教育用で頑張っています カシオ Cassiopeia Computer Extender

このページをDeliciousに追加 このページをはてなブックマークに追加 このページをYahoo!ブックマークに追加

2001年2月5日(月)版

教育用で頑張っています カシオ Cassiopeia Computer Extender

懐かしいカシオのハンドヘルド

 ↑↑CES2001特集↑↑ 

概観は、A-60 そのものだ

■ A-60 覚えてますか?

 今や、E-55、E-500、E-700 と Palm-size のPDA ばかりのラインナップになってしまったカシオだが、昔はハンドヘルドPC も販売していたのだ。「販売していた」どころか、カシオは世界で一番最初に WindowsCE機 = H/PC1.0 = カシオペアを発売した、WindowsCE業界では老舗の名門なのである。
 そんなカシオの最後の H/PC となったのが、表題の「A-60」。SH3 80MHz を採用し、今のシグマリオンよりもコンパクトな製品だったのだ。その英語版のマシンに、CES2001のカシオブースで出会うことができた。

■ 教育用マシンとして頑張っています

 これらのマシンが展示されていたのは、ブースの中でカシオの電卓と同じコーナーの一角だ。「Cassiopeia Computer Extender」というジャンルの製品で、「教師用の Cassiopeia A-22T」「生徒用の Cassiopeia A-21S」という製品がラインナップされている。
 ちなみに、A-22T の教師用モデルの方が PCカードスロットありで、A-21S はCFカードスロットだけを搭載しているバージョンとなっているらしい。

 販売方法は、個人販売と言うよりは、学校向けのセット販売になっているようだ。カシオは、このマシンの販売のために、教育用教材/ソフトウエアを開発している3社と提携。これら3社の開発したソフトウエアを安価にライセンスし、それを CFや、PCメモリカードにプリインストールした A-21S/A-22T を販売する形をとっているようだ。
 カタログの裏面に掲載されている企業は下記の3社となっている。

1.Key Curriculum Press The Geometer's Sketchpad
2.Walterloo Maple Maple for Windows
3.MRI Resources Inc. MRI Graphing Calculator Software

 いずれも、幾何学や代数学といった「数学」の教材の理解を助けるような機能が盛り込まれているようだ。例えば、数式のグラフ化や、積分計算など、思わず懐かしくなるような内容となっている。

■ 感想

 現在ではハンドヘルド製品を発売していないカシオだが、こうした会場で頑張っているのをみると、ふっと懐かしさを覚えてしまう。さほど話題を集めていないことから大人気を得ているとは想像し難いが、今後を予感させる製品であることは間違いない。
 特に、大学や、専門学校などでの PC 導入は盛んだが、PC は自由度が高く、学習向けとしても適している反面、OS が意味もなく破壊したり、勝手なソフトをインストールすることでどんどん調子が悪くなっていくことが多いのも事実。こうした用途においては、リセットで大体直ってしまう WindowsCE機というのは割り切った道具として適しているはずだ。今後 WindowsCE機を使いこなせる人が増えてくれば、こうした用途も自然に開けてくるものと思われる。

■ 主な仕様

 最後に、簡単にこのマシンの仕様を抜粋しておく。
 基本的には日本語版の H/PC2.0 である A-60 と同じだ。

  • WindowsCE Version2.0 ベース
  • Pocket Office 内蔵
  • SH-3 (80MHz)
  • 16MB RAM
  • 640 x 240 モノクロスクリーン
  • タッチパネル
  • RS-232Cコネクタ
  • PCMCIAカードスロット
  • コンパクトフラッシュカードスロット




教育用で頑張っています カシオ Cassiopeia Computer Extender

Reported by けいたん


Last-modified: Sun, 24 May 2009 23:45:30 JST (3834d)