ソニーCLIE PEG-NX70V 第14回 豊富かつ魅力的なバンドルアプリケーションその4 〜 CLIE Mailでメールを使おう 〜

このページをDeliciousに追加 このページをはてなブックマークに追加 このページをYahoo!ブックマークに追加

2002年11月26日(火)版

ソニーCLIE PEG-NX70V 第14回 豊富かつ魅力的なバンドルアプリケーションその4 〜 CLIE Mailでメールを使おう 〜

XScale PXA250 200MHz搭載のPalm互換機、CF/MSの2スロット内蔵

← 戻る  

本稿は「ソニーCLIE PEG-NX70V 第1回 PEG-NX70V がやってきた」の続きとなります。

CLIE Mailの標準画面

■ CLIE Mailを使ってみる。

CLIE Mailとはその名の通り、CLIE用の電子メールアプリケーションだ。このソフト自体はハイレゾ対応CLIEには標準でバンドルされてきたものであり、今回初お目見えというわけではないのだが、CLIE PEG-NX70V添付のものは「ver.2」と最新のものとなっており、新しく静止画や、動画、音声メモの添付が可能になっている。

 設定に関しては、特に特殊な部分もなく、一般的なPC用のメーラーのセッティングの経験のある方なら何も問題なく進むはずだ。

■ 気になる機能面

CLIE Mailの機能面であるが、

  • マルチアカウント対応
  • 複数の受信ボックスの作成
  • フィルタリングの設定
  • 複数の署名の設定
  • PCのメーラー(Outlook / Outlook Express / Eudora)との連携
  • POP Before SMTPの設定

等が可能であり、Palm対応メーラーとしては多機能な部類に入るだろう。


一般的なフィルタリング機能を搭載
署名も複数の設定が可能!

  また、加えて特徴的な機能として、「取得メール数」および「取得行数」の設定が可能なことが挙げられる。これらは呼んで字のごとく、メールを受信する際、「何通」のメールを「何行」づつ受信するかを設定する機能なわけだが、あくまでもCLIEを補助的なメール受信端末であると考えたとき、非常に重宝する機能のように思われる。一部分受信したメールの本文の末尾には、「次回接続に残りを取得」というチェックボックスが現れる。つまり、ヘッドラインのみをとりあえず受信、確認して気になったメールだけ後から残りを受信するといった使い方が可能なのだ。


メールの受信数、受信行はここから設定

 筆者の場合、多くのMLを利用していることもあり一日の受信メール量は優に300通超の膨大な量であるため、保存容量の面でも、またP-in Comp@ctを用いた受信速度の面でも、すべてのメールをCLIE PEG-NX70Vで確認するのは非現実的であったが、上記機能をうまく併用すれば容量・速度の二点の懸念も解消され、うまくメールの活用ができるようになった。やはりふと気になった時に、場所を選ばず、気軽にメールをチェックできるのは便利だ。

■ 不満点があるのも事実

 当然いくつかの不満点もつきもの。

  • 折角ハイレゾ表示できているのに、それでも一行の表示文字数が30文字程度なので、多くの場合変な位置に改行が入ってしまい、非常に見づらい
  • メールの検索機能がない
  • IMAP未対応

変な位置に改行が入り、読みにくい…の図

といったことが、気になった点である。特に1番目の「一行あたりの表示文字数」の問題は、場合によってはメールを読む気が失せるほど読みにくくなることもあり、致命的な問題だ。折角のハイレゾ画面、あと一歩活かしてほしかったものだ!

 さて、そろそろCLIE PEG-NX70Vのレビューも佳境。今しばらくのお付き合いを!



ソニーCLIE PEG-NX70V 第14回 豊富かつ魅力的なバンドルアプリケーションその4 〜 CLIE Mailでメールを使おう 〜

Reported by きとぷん


Last-modified: Sun, 24 May 2009 23:45:30 JST (3101d)