写真で見るE-3000 (前編)

このページをDeliciousに追加 このページをはてなブックマークに追加 このページをYahoo!ブックマークに追加

2003年1月22日(水)版

写真で見るE-3000 (前編)

名門カシオのXScale搭載PocketPC2002


■写真で見るE-3000

本記事は、エンジニアリングサンプルです。その為一部製品版とは異なる部分がございます。また、クレイドルに関しては、試作品であり、色及び質感は別の物となる予定です。

・筐体

筐体は樹脂を利用しているが、つや消し加工がうまのか、他のPocket PCに比べ落ちついた雰囲気で、高級感をうまく出している。
デザインは順当にカシオペア E-2000、そして、museaから進歩しているといえる。ビジネスマンが使うPocket PCとしてのデザインをきちんと踏まえているといえよう。

また、デザインとしては、全体的に角張った印象ではなく、丸みを帯びたデザインになっている。その為、スペック的なサイズはE-2000より多少小さくなっているだけではるが、スペックの差以上に小さくなった印象だ。

これは写真ではなかなかわかりにくいので、実際に店頭などで手にとって体感してほしい。

・筐体左サイド

 筐体左サイドには、上部より、アクションボタン、上下のカーソル、リセットスイッチ、赤外線ポート、そして、バッテリーを取り外す際のロックボタンが配置されている。E-2000よりも薄さとしては多少薄くなっている。体感ではmuseaほどではないが、薄さを実感出来る。
 スタイラスでリセットすることが可能だ。
 


・筐体右サイド

筐体右サイド 下部にはACアダプタとミニUSBポートが配置されている。付属のACアダプタにて直接充電させることが可能だ。また、ミニUSBポートは、付属のUSBケーブルをこちらにさすことで、ケーブルのみでPCとシンクロさせることができる。クレードル経由でPCとシンクロさせる際のクレードルとPCを接続させる端子とそれぞれ同じ端子である為、出張時などにはクレードル自体はもっていかなくても、充電やPCとのシンクロが可能だ。このミニUSBだが、USBホストではなく、あくまでPC接続専用となっている。




写真で見るE-3000 (前編)

Reported by KATSUO


Last-modified: Sun, 24 May 2009 23:45:30 JST (3740d)