Craig R.Barrett 基調講演 その6

このページをDeliciousに追加 このページをはてなブックマークに追加 このページをYahoo!ブックマークに追加

2001年1月5日(金)版

Craig R.Barrett 基調講演 その6

インテル、仕込んデル、インテルが基調講演をエンターテイメントに変えた!

← 前へ 次へ →

■ PCは、デジタルグッズの可能性を広げていく

 「PCは、デジタルグッズの可能性を広げます」。Barrett 氏は言う。これはまったくそのとおりだ。例えば MP3 プレーヤーのほとんどは楽曲の入れ替えに PC を使う必要がある。しかし、PC を使うことで、無限に広い HDD 上に蓄えた、何千曲もの曲の中から好きな曲だけを MP3プレーヤーに転送することができる。

 PocketPC は、すべてのメールを持ち運ぶ必要はなく、PC から最新のメールだけを取り込んで読むことが可能だ。

 デジタルグッズが進化を続けても、これらの中心に PC がいる事実は、これからも変わらないだろう。Barrett 氏が、こうした「当然の事実」を強調する背景には、恐らく、ここ数年の CES 基調講演での「PC不要論」の風潮があるだろう。ユーザーの目には触れないホームサーバーや、ネットワーク上のサービスサーバーがあれば、PC なんて不要だ! という論調に対して、Intel CEO 自らが「No!」を突きつけた形だ。
 事実を考えると、Intel の主張が今は全面的に正しい。要は、その主張をひっくり返せるだけの何かを作ることができる企業が現れるか否かなのだ。インテルが現在の時期に、こうした主張を行ない、危機感をあらわにしているうちは難しいかもしれないが。

例えば、さきほどの MP3プレーヤー。これは PC からいつも新しい曲をコピーすることができます。
PocketPC には、最新の情報を転送することが可能です。
例えば、ここで最新のワイヤレス技術をお見せしましょう。(恐らく Bluetooth のデモ?)
ほら、このスティック型の電話機と、コンピュータは離れているのに通信することができます。手軽にメールを取り込むことができるのです。



Reported by けいたん


Last-modified: Sun, 24 May 2009 23:45:30 JST (3852d)