シグマリオンIIIでパソコンソフトが動く!? その4 「リモートデスクトップ」PC側の設定方法をご紹介

このページをDeliciousに追加 このページをはてなブックマークに追加 このページをYahoo!ブックマークに追加

2003年6月30日(月)版

シグマリオンIIIでパソコンソフトが動く!? その4 「リモートデスクトップ」PC側の設定方法をご紹介

2003年ヒット間違いなし! 人気集中シグマリオンIII 特集

←その3へ↑↑Sigmarion 記事一覧↑↑ 

■ シグIIIの強力な武器、「リモートデスクトップ」!

 気づけばボーナスシーズン、CLIEもザウルスも魅力的な新モデルが発売され、シグIIIとの間で想いを揺らしている方も多いのではないかと思う。それぞれ非常に魅力的な機能を備えているのだが、我等がシグIIIも決して負けてはいない。そう、シグIIIにしかできない強力な芸当、ある種「キラーアプリ」ともいえる「リモートデスクトップ」機能を改めて思い返していただきたい。(詳しくは過去の連載を参照のこと) こんなに快適なリモートオペレーションが可能なのはシグIIIならではの特権だぞー!っと煽りつつ、今回は「リモートデスクトップ」を利用する際のPC側の設定方法のご紹介だ!

 ※PC側の利用OSはWindows XP Professionalとする。

■ 「リモートデスクトップ」を有効にしよう

 Windows XP Professionalで「リモートデスクトップ」機能を有効にする方法はいたって簡単。「マイコンピュータ」→「コントロールパネル」→「システム」と辿っていき、お馴染み?の「システムのプロパティ」画面を開こう。この「システムのプロパティ」画面のタブをよく眺めると、一番右端に「リモート」という項目があると思う。これこそがまさに「リモートデスクトップ」の設定画面だ。

下が「リモートデスクトップ」の設定箇所だ。

 「このコンピュータにユーザがリモートで接続することを許可する」という項目があると思うが、もうお察しのとおり、こいつにチェックをいれてやることでPCの「リモートデスクトップ」機能が有効となり、外部から接続を受け入れられる状態となる。

 また忘れてはならないのは、ここで接続を許可するユーザの設定を行う必要がある場合があるということ。Administratorsグループに属するユーザであれば、特に設定することなく接続が許可されているのだが、そうでないユーザ権限で通常ログインしている方は設定が必要なので注意が必要だ。簡単にユーザ設定の方法をご紹介しておこう。

 「リモートユーザーの選択」→「追加」をクリック

 すると、「ユーザーの選択」というウィンドウが開くはずだ。ここではあまり考えずに「詳細設定」ボタンをクリックだ。すると、もう一枚ウィンドウが開くと思う。このウィノドウ上で、オブジェクトの種類が「ユーザー」、場所がPC名と同一になっていることを確認して「今すぐ検索」を押してみよう。するとPC上に登録されているユーザーの一覧が下部に表示されるはずだ。

見慣れないユーザーがいろいろいるが・・・

「IUSR_xxxx」やら「ASPNET」やら身に覚えのないユーザーが登録されているかもしれないが、Windowsのユーザー云々について語りだしたらそれだけできりがないので、今回は割愛。まずはリモートデスクトップ接続を許可したいユーザを選択して、OKしよう。

今回は仮に「remote」というユーザーを設定。

すると、一つ前のウィンドウに戻るのだが、その下部に選択したユーザーが「コンピュータ名\ユーザー名」といった感じで表示されていることだろう。それを確認して、さらにOKを押そう。

これで完了だ!

 やっともとのウィンドウにもどってきたはず。お目当てのユーザーが接続許可一覧の枠に表示されていれば万事OK! 文章に書くと意外と長くなってしまったが、特に混乱するような部分はなく、手順は簡単なのでご安心を。

 これで、PC側の設定は完了! 基本的にこれでお手持ちのPCに、シグIIIから「リモートデスクトップ」ができる、、、はずなのだが、LAN内以外から、つまり外出先からP-in等を経由して接続をしようとすると、実はこれに加えて今度はネットワーク機器の設定がチョット必要になってきてしまうのだ。

 ということで、次回はそのあたりの設定を解説するぞ!



シグマリオンIIIでパソコンソフトが動く!? その4 「リモートデスクトップ」PC側の設定方法をご紹介

Reported by けいたん / きとぷん


Last-modified: Sun, 24 May 2009 23:45:30 JST (3100d)