SONY 「PGX1」レビュー 第6回 シーンごとの使い方と設定方法をチェック その1

このページをDeliciousに追加 このページをはてなブックマークに追加 このページをYahoo!ブックマークに追加

2003年5月7日(水)版

SONY 「PGX1」レビュー 第6回 シーンごとの使い方と設定方法をチェック その1

ワイヤレス・ポータブルサーバー

←第5回へ↑↑↑PGX1特集へ↑↑第7回へ→

■ 利用シーンに合わせた設定方法

 さて、ここまでワイヤレスポーダブルサーバーをご紹介してきたが、やはり、「実際にどういう風に使えるの?」「どういう設定があるの?」「設定面倒じゃない?」と思われる方も多いだろう。実際に筆者も実機を手に入れて、設定画面とマニュアルを交互にみてようやく理解を深めてきたところだ。今回は利用シーンごとの設定方法をチェックしてみよう。なお、利用する既存ネットワークにはDHCP(IPの自動割当)サーバが動作している事が前提で話を進めていることをはじめにお断りしておく。

■ 初期設定には注意が必要

 FSV-PGX1には6つのモードがあり、利用シーンに合わせた設定をあらかじめしておき、それを切り替える事で様々なシーンに対応していくようになる。そのうちの1つは復旧用のモードになっていて、ブラウザの設定画面からも機体のキーを使っても、設定が変更出来ないのでもしもの時も安心だ。ただ使い方を誤ってしまうと、思わぬトラブルが発生する。
 復旧用モードでは有線無線LANともにDHCP(IPの自動割当)サーバーが動作した状態になっているので、PCを繋げてすぐにブラウザの管理画面から設定を行なえる。ただその状態で既存の有線ネットワークに接続した場合は、ネットワークに不具合を起こす事になる。有線で設定を行なう際は、付属するクロスケーブルをクレードルに接続し、PCから直接繋げなければならないことを忘れないようにしよう。

復旧用に用意されたモードF
設定を保存出来ないモードなので
モードプリセット(設定の保存)を押しても保存されない

■ 家庭のネットワークで無線LANをはじめる

 さて、筆者の自宅の回線はB-Flet'sを利用しており、ブロードバンドルーターを使って複数のPCが同時にインターネットを使える環境な訳だが、無線LANは使わず家庭内にケーブルを這わせて有線LANのみを使っていた。丁度、家庭内LANを構築した時には、まだ出始めた存在でそんなにメジャーな訳ではなかった。その後も無線LANのアクセスポイントを増設するチャンスは無く今にいたっている。そんな中我が家にやってきたのがポーダブルファイルサーバ「FSV-PGX1」だ。

 まずはどんな設定がすればいいのかを判断する為に、どのような使い方をするのか?というのを考えてみた。「既存の家庭内有線LANをそのまま残し利用できる状態にしつつ、無線LANも同じように家庭内ネットワークを利用出来るようにする。」と、まぁ、いたって普通の使い方だろうか? まずは、これを目標に設定を行なう事にする。
 嬉しい事に機体には、シーンに合わせてのテンプレート設定があらかじめ用意されているので環境に合わせてそれをカスタマイズすればいいだけだ。

 上記のような使い方をする場合、クレードルに接続された機体の無線LAN側の設定は、ブリッジ機能を利用するようにする。そうすれば、有線LANでつながれたPCとも普通にファイル共有が行なえるし、ルーターを通してインターネットを利用する事も可能になるわけだ。設定方法だがブリッジ接続のテンプレートがあらかじめ「モード1」に用意されているのであとは、必要に応じてESS-IDやWEP Keyを設定すればOKだ。「IPアドレス」の項目や「有線LAN」の一連の項目、詳細表示ボタンを押した際に表示されるDHCP関連の設定は表示されて入るが、実際には無効になっているので気にする必要は無い。

ブリッジ接続の設定画面
これで有線LANのみの環境で
無線LANが利用できるようになる。

 これで準備は完了だ。クレードルとルーターをストレートケーブルで接続し、モードを切り替えれば、ブリッジモードになり、無線LANと有線LANが同じネットワークを使えるようになる。無線LANから有線LANのPCのファイルをネットワーク越しに操作する事も出来るし、それぞれのPCからポーダブルファイルサーバにアクセスする事も可能だ。
設置画面のコメント欄に入力した文字は
フロントパネルに表示される。
そのモードの分かりやすい名前を付けておこう。

さて、今回はここまでだ、次回はまた別のシーンを想定したレビューをご紹介したい。



■ソニースタイルでクレードル特典付モデル販売開始

 ポータブルファイルサーバー(FSV-PGX1)の先行販売、お試しプランなどを企画していたソニースタイルで、”クレードル”特典付モデルの販売が始まっている。本体を購入すると、クレードル またはACアダプタが特典として付いてくる。




SONY 「PGX1」レビュー 第6回 シーンごとの使い方と設定方法をチェック その1

Reported by そよかぜ


Last-modified: Sun, 24 May 2009 23:45:30 JST (3769d)