Pocket PC/Windows CEマシンで快適モバイルビデオ生活を! 〜第1回

このページをDeliciousに追加 このページをはてなブックマークに追加 このページをYahoo!ブックマークに追加

2003年9月9日(火)版

Pocket PC/Windows CEマシンで快適モバイルビデオ生活を! 〜第1回

そろそろ実用段階?!


■ はじめに

 最近、というか2003年に入ってから「テレビのデジタル録画」という概念が急速に普及してきたように思える。「デジタル録画」、これつまり従来VHSビデオテープにアナログ録画していたテレビ番組を、HDDやDVDといったデジタルメディアに録画してしまおう、ということである。ちょっと家電屋さんに足を運べばあるわあるわ、HDDレコーダやDVDレコーダ、おまけにそれらを組み合わせた高級ハイブリッドモデル。方やパソコン店に足を運ぶと、俗に言う「メーカー製PC」は、その大半がチューナカードやキャプチャカード、おまけにはリモコンまで搭載し、高らかに「テレビパソコン」を謳っている。

 もうここまで書いてしまうと今回の記事の趣旨はバレバレだとおもうので(^^; 先に書いてしまうと「Pocket PC/Windows CEマシンで快適モバイルテレビ生活!」という、イカニモ、なテーマを掲げてみることとしたい。

 筆者ももちろん「テレビパソコン」を所有してはいるのだが(GigaPocket搭載のVAIOもあれば、チューナカードを突っ込んだ自作PCが2台も…)、如何せん録画しても見る時間がない!おまけに撮りだめした番組がHDDを食ってしまって邪魔だ!というありがちな?状態に陥ってしまっており、非常に悔しい思いをしている。そんなトホホな状態からうまく脱却するためにも、通勤時間にうまくPocket PCを利用することで撮りだめた番組を消化、おまけに録画もPocket PC/Windows CE端末で見ることを前提にコンパクトなサイズで行うことで録画PCのHDD問題も解決!といきたいところだ。

 もちろんこんな筆者の個人的な悩み解決にとどまるつもりは毛頭なく、Pocket PC/Windows CEデバイスでテレビを楽しむ!という切り口でいろいろ実験をしていきたいと考えているので、ご安心を。

■ モバイルビデオ生活にうってつけ?!松下電器 DIGA「DMR-E100H/E200H」

 まず今回取り上げたいのは、最近売れに売れているらしい松下電器のDIGA「DMR-E100H/E200H」だ。こいつはくくりとしては「HDD内蔵DVDビデオレコーダー」というカテゴリに入るデバイスなのだが、一つ、ライバル機種にはない大きな特徴を備えている。松下電器によるプレスリリースの言葉を借りれば…

『HDDへの通常録画時に、SD動画(MPEG4)をHDDへ同時に録画できる「MPEG4同時録画※11」が可能。HDDに同時録画したSD動画(MPEG4)をSDメモリーカードに高速転送し、対応の携帯電話や当社製SDマルチカメラ(D-snap)で再生すれば、外出先でもテレビの録画映像が気軽に楽しめます。』

そう、まさに今回の企画にうってつけの「SDカードへのMPEG4ファイル書き出し機能」を搭載しているのだ。松下電器的には携帯電話(多分FOMA「P2101V」)や、同社の「D-snap」との連携を想定しているようだが、もちろんSDカード、そしてMPEG4とくればPocket PC/Windows CE端末も十分そのターゲットとなり得るだろう。

最近大人気の「DIGA」だ!

■ DIGA「DMR-E100H/E200H」で書き出されるMPEG4ファイルをチェック

 さて最もキモになりそうなDIGA「DMR-E100H/E200H」でSDカード出力可能なファイル形式であるが

・ファイル形式はASF
・解像度320×240/176×144ドット
・フレームレートは最大15fps
・音声CodecはG.726

となっており、調査を行ったところDIGA自体の録画モードによっての下記のような違いがあるようだ。

モード サイズ fps 1分間の録画に必要なだいたいの容量
スーパーファイン 320×240 15fps 6MB
ファイン 320×240 12fps 3MB
ノーマル 176×144 12fps 2MB
エコノミー 176×144 6fps 0.8MB

気になるのは音声CodecがG.726であるということ。
ちょっと気になったので、同形式のファイルをPC上のWindows Media Player 9(以下WMP9)で再生しようとすると、案の定デフォルト状態では再生されず、Codecの自動ダウンロード機能が動き出してしまった。

Codecインストールの警告メッセージ

うーん… PCのWMP9も標準でサポートされていないのならPocket PC/Windows CE端末では多分だめだろうなぁ…と思いつつ、シグマリオンIIIで同ファイルの再生を試すと

Codecがないよ〜っと警告

ぬぬっ、案の定、といった結果。
シグマリオンIII(Windows CE.NET 4.1)搭載のWindows Media PlayerにはCodecの自動ダウンロード機能はないようで、悲しいかな、音声ナシの再生しか不可能であった。

■ こうなったら再エンコードだ!

 さぁどうしたものかと考えること数分、ふと一つの考えがよぎった - PC側にはWMP9の自動Codecダウンロード機能でG.726のCodecがダウンロードされている→PCのWindows Media エンコーダは同ファイルを認識できるはず→Windows Media エンコーダをつかってシグマリオンIIIで再生可能な形式に再エンコードしてやれば… -
Windows Media エンコーダを利用して以前にもご紹介したとおり(文末のリンクを参照)。よくよく考えてみると再エンコードなんかしようものなら、折角DIGA「DMR-E100H/E200H」がもつ「MPEG4同時書き出し機能」を台無しにしてしまっているような気もするのだが… この際細かいことは気にせずいこう!!

ということで次回に続く。



Pocket PC/Windows CEマシンで快適モバイルビデオ生活を! 〜第1回


Reported by きとぷん


Last-modified: Sun, 24 May 2009 23:45:30 JST (3488d)