マイクロソフト古川副社長基調講演 「共生の時代を実現する次世代のインターネットとソフトウェア情報」

このページをDeliciousに追加 このページをはてなブックマークに追加 このページをYahoo!ブックマークに追加

2002年11月21日(木)版

マイクロソフト古川副社長基調講演 「共生の時代を実現する次世代のインターネットとソフトウェア情報」

Embedded Technology 2002 組込み総合技術展(旧称:MST)レポート


■ はじめに

 一般的な視点から見ると、ついPocket PC やハンドヘルドPC等が目立ってしまう WindowsCE OS だが、この3年ほどの間に随分と利用される分野が増えた。特に今年の WindowsCE.NET 4.0 以降は、業務用途の専門端末から、企業OA機器まで幅広く採用事例が登場した。さらに、Microsoft SmartPhone 2002 という WindowsCE ベースの携帯電話OSが登場したり、トヨタ自動車のG-BOOKのように新しいコンセプトの車に採用されたりと、まだまだその可能性を伸ばしている。さらに、来年には、液晶モニタの進化系「Miraデバイス」こと、「Smart Display」が登場する予定だ。

 今週、2002年11月18日〜22日に横浜・パシフィコで開催されている「Embedded Technology 2002 組込み総合技術展(旧称:MST)」の基調講演に立った、マイクロソフトの古川米本社副社長は、そうした勢いを背景に、過去のエピソードから、マイクロソフトの極秘最新技術まで、幅広い話が行われたぞ。

 ここでは古川氏のスライドを元に、ざっとポイントだけを紹介しよう。残念ながら、古川氏の軽快で、エネルギッシュな早口トークを再現できないが、最新のトレンドに乗り遅れないように、チェックしよう。

 都合上写真が多いので、何回かに分けて掲載する。

■ 共生の時代を実現する次世代のインターネットとソフトウェア情報

基調講演タイトル。デスクトップだけでなく、組込機器向けCPUも、1GHzを突破し、どんどんクロックが挙がっている。ADSLの普及率は 500万加入を突破。無線LANが好調に出荷を延ばし、無線LANカード向けにアクセスポイントを提供するホットスポットも数を増やしている。古川副社長によれば、特に首都圏だけ見ると、すでに米国の先端都市を抜き去っているという。
技術の進歩に伴って、パソコンや組込機器の利用用途はさらに拡大中。特にコミュニケーションやエンターテイメントなどでも、さまざまな用途が広がってきた。マイクロソフトが提供しているWindowsCE OSの採用事例も、実に多彩。液晶BSテレビに内蔵されたり、プロジェクタに内蔵されたり。マンションに採用する企業も、富士通のロボットにも採用されている。
また、今年発表されたばかりの WindowsCE.NET も、すでに、国内・海外でさまざまな採用事例が届いている。日立のNetPDA、VoIP音声通話対応のPDA、SAMSUNGのPDA、Webパッド、カシオのワイヤレスハンディ端末、キッチン端末など。Windows CE OS のことはさまざまな人が評価して使ってくれている。NECインフロンティア、日立製作所、リコー、富士通、富士通フロンテック、コダック、オリンパス社などのコメントが紹介。作りやすさや、接続性、高速性などを評価するユーザーが多い。デジカメは、ITRONなどを採用して作るが、コダックでも店頭端末でより高品質・高速性が必要な場面では、WindowsCE OS を採用してくれている。JPEGの高速展開などにはより適しているのだとか。
日本初公開? Microsoft SmartPhone 2002 搭載デバイスすでに欧州では発売中!?

■ 次回へ続く

 いよいよ盛り上がってくる第2回以降は、この後続きます。




Reported by けいたん


Last-modified: Sun, 24 May 2009 23:45:30 JST (3100d)