SDIO接続のデジタルカメラも展示 GENIOと共に様々な機器も展示 東芝ブース

このページをDeliciousに追加 このページをはてなブックマークに追加 このページをYahoo!ブックマークに追加

2003年7月18日(金)版

SDIO接続のデジタルカメラも展示 GENIOと共に様々な機器も展示 東芝ブース

WIRELESS JAPAN 2003

←前へ↑↑記事一覧へ↑↑次へ→

■ PocketPCの様々な使い方を見せる

 Pocket PC 2003を搭載したPocket PC e750を実際に展示している東芝ブースでは、それ以外にもPocketPCに関連する様々なものを実際に展示し触れるようになっている。その中でも面白そうなものをピックアップしてご紹介していこう。

■ SDIO接続の130万画素カメラ

 中でも筆者が注目したのは、VEOのSDIO接続のカメラだ。画素数は130万画素でレンズ部が上下に回転させる事が可能になっている。現在開発中の製品で詳細を知ることが出来なかったが、登場すればSDIO対応の製品として興味をそそられる製品だ。
そのほかにも同社の製品として同じく130万画素と回転式レンズをそなえたVeo Photo Traveler PCM100と、PCを通さず単独で動作するネットワークカメラのVeo Observer NEP100が展示されている。

展示されているVEOのカメラ製品
SDIO接続のデジカメ
プロトタイプらしく詳しい情報を得られなかったが
登場が楽しみだ

■ 世界最薄のモバイルプリンタ

 そのVEOのSDIOカメラの隣には世界最薄のモバイルプリンタMW-100eが展示されている。ブラザーのモバイルプリンタには法人向けのMW-120と今回展示されている個人向けのMW-100eの2機種が存在する。厚さ17.5mmのその薄さにはまさに驚きの一言。印刷は非常に綺麗で、しかも印刷時の音も静かだ。移動時に電車の中で使っても音で迷惑を掛ける事は無いだろう。

その薄さを実際に見ていただきたい
ブラザーのモバイルプリンタ
実際にプリントアウトしたもの
細かいところまで印刷出来ているのが分かる

■ GENIOで楽しむPocketPC



SDIO接続のAirHカード
2台のGENIOで実際に会話も試せる
VoIPソフトPocket Gphone
モバイルプレゼンテーションのデモ

 そのほかにもSDIO接続のAirHカードやPocketGphoneを使ってVoIPを体験したり、モバイルプレゼンテーションのデモなどが行なわれていた東芝ブース。ブース内では最新e750の他にも懐かしのGENIO e550Xも置かれており、GENIOファンならば一度是非訪れておきたいところだ。



SDIO接続のデジタルカメラも展示 GENIOと共に様々な機器も展示 東芝ブース


Reported by そよかぜ


Last-modified: Sun, 24 May 2009 23:45:30 JST (3122d)