【PR】赤外線リモコン付きCF VGAカード 「Pocket Presenter-Plus」 - その2

このページをDeliciousに追加 このページをはてなブックマークに追加 このページをYahoo!ブックマークに追加

2003年6月24日(火)版

【PR】赤外線リモコン付きCF VGAカード 「Pocket Presenter-Plus」 - その2

PocketPCが立派なプレゼンツールに!

←その1へ  

■プレゼン中の手書きも可能!

 プロジェクターを利用したプレゼンの場では、スライドの注目して欲しい部分を示すためにレーザーポインターなどを利用する方も多いのではないだろうか。しかし、Pocket Presenter-Plusは、PocketPCの画面上に表示されたスライドに直接書き込みが可能で、それがリアルタイムにスクリーンに投影されるため、ポインターなどが必要なく、示すだけのレーザーポインターよりも分かりやすいプレゼンを実現することができる。

 これは、直感的な操作が可能というPocketPCならではの特性をうまく利用した機能で、スライドの強調したい部分をぐるっと線で囲んだり、文字を書いて説明の補足をするなど、紙の良さをデジタルで実現しているといえよう。

 以下が、操作時の画面だ。とても簡単に操作できるぞ。

 手書き機能は、次の3つのアイコンを使用する。

  1.手書き部分の消去
    →手書きで書き加えた部分をタップ一つで消すことが可能

  2.色の変更
    →書き加える線の色を赤や青など、全16色の中から自由に選択可能

  3.線の太さの変更
    →書き加える線の太さを、3種類の中から選択可能


■デジカメ画像を直接使えるぞ

 Pocket Presenter-Plusは、PowerPointファイルをJPEG画像に変換してプレゼンテーションを行うため、PocketPCでスライド内容の修正を行うことができないというデメリットがある。しかし、PocketPCでパワーポイントファイルを編集するには、現段階ではマシンパワー的にもインターフェース的にも無理があり、ビューワー機能に特化した方がそのメリットは大きいだろう。それは、JPEG画像の表示という比較的負担の少ない作業のため軽快な操作が可能ということと、デジカメの画像を直接扱えるという点だ。

 普段デジカメで利用しているメディアがCFやSDメモリカードなどPocketPCでも扱える場合、わざわざ画像を差し込んだPowerPointファイルを作成しなくてもデジカメで撮影した画像が直接プレゼンに組み込むことができるので、営業先でも臨機応変に対応できる。こちらのシチュエーションが参考になるぞ。

 デジカメの画像を直接スライドに組み込むには、次の手順で行うことができる。

  1.デジカメ画像を取り込む
    →デジカメのメディアをPocketPCに挿し込む

  2.画像ファイルの移動
    →画像ファイルをスライドと同じフォルダに移動する

  3.名前の変更
    →目的の位置にくるようにファイルの名前を変更する

  4.確認してみよう
    →以上の操作で画像がスライドに組み込まれるぞ


■いつでもどこでもTVに出力だ!

こちらがCF Unitに内蔵された
外部ディスプレイ接続コネクタだ

 取引先への営業や、ちょっとした打ち合わせの時など突然プレゼンをしなければならない場面もあるだろう。しかし、なかなかプロジェクターのある環境というのはなく、いきなり本格的なプロジェクターを準備するのも大袈裟だ。そんな時、便利な機能がTV出力機能だ。付属のTVモニタ接続ケーブルを使えば、普通のTVを出力先として利用でき手軽にプレゼンをすることができる。

 TV出力機能を利用するには、まず、PocketPCとTVの電源をOFFにし、Pocket Presenter CF Unitの外部ディスプレイ接続コネクタとTVの映像入力端子にTVモニタ接続ケーブルを接続する。次に、CF UnitをPocketPCに挿し込み、「ツール」→「プレゼンテーション オプション」より出力先をTVモニタし、OKをタップ。そして、TVの電源を入れチャンネルをビデオ入力に合わせ、「ツール」→「プレゼンテーション」をタップすればTV画面にスライドが表示されるぞ。

出力先を選択するだけで設定完了
どこでも使えて便利なTV出力機能


■スライド以外も出力可能

 Pocket Presenter-Plusには、PocketPCの画面をそのまま外部出力する機能「Pocket Capture」を搭載している。そのため、スライド以外にもPocketPCに搭載されているアプリケーションの画面をリアルタイムに出力できるので、より効果的なプレゼンを可能にしたりプレゼン意外にも様々な使い道があるだろう。

 Pocket Captureを利用するには、スライド出力の時と同じようにCF Unitと外部ディスプレイを接続したら、スタートメニューより「Pocket Capture」をタップしよう。すると、出力先の設定画面が表示されるので、出力するモニタに合わせてリストの中から選択し「開始」をタップすればPocketPCの画面が外部ディスプレイに表示されるぞ。

出力先に合わせて選択しよう
動画も出力可能だ!

 

■CE FANユーザー限定 特別優待販売!


 PocketPCでプレゼンという新しいプレゼンのスタイルを実現する「Pocket Presenter-Plus」。今回、WindowsCE FANユーザー限定で、以下のリンクより特別価格で購入が可能だ。また、自動車販売や保険業界など様々な業界での「Pocket Presenter-Plus」の活用事例を紹介した「Pocket Presenter-Plus活用事例集」も掲載されているので、是非参考にしてみよう。

 これからは、PocketPCと「Pocket Presenter-Plus」で身軽&スマートなプレゼンを実現しよう!

○Pocket Presenter-Plus 【ご優待価格 14,800円(送料込/税別)】

↓↓↓こちらより購入できます↓↓↓
http://shop.niigata-canotec.co.jp/pppyutai.shtml

・クレジットカード決済、銀行振込・郵便振替をご利用いただけます。
・クレジットカード決済もしくはご入金確認後、約1週間でお届けします。



【PR】赤外線リモコン付きCF VGAカード 「Pocket Presenter-Plus」 - その2

Reported by カツヤ


Last-modified: Sun, 24 May 2009 23:45:30 JST (3122d)