Pocket PC/Windows CEマシンで快適モバイルビデオ生活を! 〜第2回

このページをDeliciousに追加 このページをはてなブックマークに追加 このページをYahoo!ブックマークに追加

2003年9月24日(水)版

Pocket PC/Windows CEマシンで快適モバイルビデオ生活を! 〜第2回

「再エンコード」にトライ!

第1回  

■ 「再エンコード」する意味は…?

 残念ながら「素の状態」では再生が不可能であった DIGA「DMR-E100H/E200H」が吐き出したMPEG4ファイル。苦肉の策として「Windows Media エンコーダを利用して、Pocket PC/ Windows CEで再生できる形式に再エンコード!」っていうのを思いついたわけだが、だったらそもそも別にMPEG4書き出しなんかしなくてもいいじゃないか、というツッコミが入ってしまいそう。

 さぁ無理にやりにでも理由を考えなければいけない、とふんばって考えてでてきたのが「エンコード時間の短縮」という効能だ。テレビ視聴を前提にエンコードされたサイズの大きいMPEG2等の動画ファイルを再エンコードしようものなら、それだけで実時間近く、場合によってはそれ以上に時間を要してしまうというのが定説。実際にどういった部分の処理に時間がかかってしまっているのかは不明ではあるのだが、画面のリサイズ処理やフレームレートの変更にはそれなりの負荷がかかっているように思われる。

と、考えていくとダウンサイジングされた(=再エンコードに要する時間も短いと思われる)ファイルをリアルタイムに生成してくれる、というだけでもそれなりに意味のあることなのではないか、と思うがいかがだろう。この際、DIGA「DMR-E100H/E200H」のMPEG4書き出し機能は、つまることころ「再エンコードにおあえつらえ向きのファイルを用意してくれる」ものと考えていこう。

さぁ、気を取り直してエンコードだ!

■ 再エンコード手順

 まずはWindows Media エンコーダを起動しよう。「プロパティ」ボタンで設定を開始。

赤枠で囲ったのが「プロパティ」ボタン。

「ソース」には「ファイル」を選択。ファイルはもちろん、SDカード経由でもってきた、「DIGA」が書き出しのASFファイルを。

まずは「ソース」タブの設定だ。

ソースには、もちろんSDカード経由で持ってきた動画(asf)ファイルを。

次は「出力」タブの設定。

「出力」タブでは、今回はファイルに変換するため「ファイルにエンコード」を指定。ファイル名は混乱しないよう、わかりやすい名前をつけておこう。


■ プロファイルを設定

 さぁ、ここからがキモだ。今回の趣旨に合わせたプロファイルを作成するぞ!
「配信先」タブには「Pocket PC」という配信先(エンコードプロファイル)があるが、もちろん今回これは無視することとする。
まずは、DIGAの各モードで出力されるファイルの詳細を調べてみた。

モードサイズVIDEOAUDIOfps
スーパーファイン320×240MPEG4/954kbpsG.726/8.00kHz/4bit/32kbps15fps
ファイン320×240MPEG4/387kbpsG.726/8.00kHz/4bit/32kbps12fps
ノーマル176×144MPEG4/215kbpsG.726/8.00kHz/4bit/32kbps12fps
エコノミー176×144MPEG4/65.2kbpsG.726/8.00kHz/4bit/32kbps6fps

 もちろん「DIGA」が吐き出してくれるMPEG4を超えるパラメータを設定してもしょうがない(再エンコードでもともとの画質よりもよくなることはないのは、ダビングしたカセットテープが元のものよりも音がよいことがないのと同じ!)ので、そのあたりも考慮しつつ下記のようなパラメータのプロファイルを作成、エンコードしてみることとしよう。

- エコノミーモードを再エンコード
サイズ :(ビデオ入力と同じ)
VIDEO :Windows Media v8 / 60kbps
AUDIO :Windows Media Audio v9 22kHz / 32kbps / stereo
12fps

VIDEO CODECは「Windows Media Video v8」に!
v9だと再生できないぞ!

「キーフレーム」やビデオの「滑らかさ」は
素材によって変更した方がよいかも。

同様に、エコノミーモード、ファインモード、スーパーファインモード用の代替プロファイルを作成。ポイントは、画角(サイズ)とfpsを元ファイルとそろえること、そして帯域(bps値)に関しては、どうやらWindows MediaのCODECはオーバーヘッドが若干上乗せされるようなので、最終的なファイルサイズを元ファイルと同じくらいにするためには、細かな値まで設定できるビデオのbps値を1〜2割ほど減らしておくのがよいだろう。オーディオの品質は非常に迷うところであるのだが、今回はファイルサイズの問題もあるので、とりあえず同程度の帯域を確保しておいてやろう。ということで、32kbpsを選択。
(ただし一般論として「原音を再現」するには、もとを一回り上回る帯域が必要だ。)

 #いい機会なので、簡単に動画基本用語の解説をしておこう。
 ・bps: bit per secondの略。1秒の映像・音声を圧縮するのに割くデータ量だ。
 ・fps: frame per second、「1秒間あたりのコマ数」といったところ。

プロファイルを作成したら、「エクスポート」機能でプロファイルを保存しておくと便利なのは言うまでも無い。次回からインポートするだけで今設定した内容が読み込めるようになるので、常用する際には必須といえよう。

 プロファイル設定が終わったら準備は完了!エンコードを開始しよう!

「エンコード開始」ボタンをクリックだ。

ちなみに、一度「DIGA」からのMPEG4ファイル(asfファイル)をWindows Media エンコーダを動かすPC上で再生、G.364コーデックのインストールをしておかないとこのようなエラーがでるので注意! 逆にこのようなエラーがでても心配することは無く、Windows Media Playerでの初回再生時にはCodecをインターネットから自動ダウンロードしてくれるのでご安心を。

CODECエラーに遭遇。

自動ダウンロード機能で回避。

■ 気になる再生品質は...

 今回は20秒程度の素材をエンコードしてみたのだが、案の定エンコード時間は一瞬。(1〜2秒程度:Windows XP(SP1) / Pentium4 2.4(B)GHz / Memory 1GBのマシンで作業)  とりあえず今回文頭で考えた「言い訳」も立ちそうで、ホッと一安心。
 さぁ、次は完成したwmvファイルをいよいよWindows CE / Pocket PC端末で再生してみよう。諸般の事情により具体的な画面をご紹介できないのが残念なのだが、筆者の感想を箇条書きでまとめてみたので、参考にしてほしい。ちなみに、メインの検証端末としてはNTT DoCoMo製、シグマリオンIIIを利用した。

- 再エンコードに伴う画質劣化はほとんど感じない。もともとが「そこそこ」の画質なので、ここでストイックに画質を追求することも無いだろうというのが、筆者の見解だ。

- 音に関してはもともとのファイルの音質のせいだろうか、どうしても「シャリシャリ」しており、人の会話はまだしも音楽の視聴は厳しいかも

- 「全画面表示」モードにすると、必ずコマ落ちが数度発生する。これはもしかするとシグマリオンの大きなスクリーンが悪さをしているせいかも。ちなみに、Genio e350では全画面でもスムーズな再生が可能(Pocket PC 2003のパフォーマンスがよいのか?!)。

- 「拡大再生」もまたしかり、コマ落ちが散見される。原則「デフォルトのサイズで」の視聴となりそうだ。

- ということで、ファイルサイズとのバランスを考えると、fineモードが十分に視聴に耐る画質でよいかも。256MBのSDカードなら90分くらいは入りそうだし、320x240というサイズなら十分視聴に耐える。


■ まだまだネタはいっぱい

 さて、ひとまず無事に「DIGA」が吐き出したMPEG4ファイルをWindows CE / Pocket PC端末で再生することに成功はしたのだが、改めて冷静に考えると、いちいちこんな面倒な作業をしてられない、というツッコミもあるだろうし、それも尤もだと恥ずかしながら筆者も思う。身勝手ながらやはり標準状態のWindows Media Playerで再生できるような形式でリアルタイムにSDカードに録画をしてくれるようなHDD/DVDレコーダ端末が出てくることを望みたいところ(東芝さんあたりに、Genioと連携が可能な「RDシリーズ」というのを期待したいところだが…)ではある。
 が、また一方で視野を広く持てば「モバイルビデオ」という切り口でやれることはいっぱいあって、それこそPCとTVチューナ/ビデオキャプチャカードを活用すれば、理想の録画+ファイル書き出しマシンも作れちゃいそうだし、またファイル形式だって別にWindows Mediaにこだわることなくて、画質やファイルサイズという点でもっと「詰めていく」部分は山ほどある。

、Windows CE / Pocket PCという縛りにとらわれずに世の動きをみると、こんなものも出てくるなど、モバイルビデオという分野は今最もホットな部分で、これからもどんどん盛り上がっていく分野であるといっても過言ではないだろう。

今後も随時「モバイルビデオネタ」は取り上げていこうとおもうのでご期待を!



Pocket PC/Windows CEマシンで快適モバイルビデオ生活を! 〜第2回


Reported by きとぷん


Last-modified: Sun, 24 May 2009 23:45:30 JST (3101d)