【M-stage music】第6回 M-stage music/Pickwalk P711m の機能を検証!

このページをDeliciousに追加 このページをはてなブックマークに追加 このページをYahoo!ブックマークに追加

2001年3月20日(火)版

【M-stage music】第6回 M-stage music/Pickwalk P711m の機能を検証!

短期集中連載 - M-stage music / Picwalk P711m

←前へ↑↑一覧へ↑↑→次へ

■M-stage musicの楽曲検索

 M-stage musicサービスで楽曲を試聴したり購入する際には、大量の楽曲の中から聴きたい音楽を探し出さなければならないが、その検索機能が貧弱では希望する楽曲が見つからなかった、なんてことにもなりかねない。M-stage musicサービスの楽曲検索機能を検証してみよう。

 M-stage musicのトップメニューから「検索」を選択すると、以下のような手順で目的の曲を検索することができる。

M-stage musicの検索メニュー
検索

一覧で検索
検索キーを指定
 1.曲名
 2.アーティスト名

フリーワードで検索
検索キーを入力
 1.曲名
  ____________
 2.アーティスト名
  ____________
[曲情報・アーティスト]を選択

[一覧‐1.曲名]を選択
  頭文字で絞り込み

[ア]で絞り込み
  曲情報一覧に到達


[ジャンル]を選択

[邦楽]を選択
16ジャンルから絞り込み

[J-POP]を選択

[男性]を選択
  曲情報一覧に到達

 以上のように、M-stage musicでは3回〜4回の絞り込みによって目的の曲をスムーズに検索することができ、使い勝手がよい。検索の他に、「What's New」や「ランキング」のページに配信される、新譜情報や人気曲などの情報もユーザーにとって便利な情報であるだろう。

 今年夏には3000曲、その後もどんどん曲数が増えていくが、曲数が増えたとしてもストレスを感じることなく目的の曲を探し出せるような強力な検索機能であると感じた。

再生メニュー

■Picwalk P711mの音楽再生機能

 Picwalk P711mにおいて最も重要な音楽再生機能についても検証してみよう。
 結論から言うと、機能的にはほとんど不満はない。新しいコンセプトの機器ながら実によくできている。強いて言うならば、SDメモリーカードの容量がもっと多ければPicwalk P711mの機能を十分に発揮できるだろう、ということくらいだ。

 再生時にメニューボタンを押すと左の写真のメニューが表示され、基本的な機能を選択できる。
 ・再生モード ・・・ リピート再生、ランダム再生など再生モードを選択できる
 ・音質モード ・・・ S-XBSモードを選択すると迫力のある重低音を再生
 ・PLAYLIST変更 ・・・ 再生する曲の選択、曲順の変更など、好みに合わせて自由に編集したプレイリストを選択できる

 中でもプレイリスト編集は、Picwalk P711mは液晶画面が大きく、多くの情報を表示できるため、他のメモリオーディオプレーヤーと比べてとても自由度が高く操作性も高い。

 以上の基本機能に加えて、M-stage music/Picwalk P711mが他のポータブルオーディオプレーヤーと一味違うのは、256色カラー液晶画面に表示される豊富な情報である。下の3つの写真は楽曲の再生時に表示できる情報であるが、ジャケット写真、楽曲情報、歌詞などの情報の表示を選択できる。
 この情報表示機能はこれまでのオーディオプレイヤーにはなかった、あるいはできなかった機能で、M-stage musicの強みでもあるとも言えるだろう。個人的には歌詞の表示が特にお気に入りだ。

タイトル、時間などの基本表示
ジャケット写真を表示できる
曲やアーティストの情報、
歌詞も表示できる!

■Picwalk P711mは操作性がすばらしい!

 Picwalk P711mに関して、すばらしいと思うのは、大きな再生/決定ボタンを中心に他のボタンもコンパクトに配置され、多機能なのに説明書を見なくても直感的に操作できる点で、非常に使い勝手が良い。

 非常によくできたPicwalk P711mであるが、一つだけ注文をつけたい。日常的に使っていて、電源を入れるボタンだけがどうも使いにくい。CDプレーヤーなどの機器では再生ボタンを押すだけで電源が入って再生が始まることが一般的であるが、Picwalk P711mでは携帯電話と同じように電源ボタンを長押しした後に再生ボタンを押さなければならず、何度もやっていると(私は)ストレスを感じることがある。
 そこでお願いです。松下さん、2代目Picwalkでは「再生ボタン長押しで電源ON&再生」という機能を付けていただけませんか...


goo M-stage特集
「もうはじまっている新モバイルスタイル」




協力:株式会社エヌ・ティ・ティ・ドコモ



Reported by うっきー


Last-modified: Sun, 24 May 2009 23:45:30 JST (3768d)