の方法についてさまざまな設定を おこなうことができます。

Q.Windows CE のバージョン1とバージョン2の違いは?
Windows CE バージョン2では、バージョン1にくらべて次の点が改良されています。