やっぱり使い慣れたソフトでしょ! ソフトをインストールしてみよう その1

このページをDeliciousに追加 このページをはてなブックマークに追加 このページをYahoo!ブックマークに追加

2003年5月31日(土)版

やっぱり使い慣れたソフトでしょ! ソフトをインストールしてみよう その1

定番ソフトでシグマリオンIIIをパワーアップ!

 ↑↑Sigmarion 記事一覧↑↑その2へ→

■結局普段使ってるソフトは動くの?

 ついに28日にシグマリオンIIIが発売となり、価格調査の在庫を見ても分かるようにすでに手に入れた方も多いのではないかと思う。おそらく発売日に手に入れたユーザーは、早速お気に入りのソフトをインストールしてすでにバリバリ使っていることだろう。さて、発売前のこちらの記事には、今まで使っていたソフトが動くかもしれないと書いたが、いったいどの程度動作しているのだろうか。

 そこで、WindwosCE FANでは動作確認などの情報を共有してもらうために新たにシグマリオンIII専用掲示板を設置した。すでに、実機を入手したユーザーより多数の書き込みがある(ありがとうございます!)が、購入を迷っている方のためにも「もうこのソフト バリバリ使ってるよ」という方は是非その情報を書き込んでいただきたい。

 ということで、今回はまだ専用のインストーラーが用意されていないソフトをどうやってシグマリオンIIIにインストールしたらいいのか、その方法を紹介していこうと思う。買ったはいいけどソフトのインストール方法が分からないというユーザーは是非この記事を参考にお気に入りのソフトをインストールしてみよう!


■何はともあれActiveSync!

 他のWindowsCE機同様、まずは母艦PCとシグマリオンIIIをつなぐためにもActiveSyncをPCにインストールしなくてはならない。まずは、同梱のCD-ROMから「ActiveSync3.5」をインストールしよう。マニュアル「使いこなそう!シグマリオンIII vol.2(各ソフトウェアの使い方)」P107や、こちらの記事が参考になるぞ。

○印のところをクリックしActiveSyncのインストール開始!

 同梱CDからActiveSyncのインストーラーを起動し、インストール作業を進めていくと途中「接続」という画面が表示される。そしたら、別売りのPC接続ケーブルN002Mや赤外線、またはこちらで紹介しているようなUSBケーブルを使用し(このような汎用USBケーブルを使うときは自己責任でお願いします)、母艦PCとシグマリオンIIIを接続しよう。

 また、PocketPCなどをすでに利用しているユーザーは初めからActiveSyncがインストール済みだと思うが、その場合は、ただケーブルをつなぐだけでActiveSyncが起動しパートナーシップを結ぶだけで簡単に接続できるぞ。

ActiveSync 接続完了!


■接続にはLANが便利!

 このところブロードバンド化が浸透し、家庭内にもLAN環境があるというユーザーも多いだろう。そこで、ソフトをインストールするに先立って、USB接続よりも転送速度の速いLANによるシグマリオンIIIの接続方法を紹介する。(もちろんUSBによる接続でも問題なくソフトのインストールは行える)

 シグマリオンIIIにはCF TypeII + SDの2スロットを搭載しており、掲示板の話題にも上がっているようにWindowsCEに対応したCFタイプのLANカードはたいてい使えるようだ。ちなみに筆者は今までPocketPCで使っていたプラネックスのCF-10Tを利用する。

※LANによる接続を行うには、まずUSBケーブルや赤外線による接続で母艦PCとパートナーシップを結んでおく必要があるので気をつけよう。

Step1.母艦PCのIPアドレスを調べる

 PCとシグマリオンIIIをLANで接続するには、まず母艦となるPCのIPアドレスが必要となる。以下を参考にIPアドレスを調べよう。

  • 母艦PC(パソコン)のIPアドレスを調べる方法を教えてください (WindowsCE FAN - FAQDB)

    Step2.LANカードをシグマリオンIIIに認識させる

     認識させるといってもなんら難しいことはなく、起動したシグマリオンIIIにLANカードを挿すだけだ。
     認識されると、スタート→設定→コントロール パネル→ネットワークとダイヤルアップ接続 に「NE20001」とアイコンが表示される。

    Step3.IPアドレスの指定

     続いて、この母艦パソコンとなるIPアドレスを指定する。先ほどの「NE20001」をダブルタップし、設定ダイヤログを表示させたら「ネーム サーバー」タブをタップし「プライマリ WINS」に調べた母艦PCのIPアドレスを入力しよう。

     入力したら「OK」をタップだ。

    Step4.接続してみよう

     さて、以上で設定は完了なので、LANによるActiveSyncの接続を行ってみよう。
     USBケーブルによる接続の時はつなぐだけでActiveSyncが起動し、自動で同期を行うが、LANによる接続の場合は次の操作を行う必要がある。

     スタート→プログラム→通信→ActiveSyncをタップし、「ActiveSync」を起動したら接続する方法を「ネットワーク接続」と指定し、接続先が母艦PCの名前になっていることを確認したら「接続」をタップだ。

     これで、接続音と共に接続完了となるぞ。

     もし、うまくいかなかった場合は、LANカードが認識されているかなどもう一度手順を確認し再度チャレンジしてみよう。


    ■メモリーカードによるインストールも可能

     現段階でソフトをインストールするには、PC側で実行するインストーラーは用いず直接実行ファイルをシグマリオンIIIにコピーするという方法がとられるため、ActiveSyncによるファイルのコピー以外に、CFやSDメモリーカードを用いてのインストールも可能だ。

     なので、リーダ・ライタなどメモリーカードを手軽に使える環境のある方は、実行ファイルを直接メモリーカードにコピーして、それをシグマリンIIIに挿し実行するという形の方がラクかもしれない。

    メモリーカードを利用したインストールも可能!

     いずれの方法にせよ、PCとシグマリオンIIIでファイルの受け渡しができる環境ができたら、次はいよいよソフトのインストール作業へと移る。前述した通り現段階ではシグマリオンIIIに対応したインストーラー付きのソフトというものは無く、ソフトをインストールするにはちょっとしたテクニックが必要だ。詳しくは次回説明するので、お楽しみに!


    → 実際にソフトをインストールしてみよう!



  • やっぱり使い慣れたソフトでしょ! ソフトをインストールしてみよう その1

    Reported by カツヤ


    Last-modified: Sun, 24 May 2009 23:45:30 JST (3100d)