NAVISTANTがアップデートで機能強化! 【第1回】住所検索や高精度マップコードに対応!

このページをDeliciousに追加 このページをはてなブックマークに追加 このページをYahoo!ブックマークに追加

2002年1月17日(木)版

NAVISTANTがアップデートで機能強化! 【第1回】住所検索や高精度マップコードに対応!

PDAカーナビ NAVISTANT バージョンアップ!

 ↑↑NAVISTANT記事一覧↑↑第2回へ→

約3m四方を示す高精度版のマップコードに対応!
地図上からも検索できる!!

■はじめに

 もはやおなじみのPDAカーナビ、デンソー「NAVISTANT」。最初に登場した時は、普段はスケジューラなどとして使っていたPDAがカーナビになることに感動したものだった。が、一般カーナビと比較すると、検索機能がやや劣っていたことは否めなかった。
 これまでにも、「Mapcode index for NAVISTANT」による検索機能が提供されたりしているが、今回提供されるアップデートによって、NAVISTANT自体に町名レベルの住所検索機能が追加され、ますます”使えるPDAカーナビ”へと進化する。

今回のアップデートの内容を要約すると次の通りだ。

  • 「住所検索」が可能になる。
  • 3m四方まで特定可能な「高精度版マップコード」に対応。(従来は30m四方)
  • 市販のPDA用地図のモバイルアトラスとの連携で車を降りてからの案内が可能になる。
  • デモ走行機能が追加され、ナビゲーションの様子を自慢できる(^^;
  • 地点データを赤外線通信により、ドコモの携帯や対応カーナビに送信できるようになる。

 中でも3点目は、PDAカーナビならではの付加機能として非常に面白い機能であると思うが、これは、アルプス社の市販のPDA用地図ソフト(モバイルアトラス)上に、NAVISTANTで検索されたルートを表示できる機能で、市販のPDA用GPSアンテナと組み合わせることにより、車を降りてから目的地までのポータブルナビ的な使い方ができるようになる。

※より正確には、NAVISTANTで探索した車用のルートをモバイルアトラスの地図上に表示することができる機能で、新たに歩行者向けの経路を探索したり、ルート案内ができるものではない。あくまでも参考ルートとして参照できる、ということである。
 また、PDA用GPSカードでは、ビルの谷間などGPS信号がとりにくいところで現在地を正しく表示できないことがある。

 この歩行者ナビ機能については次回詳しく紹介するとして、今回は住所検索、高精度マップコードといったカーナビ機能の強化について紹介しよう。

 ※なお、本文中の画面キャプチャは、アップデートの内容を全て含む「NAVISTANT体験版 Ver.1.2」(開発中)のものである。
 → NAVISTANT体験版Ver.1.2 ダウンロードサイト


■NAVISTANTで住所検索が可能になる!

 以前紹介した「Mapcode index for NAVISTANT」を利用することで大抵の場所をダイレクトに検索することができるようになるが、これはHTMLファイルの形で提供されるため、利用の際にNAVISTANTとは別にInternet Explorerを起動する必要があった。
 そして、今回のアップデートは、NAVISTANTプログラム内での住所検索を可能にするものである。全国約8万4千件もの施設名や名所などの地点情報を収録する「Mapcode index for NAVISTANT」と今回の「住所検索」を使い分けることで、NAVISTANTの検索機能はかなり強力になるだろう。

(参考)アップデート前の目的地設定メニュー

update
目的地設定のメニューに「住所検索」が登場!

都道府県、市区町村、大字をプルダウン
メニューから選択して「地図」ボタンをタップ。
「東京都 新宿区 赤城下町」に該当する地図。
そのまま目的地に設定することもできる。

 なお、この住所検索を利用するには、パソコン上の地図切り出しソフト「MAPPICKER」上で地図を転送する際に、新しく登場する「住所データをコピーする」オプションをチェックしておくだけでよい。住所検索用のファイル容量はコンパクトで、東京全域の住所データを入れても47KB程度だ。

■詳細版マップコードへの対応で、3m四方の地点を特定可能に!

 過去の特集でも紹介したとおり、NAVISTANTではマップコードによる地点検索に対応している。マップコードとは、日本全国の各位置を最大10桁の数字で特定できるコードで、各社カーナビの他、昭文社、JAFなどの発行するドライブガイドにも掲載されている汎用的なシステムである。

 従来、最大10桁のマップコードによって約30m四方のエリアを示すことができたが、高精度版マップコードでは*(アスタリスク)と2桁の数字を追加することにより、従来マップコードとの互換性を持たせつつ、約3m四方のポイントを表すことができるようになっている。

前バージョンでのMapcode入力画面。
”*”ボタンがなく、高精度版は非対応。

update
高精度版に対応するMapcode入力画面。
これによって3m四方のエリアが特定可能に!

■おわりに

 PDAというメモリ領域がかなり制限されるデバイス上で本格的カーナビアプリケーションを実現するために、当初はマップコード入力のみによる地点検索を提供していたNAVISTANTであるが、先日リリースされた「Mapcode index for NAVISTANT」、そして今回の無償アップデートによる住所検索と、着実にパワーアップしていっていることが伺えるだろう。

 次回は、カーナビが車を飛び出して「歩行者ナビ」として使えるようになる、地図ソフト連携機能について紹介する。



NAVISTANTがアップデートで機能強化! 【第1回】住所検索や高精度マップコードに対応!

Reported by うっきー


Last-modified: Sun, 24 May 2009 23:45:30 JST (3771d)