米国マイクロソフトがモバイルデバイスサイト上に Flash6 Player for PocketPC2002情報を掲載【第2回】

このページをDeliciousに追加 このページをはてなブックマークに追加 このページをYahoo!ブックマークに追加

2003年4月7日(月)版

米国マイクロソフトがモバイルデバイスサイト上に Flash6 Player for PocketPC2002情報を掲載【第2回】

マイクロソフトPocket Watch Newsletterでも!

第1回へ  

■はじめに

 3月27日、米国マイクロソフトのモバイルデバイスニュースのページにPocketPC 2002用のFlash 6プレイヤーのニュースが掲載された。まだ米国サイト上での発表だけで、英語版のみのリリースではあるが、さっそく入手して試してみたのでまずは速報版でお伝えしよう。
  第2回目は、機能や技術的な内容など1歩踏み込んだ内容について触れようと思う。

 現在Flash 6 Player for Pocket PC 2002は海外で発表された英語版のみの状態であり、日本ではまだ公式にアナウンスがされておらず、日本国内のデバイスメーカー、マイクロソフト、マクロメディア社からは発表がまだ無い。 そのため国内でサポートが受けられるようにはまだなっていない。
 問い合わせても情報を得られないと思われるので注意しておこう。

■コンテンツ作成に必要な開発ツールは

 Flash 6 Pleyerのコンテンツ作成に必要な開発ツールは「Macromedia Flash MX」だ。本格的にFlashのコンテンツ開発にどっぷり浸かろうするならば、オブジェクト指向ドローツールの「Macromedia Freehand MX」、グラフィックツールの「Macromedia Fireworks MX」、統合WEBコンテンツ作成ツールの「Macromedia Dremweaver MX」等を含む「Macromedia Stuido MX」を購入するのが最も経済的だ。

 コンテンツの作成手法を一言で言ってしまえば、この開発ツールにより、タイムライン上にムービーやオブジェクトを配置し、クリック、ロード完了などのイベントに応じたアクションをAction Scriptというスクリプト言語で記述するということになる。

コンテンツ開発用のMacromedia Flash MX(日本語版)
 Flash 4まではムービーコンテンツをオーサリングするという感が強いものであったが、Flash 5でスクリプティング機能が強化され、さらに Flash 6になり、コンポーネントの概念も導入された。

 左の写真は「Macromedia Flash MX」日本語版に後述するMacromedia Flash MX Interface Development kit for Pocket PC 2002 (略称IDK)」、「Macromedia Flash MX Content Development Kit for Pocket PC 2002 (略称CDK)」のライブラリコンポーネントを読み込み、ダイアログを作成しようとしているところだ。
 
 タイムフレームという独特の概念は存在するものの、見た目はマイクロソフト社のVisual StuidoやEmbedded Visual Toolsと非常に似ている。コンポーネントの使用感はVisual BasicやC#に近いといえると思う。


■PocketPC用に工夫が加えられている

新たにPocketPC用に調整準備されたUIコンポーネントたち
 Pocket PC用のFlash6プレイヤーでは新た入力パッド(SIP)制御の機能が追加されており、FlashムービーからSIPの制御ができるようになった。入力部分をアクセスしようとすると、自動的に入力パッドが開くというようなPocket PC用のコンテンツ作成が可能となった。

 Flash6のコンテンツを作成するためのオーサリングツールは「Macromedia Flash MX」で、このバージョンより「コンポーネント」という機能がサポートされている。
 プッシュボタンやリストボックス、ドロップダウンリストといったユーザインターフェイスを構築するのに必要な要素も「UIコンポーネント」としてはじめから部品として準備されている。

 PocketPCの場合、マウス操作ではなくペン操作なので、マウスオーバーという概念がない。そのためマウスオーバーを前提としたコンポーネントでは操作しにくい。マクロメディア社はFlash6 Player for Pocket PC2002と同時に「Pocket PC用にデザインしたUIコンポーネント」もリリースした。

 これらに加えてさらに「Macromedia Flash MX Interface Development kit for Pocket PC 2002 (略称IDK)」、「Macromedia Flash MX Content Development Kit for Pocket PC 2002 (略称CDK)」もリリースされた。これら3本は圧縮ファイルでも8MBにも及ぶもので、PocketPC 用のコンテンツを作成するためのTIPSやテクニックが詳細に解説されている。内容としては、FlashコンテンツからWindows Mediaビデオを制御する方法、インタネットでサーバーとコネクションが確立しているか確認する方法、横長のランドスケープ表示コンテンツをつくるためのテンプレート、サーバー上でPocketPC 2002を検出する方法(ASP,JSP,PHP,CFM)、など非常に充実している、解説書もPDFで合計94ページにもおよぶ。

■更に隠れた可能性

UTF8対応なので日本語リソースも既にはいっているようだ
 Flashはウェブコンテンツのアニメーション用という印象が強いのだが、Flash6ではスクリプティング機能も強化されており、ゲームやMP3プレイヤーといった本格的なアプリケーション作成にもつかえる。

 さらに隠された機能としてはビデオデバイスのサポートがある。将来PocketPCデバイスがビデオカメラをサポートすればサーバを介してビデオチャットをするようなサービスもFlashだけで実現可能になっている。

 サーバーがどのような仕組みになっているかなど最新の情報は米国マクロメディア社のFlash Remoting MX等の情報を参照してみよう。日本のマクロメディアのサイトでもFlash Remoting MXの情報を見ることができるが米国サイトの情報の方が新しいようだ。

 より高いCPU処理能力も必要になるだろうがFlash6プレイヤーの能力をフルに利用したサービスを利用できる日が非常に待ち遠しい。

 


■実行アプリケーションは作れないのか

 有償になるが、米国マクロメディアのオンラインショッピングのコーナーでスタンドアローン(単独実行可能)なPocket PC2002用のFlash6プレイヤーが購入できる。価格は499ドルと高価であるがこれには理由がある。
 このスタンドアローンプレイヤーを利用すればFlash6のコンテンツムービー(swfファイル)を組み込んだ「プロジェクタ」の実行ファイルを作成できる。プロジェクタにはFlash6 Player for PocketPC 2002も組み込まれている。コンテンツ開発者は登録後1年間プロジェクタ化したコンテンツを販売して収入を得ることができる。
 Flash Playerを再配布することにより収入を得るわけなのでライセンス料をマクロメディアに対しても支払うのは当然ということになるわけだ。

■Flashはマイクロソフトの開発ツールと競合しないのか?

 この記事を読まれた方の中には、Flash6 Playerの出現により、FlashがPocketPCアプリケーション開発の切り札になったように受け止められた方もいらしゃるかもしれない。
 しかしFlash6だけでは実現できない機能も多い。Flash6 Player for PocketPC出現の意味は、マイクロソフトの開発ツールであるembedded visual toolsやCompact .NETフレームワークをサポートしたVisual studio .NET 2003以外に、アプリケーション開発を可能にした点にある。
 いわゆるソフトウェア開発業者、プログラマだけではなく、コンテンツクリエイター、デザイナーの方でもコンテンツやアプリケーション開発が可能になった意義は大きい。裾野が広がったことによりPocket PCのリッチなアプリケーションが充実してくるのは間違いないだろう。
 マイクロソフト社とマクロメディア社は協調関係にあり昨年度日本のマクロメディア社デベロッパカンファレンス基調講演にもマイクロソフト社がゲストで登場していた。両社の動きに今後も注目したいところである。また両社の開発ツールをうまく使ったサイトやアプリケーションの登場にも眼が離せない。


■最後に
 
 筆者がFlash6 Player for PocketPC 2002の情報を知ったのは一昨日でマイクロソフト社の「Pocket Watch Newsletter」による。このニュースは月刊で発行されており、米国マイクロソフトのサイトで登録すればだれでも無料で配信をうけることができる。
 これからますます熱くなるPocketPCのニュースを素早く知ることができるよう皆さんも登録されてはいかがでしょうか。



米国マイクロソフトがモバイルデバイスサイト上に Flash6 Player for PocketPC2002情報を掲載【第2回】

Reported by かっぴー


Last-modified: Sun, 24 May 2009 23:45:30 JST (3675d)