【M-stage music】第2回 M-stage musicとは?

このページをDeliciousに追加 このページをはてなブックマークに追加 このページをYahoo!ブックマークに追加

2001年3月1日(木)版

【M-stage music】第2回 M-stage musicとは?

短期集中連載 - M-stage music / Picwalk P711m

←前へ↑↑↑一覧へ↑↑→次へ

M-stage music対応第一弾の
松下製Picwalk P711m

■M-stage musicを利用するには?

 M-stage musicサービスを利用するのは驚くほど簡単だ。M-stage musicサービスに対応した端末さえあればよい。

 2001年3月1日の時点で発売されているM-stage music対応端末は、サービス開始と同時に発売されたPickwalk P711m(松下通信工業)だけである。

 端末を用意すれば、NTTドコモのインターネット接続サービスmoperaを経由して情報を配信するための「mopera情報サービスHot's」および「M-stage music」の利用申し込みをすれば手続きは終了。この手続きもドコモショップや電話窓口で簡単にすませることができる。

 M-stage musicサービスを利用できるのは、ドコモのPHS 64K,32K提供エリアであり、人口カバー率が92%を越えることからも、利用するためのハードルはほとんど無いと言える。

■M-stage musicで聴ける音楽は?

 ユーザーにとって最も気になるのは実際に聴くことのできる音楽だ。せっかく使ってみた所で曲数が少なかったり、特定のジャンルしか扱っていなかったりすればがっかりだ。

 しかし、M-stage musicに関してその心配は無用のようだ。楽曲などのコンテンツホルダーとして、エイベックス、日本クラウン、パイオニアLDC、ヤマハなど15社が既に参加を表明し、POPSからJAZZ、演歌、クラシックに至るまであらゆるジャンルの音楽が揃い、サービス開始当初から約500曲が提供され、今年夏には約3000曲もの楽曲が提供される予定ということだ。

M-stage music構成図

■気になる利用料金は?

 コンテンツと並んで気になるのはやっぱり利用料金。M-stage musicにはどんな料金がかかるのだろうか。

 まず初期費用として、端末の購入費および契約事務手数料3000円がかかるが、その後の利用料金はM-stage musicサービス利用料金が毎月200円、PHSの基本使用料、1分15円の通常の通信料金、それに加えて楽曲データを購入すれば1曲当たり150〜350円となっている。
 なお、2001年5月末まではキャンペーン中ということで、M-stage musicサービス利用料金の200円/月が無料となっている。

M-stage music料金表

■では実際に端末を使ってみよう

 M-stage musicサービスの概要が分かってきた所で、次回からは実際にPicwalk P711mをゲットしてM-stage musicを体験してみよう。「案ずるより産むが安し」だ。

goo M-stage特集
「もうはじまっている新モバイルスタイル」




協力:株式会社エヌ・ティ・ティ・ドコモ



【M-stage music】第2回 M-stage musicとは?

Reported by うっきー


Last-modified: Sun, 24 May 2009 23:45:30 JST (3684d)