画面キャプチャで見る シグマリオンIII 搭載ソフト その4

このページをDeliciousに追加 このページをはてなブックマークに追加 このページをYahoo!ブックマークに追加

2003年5月30日(金)版

画面キャプチャで見る シグマリオンIII 搭載ソフト その4

シグマリオンII から大幅パワーアップ

←その3へ↑↑Sigmarion 記事一覧↑↑ 

■画面キャプチャで見る「シグマリオンIII」搭載ソフト

今回は、シグマリオンIIIを強化するカスタマイズソフト「mobileCustom」と、恐らくPDA史上最強に近いと思われるWeb・ファイルブラウザ「Picsel Browser」についてご紹介する。

■mobileCustom

シグマリオンIIから搭載された、カスタマイズ用ソフトウェア「mobileCustom」が今回も搭載されている。このソフトを利用すれば、シグマリオンIII専用に用意されたカスタム壁紙やデスクトップテーマ、追加アプリケーションといったコンテンツをダウンロードし、自動でインストールまで行うことができる。基本的な使用の流れとしては、ネットワーク経由でコンテンツのカタログを取得→カタログを見て、ダウンロードしたいコンテンツを指定→コンテンツのダウンロード→インストールを行う、ということになる。

現時点で公開されているコンテンツは、4種類の壁紙と、追加アプリケーションとして「Auto Web Recorder」(Webページ録画ソフト)・「リモートデスクトップ」(WindowsXP Professional搭載PCを遠隔操作)の3種類となっている。発売後、さらにコンテンツが充実してくることを期待したい。

シグマリオンII時代のmobileCustomはPHSや携帯電話などのダイヤルアップ環境でしか利用できなかったが、今回はLAN経由でも使用することができる。ただ、Auto Web Recorderは相変わらずダイヤルアップ経由でないとネットワークにアクセスできない。以前と違って定額制の@Freedがあるため、できるだけそれを使用してくれということなのだろうか。

■Picsel Browser

今回シグマリオンIIIに搭載されたアプリケーションのうち、ダントツで注目度・実用度共に高いのがこの「Picsel Browser」である。このソフトウェアは既にNTTドコモのPocketPC「musea」用に配布されているものと同じで、PowerPointプレゼンテーションや各種画像、PDF、さらにはWebブラウザ機能まで搭載した高機能ビューアだ。Picsel Browserがスゴイのは、ただ「たくさんのファイル形式に対応している」というだけではなく、動作が非常に機敏で、しかも操作性も優れていることによる。

ファイルビューアとしての特徴は、無段階の拡大縮小が自在で高速、しかも表示にアンチエイリアスがかかって美しいということになると思われる。画面左のバーをスタイラスでタップ・ドラッグすることで、現在表示されているエリアがズームイン・ズームアウトする。操作直後は一瞬画面が粗くなるが、わずかな待ち時間(場合によるが1秒未満のことが多い。画像を含む巨大ファイルだと2秒程度かかることもある)の後で再表示される。この再表示にかかる時間が極めて短いのがミソで、体感でも「一瞬」レベルになっており、それが軽快な操作感に繋がっている。画面のスクロールはブラウジングエリアをタップし、ドラッグすることで行うが、この際にもズーム時同様一瞬だけ画面が粗くなった後、正常な表示に戻る。この挙動から推測するに、おそらく画面を分割してメモリに読み込み、必要な時に必要な部分だけを拡大・縮小処理することで高速な処理を実現していると思われる(筆者は現在巨大画像を高速表示するブラウザの開発に参加しており、その挙動と非常によく似ていることからの推測である)。なお、設定変更を行うことでズームや画面スクロールの動作はカーソルキーに割り当てることも可能だ。ズームをした場合、画像ファイルは倍率によって表示が粗くなるケースも見られたが、文字や表。グラフといったベクトルベースのデータに関してはアンチエイリアスがかかった状態で表示されるので、どんな倍率でも美しい表示が実現されている。

画面右側にはサムネイルが表示され、PowerPointやPDFファイルのように複数ページを含む場合はサムネイルをタップすることでそのページに移動する。改ページ操作はサムネイルのタップ以外に、カーソルキーの左右やブラウジングエリアでのジェスチャ(画面下半分を左右方向にドラッグする)に割り当てることができる。サムネイルの表示はブラウジングエリアのスクロールやズーム処理とは別に行われているため、サムネイルのデータを順次読み込んでいる間にも各ページの閲覧は可能だ。普通のビューアではファイルを全部メモリに読み込むまで処理待ちさせられることが多いが、Picsel Browserでは読み込みと表示を同時に行っている。そのため、大きなファイルを読み込んだ際にもとりあえず数秒後には1ページ目が表示され、後続のページを読み込みながら同時にブラウジングができるようになる。この点も、「待ち時間の短さ」として体感速度に大きな影響を与えているように思われる。

対応ファイル形式はWord/Excel/PowerPoint/PDF/HTML/JPEG/PNG/GIF/BMP/TEXTとなっており、設定でそれぞれの形式に関連づけを行うと、各ファイルをダブルタップすることで直接Picsel Browserでの閲覧が可能となる。ビューアとしての互換性・性能検証はまた別の機会に行いたいが、試してみた限りでは画像入りのWordファイルやグラフ入りのExcelファイルも特に問題なく開けた。注目のPDFは、手元にあった松下電器の年次報告書(64ページ、約4.4MB)やCLIEのカタログ(図版や表、画像を大量に含む。約6.4MB)などの大きめのファイルでもズーム・スクロール・改ページに関して速度低下を感じずに閲覧できた。さすがにファイルの読み込みには多少時間がかかった(それぞれ、完全に読み込み終わるまでには数十秒程度の時間がかかっている)が、上記のように読み込み中でも閲覧は可能であり、それほど問題としては感じられなかった。

Webブラウザとしての表示能力も高い。レンダリングエンジンも独自のものを搭載しているためか、IEに比べても体感ではっきり感じられるほど高速だ。正確にデータを取ったわけではないが、同じページを開いた際に2倍以上速いと感じられたケースも多々あった。Webを表示している際にも、ファイルビューア時と同様にズーム動作やスクロール動作が行え、アンチエイリアスがかかった美しい画面表示も同様だ。このアンチエイリアスは特にWebでの視認性向上に大きな影響があるため、一度実際に試していただきたい。表示品質に関してはIEとは別物だ。ちなみに、完全互換ではないものの、ページ中に埋め込まれたFlashも一部再生された。あるファイルの一部だけがコマ送り状態で再生される、といったケースがある一方、全く表示されないケースもあったりと対応状況はよくわからず、今後検証が必要だろう。(注:レビューに使用したシグマリオンIIIは試作機のため、製品版では再生できません)

上記のように極めて実用性の高いソフトウェアではあるが、問題点がないわけではない。まず一点目は、アプリケーション動作用メモリを大量に消費することだ。試しに7MBほどのPDFファイルを開いてみたところ、消費メモリの量は約20MBになった。それでも動作用メモリは若干不足していたらしく、エラーが出て途中でサムネイル表示が止まった。それでも通常の閲覧には全く問題が生じなかったが、他のアプリケーションと同時に動作させる際には若干の注意が必要になると思われる。

二点目は、ブラウザとしての機能がIEに比べて低いことだ。UA名(Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 5.01; Windows NT) Picsel-ePage-Browser/1.0)を見れば分かるように、基本的に仕様がIE5.01レベルの互換性にとどまっており、例えばIEでは可能だったネットバンクの利用などができない。また、一度に一つのウィンドウしか開けないため、いくつものウィンドウを同時に開く、もしくはポップアップが表示されるようなサイトは正常に表示されない。IEをご紹介した際にも書いた通り、用途によって使い分けが必要となるだろう。

三点目は、拡大縮小・画面スクロール動作のために、必ずスタイラスでの操作が必要になってしまう点。ある程度はキーボードでの操作にアサイン可能ではあるが、その場合でも完全には置き換えられない。他のブラウザでもスタイラス・キーボードの操作は混在するため仕方ないと言えば仕方ないものの、キーボードから指を離してスタイラスに持ち替えて…という動作はややまどろっこしい。ただし、スタイラスでの操作自体は極めて直感的で、特に説明書を読まなくても簡単に利用できるという長所でもある。

試用した限りにおいても以上のような問題点が見られたものの、高速かつ高機能なブラウザ・ビューアであることは間違いない。シグマリオンIIIにおける”キラーアプリケーション”はPicsel Browserということになるだろう。このソフトに関しては、製品版発売後にさらに詳細なレビューを掲載する予定だ。

表示可能な文字セットには韓国語や中国語が含まれているものの、フォントがないせいか、実際には表示できなかった

ブックマーク画面は、サイトの縮小イメージ付きで表示される

PDFファイルを表示。画像・表も含めて完全なレイアウトで表示される

上画面の右上表を拡大。画像ファイルではないので滑らかに拡大される



画面キャプチャで見る シグマリオンIII 搭載ソフト その4

Reported by square


Last-modified: Sun, 24 May 2009 23:45:30 JST (3104d)