Victorの新Pocket PC 「iO(イオ)」が遂に一般公開!!

このページをDeliciousに追加 このページをはてなブックマークに追加 このページをYahoo!ブックマークに追加

2003年9月18日(木)版

Victorの新Pocket PC 「iO(イオ)」が遂に一般公開!!

アジア最大のデジタル総合展 WPC EXPO 2003

 ↑↑WPC EXPO 2003↑↑次へ→

■ 大盛況のイベント会場

 この日、我々がVictorブースを訪れた最大の目的はなんといっても、この度新しく開発されたというPocket PCだ。AV機器には定評のあるVictorがこの市場に新規参入するとあって、一体どのようなPocket PCを送り出し、そして、いかなるモバイル・ソリューションを提示するのか、非常に気になるところだ。そんなこともあってか、Victorブースで行われていたプレゼンテーションには多くの人がつめかけていた。

ステージの前は立ち見の人がでるほど
注目度の高さがうかがえる
プレゼンテーションの様子
写真はビデオカメラとiOをリンクさせているところ

■ これがVictorの新Pocket PCだ!

 まずはどんな機種なのか、写真をじっくり見てもらいたい。今回の展示では残念ながらまだ開発中ということもあって、実際に手にとって使用することはできなかったが、雰囲気だけでも感じ取ってもらえるだろうか。筐体をみる限りでは、標準的なPocket PCとそう変わらないが、気になるのはその中身だ。

これが新Pocket PC「iO」
写真の本体下部はクレードル
幅はこんな感じ
標準的な厚さといえるだろう

■ 充実したエンターテイメント機能

 そこはやはりVictor、ビジネス・ユースだけでなく、エンターテイメントにもかなりの重点をおき、一般的な使用でも十二分に楽しめるように工夫されていた。
 特に、Victorが独自に開発した「AVプレイヤー」は、様々なフォーマットの再生に対応し、細かい設定も可能なイコライザーはもちろん、圧縮された音楽ファイルを自動で補正し、高音質で再生してくれるコンバーターや、ヘッドフォン使用時に自然な音場で再生ができる機能(音場が頭の中でなく、前方に広がるようにして聴こえる)も搭載している。
 さらには同じVictor製のビデオカメラとの互換性を持ち、ビデオカメラで撮った映像をその場で取り込んで再生したり、Pocket PCをファイル・サーバーとして利用し、Webに配信したりすることもできる。もちろん、Webから画像を取り込んで見ることも可能だ。
 他にもリモコンとして利用したり、オプションでクレードルにスピーカーをつけてちょっとしたミニコンポとして使用することができたりと、楽しめる機能が満載だ。

注目の「AVプレイヤー」
AVライフをより楽しくする機能でいっぱい
iOビデオサーバー
これを使えば撮ったその場でWebに公開できる
リモコン機能まで付いていたり・・・
オプションのスピーカー
目の付けどころが面白い


■ 気になる発売時期、価格

 最後に、たいへん気になる発売時期や価格だが、残念ながらまったくの未定とのことだった。スペックに関しても、OSにWindows Mobile 2003を使用することの他に、上に述べたような機能が搭載されること以外はほとんど明らかになっていない。
 まだまだビジネス・ユースが多いPocket PC市場の中で、エンターテイメントに重点をおいたこのiOシリーズがどのような地位を占めていくのか、今から期待の高まるところだ。今後のさらなる情報を楽しみに待つことにしよう。



Victorの新Pocket PC 「iO(イオ)」が遂に一般公開!!

Reported by shindo


Last-modified: Sun, 24 May 2009 23:45:30 JST (4098d)