便利なPocketPC用ファイル管理ソフト 「Pocket FileExplorer」 - その2

このページをDeliciousに追加 このページをはてなブックマークに追加 このページをYahoo!ブックマークに追加

2003年8月2日(土)版

便利なPocketPC用ファイル管理ソフト 「Pocket FileExplorer」 - その2

標準ファイラーより使いやすい!

←その1へ↑↑記事一覧へ↑↑ 

ソフト購入 ソフトウェアライブラリ
詳細情報 デモ版
Download
TOP
新着順

■実際に使ってみよう!

 それでは、ファイラーとしての基本的な使い方から「Pocket FileExplorer」ならでは機能まで、順を追って説明していくぞ。

 まずは、コピー・貼り付けとショートカットの作成などファイル操作の基本を行ってみる。

○ファイル操作の基本をチェックだ!

まずは、ファイルのコピー・貼り付けを行ってみよう。ファイルをコピーするには、コピーしたいファイルをタップ&ホールドし表示されたポップアップメニューより「コピー」を選択する。また、「編集」より「シングル/マルチ選択」にチェックを入れることで、複数のファイルを選択することが可能だ。続いて、貼り付けたいフォルダを選択し先ほどと同じようにタップ&ホールドしポップアップメニューより「貼り付け」を選択しよう。ショートカットを貼り付ける場合は、ここで「ショートカットの貼り付け」を選択する。

それでは、上記の操作を実際に行ってみる。

 1.「編集」→「シングル/マルチ選択」をタップ
 2.「My Documents」にある1番上のメモと3番目のメモを選択する
 3.先ほど選択したファイルの上でタップ&ホールドし「コピー」をタップ
 4.画面上部のフォルダツリーより「SD Card」をタップ&ホールドし「貼り付け」をタップ
 5.するとファイルのコピーが行われSD Card上にファイルがコピーされる


 続いて、プロパティの確認・ファイルの削除を行ってみる。これらも、ファイル操作ではよく使う機能で、しかも、ポップアップメニューより操作できるので非常に重宝する。

 プロパティを確認するには、目的のファイルの上でタップ&ホールドし「プロパティ」をタップしよう。場所やサイズ、作成日などが細かく表示され、属性の変更もできるぞ。


 また、ファイル・フォルダを削除するには目的のファイルまたはフォルダをタップ&ホールドし、「削除」をタップしよう。ファイル削除の確認が表示されるので、もう一度「削除」をタップだ。選択したフォルダ内のファイルをすべて削除したい場合は、「削除 全て」をタップしよう。


■画面説明

 「Pocket FileExplorer」は、画面上に表示された様々なショートカットアイコンを利用することでより快適にファイル管理を行うことができる。初めは、ポップアップメニューやメニューからの操作が多いと思うが、慣れてくると次第にショートカットアイコンの使用頻度が高まりメニューはほとんど利用しなくなる。コピーや貼り付けなど操作の種類によってはポップアップメニューを利用した方がやりやすいものもあるが、使い方に応じて好きなほうを利用すれば良いだろう。

 それでは、下記で画面上に表示されたショートカットアイコンの簡単な説明をするので是非参考にしてみよう。


  1.マイポケットPC(一番上のディレクトリ)を表示
  2.オプションの設定画面を表示
  3.選択しているファイル・フォルダのプロパティ表示
  4.ファイルの検索画面を表示
  5.選択しているファイルを暗号化する
  6.選択しているファイルが暗号化されている場合、複合化する
  7.赤外線送信やメールへの添付、スタートメニューへのショートカット作成など
  8.ネットワーク接続一覧表示
  9.ファイルの表示形態の変更など
  10.1〜9までのアイコン表示・非表示の切り替え
  11.一つ上のディレクトリへ移動
  12.切り取り
  13.コピー
  14.貼り付け

■より高度な使い方をマスターしよう!

 ファイラーとしての基本的な使い方をマスターしたら、続いて「Pocket FileExplorer」をより有効的に使うための方法などをいくつか紹介する。

○暗号機能を使ってみよう!

 「Pocket FileExplorer」は、暗号化・複合化機能を搭載するため、万が一デバイスを紛失してしまうようなことがあってもデータの流出を防ぐことができる。PocketPCのようなモバイルは常に盗難や紛失などの危険にさらされているため、大事なデータを暗号化できるのはうれしい。

 データを暗号化するには、目的のファイルをタップ&ホールドし、ポップアップメニューの「暗号化」より「暗号化」を選択しよう。次に表示されるパスワードの設定画面で「Password:」の欄と「Confirm password:」の欄に同じ文字列を入力し「Encrypt」をタップする。するとデータが暗号化され、暗号を解除するにはパスワードの入力が必要となる。


○オプションで細かな設定が可能!

 「Pocket FileExplorer」の特徴として、ファイラーとしての使いやすさや豊富な機能などを挙げたが、詳細な設定が可能なのも大きな特徴だ。「一般」「コラム」「表示」「フィルタ」「確認」のタブに分かれたオプションでは、拡張子の表示の有無やフォントサイズの変更はもちろん、特定のファイルのみを非表示にしたりすることも可能だ。

 また、間違って大事なデータを消してしまわないように、ファイルの上書きや削除を制限することもできる。他のファイラーに類を見ない細かなオプションで、自分の使いやすいようにカスタマイズできるぞ。



便利なPocketPC用ファイル管理ソフト 「Pocket FileExplorer」 - その2

Reported by カツヤ


Last-modified: Sun, 24 May 2009 23:45:30 JST (3801d)