横長モニタでゲームはいかが? Panoram Technologies 「Panoram PV230 DSK」

このページをDeliciousに追加 このページをはてなブックマークに追加 このページをYahoo!ブックマークに追加

2003年1月9日(木)版

横長モニタでゲームはいかが? Panoram Technologies 「Panoram PV230 DSK」

CES2003 レポート!! 〜Defining Technology's Future〜

←前へ↑↑CES2003 記事一覧↑↑次へ→

横広モニタでゲームを楽しむ
背面からは、モニタケーブルが3本...

■とにかく、インパクトがありました

「おー、わかりやすいー!!」

実はこの製品、既に発売されているものでCES初登場ではないのだが、存在を知らなかった私にはかなりインパクトのある製品だったので紹介したい。

Panoram Technologies 社 の 「Panoram PV230 DSK」という製品。見たまんまの製品なのだが、LCD3画面をくっつけたという分かりやすいもの。これでゲームをすると迫力満点!ということで、インテルのブースで展示されていた。

LCDの解像度は3072x768ピクセル(XGA x 3)。1台のモニタとしてPCに接続できるのかと思いきや、背面からは3本のモニターケーブルが... 単純に3台のモニタとして動いていて、ちょっと期待外れ。
他にも、DVI、S-Video、RCA Composite がそれぞれ3つずつついている。

ということで、理解して頂けたと思うが、このモニタを利用するにはPC本体に3枚のビデオカードが必要になる。会場での展示では、1枚のビデオカードでモニタ出力が3つある特別なカードを使用しているとのことだった。

既に米国で販売しており、実売価格は6,000ドル程度。(希望小売価格は$9995)

■実際に使うとなると...

実際に使うとなると、とにかくビデオカードが3枚というのに抵抗を感じてしまう。マルチモニタで利用している人もせいぜい2台のモニタを利用している程度というのが現実だろう。

逆に良い点として、まずは電源がひとつであるということがあげられる。なんと言ってもPCの周りのコンセントはタコ足配線当たり前というのがほとんどのユーザの実態であろう。
次に、横に2台モニタを並べたよりは圧倒的に液晶パネルを近くに並べることができ、気持ちいいはずだ。ゲームのように連続した画面を表示するのに、できるだけLCD間は近い方が気持ちい。

最後に価格だが、実売価格が6,000ドルなら、カナリお得と言えるだろう。安くなった液晶モニタ市場とはいえ、普通に考えて3台分のモニタの価格として安いというのは魅力的だ。XGA しか表示できないというのが個人的には物足りないが、これで十分な人もたくさんいると思う。



横長モニタでゲームはいかが? Panoram Technologies 「Panoram PV230 DSK」

Reported by おかもん


Last-modified: Sun, 24 May 2009 23:45:30 JST (3850d)