組込み総合技術展バーチャルツアーその5 巨大なWindows Embeddedマシーン

このページをDeliciousに追加 このページをはてなブックマークに追加 このページをYahoo!ブックマークに追加

2002年11月27日(水)版

組込み総合技術展バーチャルツアーその5 巨大なWindows Embeddedマシーン

Embedded Technology 2002 組込み総合技術展(旧称:MST)レポート


■はじめに

 Embedded Technology 2002 組込み総合技術展のマイクロソフトブースでは「デザインウィン(Designe Win)展」と称して実際にWindowsCEやWindows XP Embeddedを搭載した製品が展示されていた。
 展示製品はガラスケースにはいっていたのだが、1台だけどうしてもガラスケースに収まらないWindows XP Embedded製品があった。

■コピー機の制御にもWindows

 写真は大きすぎて?最初は展示品であることに気がつかなかった、リコーのIMAGIOカラーコピー機「IMAGIO COLOR 5105it」だ。コピー機でなぜWindows XP Embeddedなのだろうか?ひとつの理由はコピー機の高機能化にあるようだ。
 このモデル、なんと末尾に「IT」がついている。冒頭で簡単に「リコーのIMAGIOカラーコピー機」と表現していまっているが、カタログには「スキャナ/プリンタ/ファクス/コピーの複合機」となっている。
 詳しくはメーカのサイトを訪ねていただきたいが、スキャンした画像をメイルで送ったり、PDFファイルにしたりできるそうだ。
 従来は、「組み込み機のソフトウェア=制御プログラム」というとらえ方ができたし、採用されているCPUも組み込み用の8ビット、16ビットのCPUが主流だった。
 ソフトウェア開発言語もアセンブラやC言語、組み込み用C++等で行われるのが普通だったといえよう。それに「組み込み機のソフトウェア=その装置全体の機能を実現させるための一部分」であり、どちらかといえば裏方的なものだった。
 ところが、装置に要求される機能が増えるにつれ、ソフトウェアによる機能実現が増加し、トータルの開発量に占めるソフトウェアの割合もどんどん増加してきた。また操作画面もソフトウェアで決まるようになり、組み込みソフトウェアは裏方的な存在から表側にでるように変化した。

■操作画面も高解像度に

 写真撮影の腕が悪くピントがボケており恐縮だが、左が「IMAGIO COLOR 5105it」の操作画面だ。操作してみればわかるのだが、非常に凝ってできており、まるでパソコンの操作をタッチパネルでしているようだ。昔はコピー機にはボタンしかないか、せいぜい電卓の数字表示板のようなものがついているだけだった。それからタッチパネルと液晶の組み合わせでボタンが固定アイコン表示されるようになり、このモデルにいたってはデザインの凝った3D表現カラービットマップボタンだ。
 会場で配布された資料集によれば、開発言語はなんとVisual Basicだそうだ。昔は、アセンブラやCを使っていかにパフォーマンス上げるか、必要メモリ量をいかに小さくしてコストを下げるかが、ファームウェア(組み込みソフトウェア)エンジニアの腕の見せ所だった。今では、いかにルックアンドフィールやユーザビリティを良くするかもファームウェアエンジニアの大切な役割になり、その比率は大きくなっているといえよう。もはやファームウェアエンジニアという呼び方は古いのかもしれない。

■変わる組み込み開発現場

 メーカでいわゆるマイコン組み込み機器を開発する場合の光景を会話風に書けば、従来では、開発時にファームウェアエンジニアが「その機能ならばメモリは○○Kバイトは必要ですね。」というと、ハードウェアエンジニアが「いや、このコストではメモリは□□Kバイトしか載せれないのですよ、それにメモリを増設したくても、もうハードウェアの設計が終わってプリント基板作ってしまいましたからね、なんとかなりませんかね?」という風になり、いかにステップ数を少なくするかに苦労したものだ。
 しかし、メモリの値段も下がり、今回の組込み総合技術展に多くのメーカが出展しているように、高機能な既成の汎用CPUボードなども出現し、後からの変更にも自由度が大きくなった。
 昔は、競合に勝つために、ハードウェア、ソフトウェアもそしてメカにいたるまで、メーカの技術力を結集し独自開発をしていた時代だった。しかし今では、汎用品、コンポーネントをいかにうまく使い、短期間に開発を行ない、機能も価格も、そしてデザインも競争力のあるものにするかが鍵となっている。



組込み総合技術展バーチャルツアーその5 巨大なWindows Embeddedマシーン

Reported by かっぴー


Last-modified: Sun, 24 May 2009 23:45:30 JST (3105d)