拡張パック、Silver Sliderを装着したまま使えるiPAQケース:「iPAQ HOLSTER」

このページをDeliciousに追加 このページをはてなブックマークに追加 このページをYahoo!ブックマークに追加

2003年4月24日(木)版

拡張パック、Silver Sliderを装着したまま使えるiPAQケース:「iPAQ HOLSTER」

汎用性のある「iPAQ H3600/3700/3800/3900」専用ケース


■はじめに

 「iPAQ 3600/3700/3800/3900シリーズ」はどれも同じような形状をしているため、専用のPDAケースが作りやすいようで、国内を始め、海外でも様々なケースが販売されています。
 今まで「iPAQ 3600/3700/3800/3900シリーズ」専用のPDAケースを「WindowsCE FAN」でいくつかご紹介してきましたが、今回ご紹介するPDAケースは「拡張パック」を装着したまま使用することを前提に作られた専用ケースです。

■「iPAQ HOLSTER Hard Case with Belt Clip」の仕様、及び特徴

 ・外装にはABSを使用
 ・ケースの蓋に当たる部分(液晶保護部分)にはネオプレーンらしき素材とABSを使用    
 ・必ず拡張パックを取り付けた状態で装着
 ・両サイドにサイドにはラバーグリップ
 ・ケース本体重量:約32g
 ・価格:\4,200-(「pocketgames」様のサイトでの特価)    

 (1)後ほど、ご紹介する「pocketgames」様のサイトにレビューがありますが、実際に入手するまで、この「iPAQ HOLSTER」がどのような構造になっているのかわかりませんでした。
  入手した「iPAQ HOLSTER」は以下のようなパッケージで届きました。

 (2)パッケージの中には以下のような簡単な説明書が入っています。
  これだけでは、どうやって「iPAQ」をこの「iPAQ HOLSTER」に装着するのかよくわかりません。

 (3)「iPAQ HOLSTER」の内部は以下のようになっています。

 (4)液晶画面を保護するカバーのある面は以下のようになっています。
  両サイドに赤色のラバーグリップがあります。

 (5)液晶を保護する蓋の部分を開くと以下のようになります。

 (6)実は「iPAQ HOLSTER」には以下のように、「iPAQ」に拡張パックを取り付け、装着します。
  ※逆に、拡張パックなしのままでは装着できません

 (7)このPDAケースは今までご紹介してきたPDAケースとは違い、液晶保護カバー部分に「ベルトクリップ」を取り付ける突起部があります(青線で囲んだ部分)。

 (8)今回は「iPAQ 3850」に「IPP CF拡張パック」を取り付けた状態で「iPAQ HOLSTER」に装着してみました。
  「iPAQ HOLSTER」の右上のヒンジ部(青線で囲んだ部分)で、「iPAQ」本体が飛び出さないようロックする仕様となっています。

 (9)左横から見た画像です。青線で囲んだ部分に「ボイスレコーダボタン」が見えます。

 (10)以下のような「ベルトクリップ」が付属しています。

 (11)「iPAQ HOLSTER」を装着した状態で、「iPAQ」をクレードル、または同期ケーブルに接続し、パソコンとのデータのやり取りを行う「通信ポート(USB/シリアル)」が見えます。「ソフトリセットボタン」を押すことも可能です(青線で囲んだ部分)。残念ながら、このPDAケースを装着した状態で、クレードルにのせることはできません。

 (12)「純正オプション」である「IPP CF拡張パック」、「IPP PCカード拡張パック」以外に「PDAmotion.com」の「Silver Slider 2」を装着しても使用可能です。

 (13)「iPAQ」を操作する場合、以下のような感じとなります。

■短所と長所

 ○短所
  (1)「iPAQ」を操作する際、液晶カバー部を「360度」折り返すことが不可能なため、大きめの空間が必要です。満員電車では使いづらいと思われます。
  ※「iPAQ HOLSTER」単体では「270度」以上液晶カバー部を折り返すことが可能ですが、「iPAQ」を装着すると、「iPAQ」本体上部が邪魔になり、「200度」程度しか開くことができません。
  (2)取り外したい場合に若干テクニックを必要とします。無理に取り外そうとすると、「iPAQ」に装着した「拡張パック」と本体の「ナビゲーションボタン」を傷つけることがあります。
   「iPAQ HOLSTER」の右上のヒンジ部を持ち上げ、ゆっくりと取り出してください。

 ○長所
  (1)あまり汎用性のない他のiPAQ専用ケースと比べて、純正の「CF拡張パック」、「PCカード拡張パック」、サードパーティで提供されている「Silver Slider」等を装着したまま使用できます。
  (2)「iPAQ」本体と一体感があり、拡張パックを意識することなく、操作可能です。

■入手方法

 国内で入手するには「pocketgames」様のサイトが便利でしょう。

  ○以下は「Silver Slider」関連のサイトです。

  • 「PDA motoin」 -「silverslider」の「George Mosquera」氏からライセンスを受けて、廉価版「Silver Slider」を販売しているサイト
  • 「Silver Slider」 -「Silver Slider」の製作者である「George Mosquera」氏のサイト

■あとがき

 「iPAQ H3600/3700/3800/3900」のPDAケースをご紹介しているうちに、新iPAQとして「hp iPAQ Pocket PC h5400 シリーズ」が国内で発売されました。
 今までの「iPAQ H3600/3700/3800/3900シリーズ」が「84mm(W)×16mm(D)×134mm(H)」、新iPAQである「hp iPAQ h5400シリーズ」は「84mm(W)×16mm(D)×138mm(H)(アンテナ部分含む)」と「アンテナ部分」の縦4mm分だけ、従来の「iPAQシリーズ」より長くなります。
 すでにいくつかの「hp iPAQ h5400シリーズ」専用PDAケースが販売されています。
 今後、「WindowsCE FAN」では「hp iPAQ h5400シリーズ」に適したPDAケースを調査していく予定です。

 最後になりましたが、今回の記事作成に当たって、「pocketgames」様に多大なるご協力をいただいたことに感謝を申し上げます。 



拡張パック、Silver Sliderを装着したまま使えるiPAQケース:「iPAQ HOLSTER」


Reported by BEATBOY


Last-modified: Sun, 24 May 2009 23:45:30 JST (3103d)