日本HPから、世界最小・超軽量の Pocket PC 2003日本語版 端末 「iPAQ Pocket PC h1937」本日発売

このページをDeliciousに追加 このページをはてなブックマークに追加 このページをYahoo!ブックマークに追加

2003年8月22日(金)版

日本HPから、世界最小・超軽量の Pocket PC 2003日本語版 端末 「iPAQ Pocket PC h1937」本日発売

軽さ124g、薄さ13mm、iPAQ Pocket PC h1900シリーズ待望のPocket PC 2003モデル

←前へ↑↑↑iPAQ h1937特集↑↑↑ 


■ iPAQ Pocket PC h1397登場

日本HPは、本日 8月22日(金)より、世界最小・超軽量となる Windows Mobile 2003 software for Pocket PC 日本語版 (通称: Pocket PC 2003)搭載端末「iPAQ Pocket PC h1937」を発売する。同社の HP Directplus で 限定 2,000台を、\19,800 で販売する。

「iPAQ Pocket PC h1937」は、2003年6月に発売され、大ヒットとなった「iPAQ Pocket PC h1920」の後継機。124g と軽量で、13mm と薄型で高級感のある外装が特徴だ。「h1920」では、拡張スロットが SDメモリスロットしかなく、事実上通信機能を使うことができなかったが、本「h1937」からは、SDIOスロット付。SDカード版の AirH''や、無線LANカードを利用することにより、外出先や、無線LANホットスポットなどでの通信も可能となる。「h1920」では、メインメモリが 64MB搭載ながら、ユーザー領域が 34MB と物足りない面もあったが、「h1937」では、ユーザー利用領域も「56MB」と大幅に拡大された。このほか、着脱可能なリチウムバッテリや、明るい液晶パネル、従来の h1920 のオプションは基本的に利用することができるため、買い替えや、買い増しユーザーにも嬉しい。本体にストラップホールが用意されているのも嬉しい特徴だ。

また、プロセッサはインテル製「PXA255 200MHz」から「Samsung S3C2410 203MHz」に変更された。このプロセッサは、マイクロソフトとサムスン電子が共同で開発した Pocket PC用の機能統合プロセッサだ。今回の「h1937」は、携帯電話並みにコンパクトなサイズながら、8時間の連続駆動(カタログスペック) となっているが、こうした驚きのスペックの実現にも一役買っていそうだ。

前機種「iPAQ Pocket PC h1920」発売時は、5日間で初期 2,000台が完売になり、その後品薄状態が続いた。その教訓は今回活きていると思われるが、すでに発売解禁ということで、ゲットしたい人は、今すぐ HP Directplus で申し込んだ方がよさそうだ。



日本HPから、世界最小・超軽量の Pocket PC 2003日本語版 端末 「iPAQ Pocket PC h1937」本日発売

Reported by けいたん


Last-modified: Sun, 24 May 2009 23:45:30 JST (3100d)