写真で見る富士通タブレットPC 【第2回】ドッキングステーション、周辺機器編

このページをDeliciousに追加 このページをはてなブックマークに追加 このページをYahoo!ブックマークに追加

2002年11月5日(火)版

写真で見る富士通タブレットPC 【第2回】ドッキングステーション、周辺機器編

Tablet PC 実機レポート

←第1回へ  

富士通タブレットPC

■ピュアタブレット+ワイヤレスキーボードのハイブリッド仕様

 タブレットPCには、「ピュアタブレット型」と「コンバーチブル型」の2種類があるが、今回レポートする富士通のタブレットPCは、ピュアタブレット型の本体に加えて、ドッキングステーションやワイヤレスキーボードが付属し、タブレットPCとしても、デスクトップPCとしても使用することができるいわばハイブリッド型のモデルである。

 第1回ではPC本体の外観をレポートしたが、今回はドッキングステーションを始めとする周辺機器を紹介しよう。

※ なお、本機時で紹介する富士通タブレットPCは試作機であり、実際の製品とは異なる点がある可能性があることをご承知いただきたい。


■写真で見る富士通タブレットPC【周辺機器編】

[ドッキングステーション]


右側面には、CD-RW/DVD-ROMの
コンボドライブを搭載する。
PCスタンドの傾きは5段階に調節できる。
つまみを内側に押し込んでスライドさせる。

ステーションの後面のコネクタ類。
LANポート、映像出力、アースがある。
左側面には、ACIN(電源)、USB×3、IEEE1394
端子数は十分だが、USB2.0は非対応か。

PC本体をロック/アンロックする時は、
上のボタンを押しながらレバーを上下するだけ。
PCの稼動中でも自由に脱着できるのは便利。
場合に応じてPCを縦/横に回転させられる。
回転については特にロック機構などはない。

[ワイヤレスキーボード]


赤外線ワイヤレスキーボード。
フルサイズのキーを搭載し、使用感も○
ややキーの押し込み量(深さ)が小さいが、
慣れれば気にならない範囲だろう。
キーボードの電源には単4乾電池を2本使用。
非常に薄くて軽く、持ち運んでも苦にならない。

[スタイラス]


程よいサイズと重量感があり使いやすい。
指先の2つのボタンとストラップ穴がポイント高い。
[コントロールパネル]→[ペンのオプション]の画面。
ボタン2に割り当てる操作やペン先の感圧レベルを
自分の好みに設定できる。


なお、富士通タブレットPCには USBマウスも付属するそうなので、最後に補足しておく。



写真で見る富士通タブレットPC 【第2回】ドッキングステーション、周辺機器編

Reported by うっきー


Last-modified: Sun, 24 May 2009 23:45:30 JST (4144d)