ソニーCLIE PEG-NX70V 第15回 CLIEで動画鑑賞!

このページをDeliciousに追加 このページをはてなブックマークに追加 このページをYahoo!ブックマークに追加

2002年12月26日(木)版

ソニーCLIE PEG-NX70V 第15回 CLIEで動画鑑賞!

XScale PXA250 200MHz搭載のPalm互換機、CF/MSの2スロット内蔵

← 戻る  

本稿は「ソニーCLIE PEG-NX70V 第1回 PEG-NX70V がやってきた」の続きとなります。

■ まずは一時休載のお詫びから…

 前回のレビューより実に1ヶ月ものブランクが空いてしまい、申し訳ありませんでした。筆者自身のスケジュールが予想外にあわただしく、その後気を抜いたスキにつけこむ体調不良となり1ヶ月も間が空いてしまった。皆様も本当にお気をつけください…

 気づくと世はボーナスシーズン。そして市場価格も落ち着いてきた今日この頃、そろそろ本気でCLIE PEG-NX70Vの購入を考えていらっしゃる方もいるのでは、と思う。ぜひこれまでのレビューをご一読いただき、また気になる部分などはご質問いただき(可能な限り、お答え申し上げようとおもいます!)、購入のご判断のご一助としてお役立ていただきたいと思っている。WindowsCE FAN の場合、一般のニュースサイトの更新が止まる年末年始の方が活発に更新されるので期待してほしい。

■ 本題に入る前に、一つご報告をば…

 突然のあわただしいスケジュールにより、その間せっかくのCLIE PEG-NX70Vも鞄の中、電源を入れることもできないまま1週間以上放置せざるを得ないような状態でもあった。そこで怪我の功名というべきか、そこで一つ大きな(そして手痛い)発見をしてしまった。それは…

電池が切れた状態で1週間ほど放置すると、スケジュールやアドレス等、PIM関連情報が全て消えてしまう

 ということだ。インストールしたアプリケーションソフトは残っているようだが… まめなHotSyncを心に誓うのであった…。Pocket PC 端末を含め、多くのPDAでは、充電していないと同じような状況になる。短いものでは1週間持たないものもあるため、まあまあ、平均的といえる状況だと思う。

 気を取り直して、今回はCLIE PEG-NX70Vで動画を鑑賞してみるぞ!

■ まずはCLIE用にコンバートだ

 今回チャレンジしたいのは、「PCに保存した動画をCLIE PEG-NX70Vで鑑賞する」ことだ。内蔵のカメラで撮った動画と違い、PCで保存した動画を見るためには、まずCLIE PEG-NX70Vのビューアーに対応したファイル形式への変換が必要だ。
 変換には、同梱の「Image Converter」というソフトを用いる。

非常にシンプルなインターフェース

 オプションの設定で、画質を3段階設定可能だ。(Image Converterは動画だけでなく静止画の変換にも対応したソフトであるため、静止画の変換設定も可能であるが、今回は割愛。)

変換の際の画質設定

 さてファイルを読み込み(ドラッグ&ドロップし)、いざCLIE PEG-NX70Vに書き出しだ!と行きたい所だが、その前にもう一つやらねばならないことがあるのだ。

 前後してしまうが、このImage Converter、メモリースティックへの書き出しにしか対応していない。つまりメモリースティックがないとPCに保存した動画を楽しめないので、ご注意いただきたい。

(余談1)
Image Converterをインストールすると、Windowsファイルの右クリックメニューに「クリエ用に変換」という項目が追加される。

(余談2)
またGigaPocket用の新しいCLIE変換プラグインも製品に同梱されているので、VAIOユーザーでGigaPocketをお使いの方は、こちらを用いて変換をすることも可能だ。

■ CLIE内メモリースティックに転送

 Image Converterは「Windows上で認識しているドライブへの出力」というカタチで変換したファイルの書き出しを行う。つまりCLIE PEG-NX70Vに書き出すためには、同マシン上のメモリースティックを、PCのリムーバブルドライブとして認識させねばならないのだ。そのためには、そう、mp3再生の際にもお世話になった「MS Import」を用いる。クレードルなり、HotSyncケーブルなりでPCと接続された状態にあるCLIE PEG-NX70V上で同ソフトを実行することにより、CLIE PEG-NX70Vに挿入されたメモリースティックを擬似的にPCのリムーバブルドライブとして扱うことができる。

出力先はドライブレターで指定

 いよいよ「メモリースティックに出力」ボタンをクリック、ファイルを変換、CLIE PEG-NX70Vに出力だ!

■ 変換にはどれくらいの時間がかかる?

 ここで気になるのは、その処理時間であるが、実際に動画ファイルの変換、書き出しにどれくらいの時間がかかるか計ってみた。

 - 変換元のPCのスペック
 Pentium4 1.6G
 Memory 512MB
 Windows XP SP1

 - テスト環境
 CLIE PEG-NX70VとPCとはUSBクレードルを用いて接続
 メモリースティックはソニー純正128MB(青色)を利用

 - コンテンツ
 尺は5分間、容量にして240MBのMpeg1動画ファイルを変換
 画質は「高画質(サイズ大)」を選択

 上記のような環境で、変換および書き出しに要した時間は、実に8分。すこし残念な結果に終わってしまった。予想の範囲内での結果ではあったが、実用性を考えると今一歩の改善を期待したいところである。

 ちなみに書き出し後のファイルサイズは20MBであった。

■ いよいよ再生!

 無事に書き出しが終わったらいよいよ再生だ!
 再生は、CLIE ViewerからでもMovie Playerからでも、どちらでもOK。

CLIE Viewerから再生

本体を横にしての再生も可能!

このサイズだと、流石にブロックノイズが目立つが…

 このように静止画状態でキャプチャしてしまうと、ブロックノイズ等の「あら」が目立ってしまうが、実際の動画再生は非常にスムーズかつ満足いく画質で行ってくれるぞ。
きれい、というより「特に違和感のない」と言うべきだろうか。決してオマケ機能ではなく、必要十分な動画再生能力を備えているな、というのが筆者の感想だ。
 本機種はスピーカーも内蔵しているため、音の点でもぬかりはない。

 動画再生に関しては、なかなかそのクオリティを表現するのが難しいが… 相当のクオリティを要求しない限り、モバイルとしては、十分実用的なレベルにはあるのではないだろうか?!



ソニーCLIE PEG-NX70V 第15回 CLIEで動画鑑賞!

Reported by きとぷん


Last-modified: Sun, 24 May 2009 23:45:30 JST (3105d)