写真で見る HP「iPAQ Pocket PC h2210」その1

このページをDeliciousに追加 このページをはてなブックマークに追加 このページをYahoo!ブックマークに追加

2003年9月24日(水)版

写真で見る HP「iPAQ Pocket PC h2210」その1

2スロット搭載機として最小・最軽量

←スペック表へ↑↑iPAQ h2210一覧↑↑→写真その2へ

■はじめに

iPAQシリーズとして初の2スロット搭載機であり、2スロット搭載機の中では最小・最軽量を実現した「iPAQ Pocket PC h2210」。本体デザインも従来機から一新され、ハードウェア的にも異なる部分が多い。幸い実機をお借りすることができたので、写真と一緒に細かい部分を解説していこう。

■筐体

筐体は従来のiPAQデザインから一新された。従来は直線と曲線を織り交ぜた近未来的なデザインだったが、今回は全体がやや丸みを帯びた形状になっており、若干女性的なデザインになった。旧デザインも賛否両論だったが、h2210のデザインも好みが別れるように思われる。筐体の質感は、従来の金属感あふれるものとは異なり、プラスチック的な軽さを感じさせる。人によっては、質感が落ちたと感じられるかもしれない。

筐体側面の黒い部分は軟質のプラスチックで、片手でホールドした際に滑りにくくするようになっている。東芝Genio eシリーズのサイドパネルのように取り外すこともできるが、特に交換用の色違いパネルのような部品は存在していない。

筐体を手に取って強く感じるのは、やはり「小さい、軽い」という印象だ。1スロットのh1937に比べると間違いなく厚いものの、他のPocketPCと比べてダントツに小柄になっている。また、重心が筐体下部にあるせいか、手に取ったときの体感的な軽さも抜群だ。実際h1937から20gしか重くなっていないわけで、h3900シリーズなど旧機種と比べると圧倒的な軽さを感じる。
ちなみに、h1900シリーズで一部ユーザーに好評だったストラップホールは、h2210では装備されていない。

h2210。これまでの筐体よりも「iPAQらしさ」は薄れてしまったが、アクも弱まったように感じられる
左からH3660、h2210、h1937。H3660との大きさの違いは歴然だが、h1937とはそこまで差があるわけではない

筐体裏面。スピーカーは今回筐体背面に搭載された。左下に見えるのがリセットボタン
バッテリのフタはこのように取り外してバッテリを交換することになる。引き出しテープがついているので、バッテリの取り外しは簡単だ

筐体下部。クレードルやシンクケーブル用のポートがあるだけで、いたってシンプル
プラスチック製スタイラス。太さも長さも取り立てて特徴が無く、可もなく不可もないといった印象

■ボタン

ボタンは、中央の方向キー(押し込みで決定ボタンになる)と、左右対称に配置されたアプリケーションボタン4つの合計5つだ。従来存在した録音ボタンは削除されている。アプリケーションボタンは小さめで、筐体面とボタントップとの差もほとんど無いため操作性はそれほど良くない。通常使用のレベルでは問題ないだろうが、ゲームなどボタンを酷使する用途ではやや辛いように思われる。方向キーは従来に比べてかなり柔らかめになっており、固めだったh1937に比べて扱いやすい。柔らかくなったために押し込みの決定機能が誤動作することがあったものの、慣れで解決できるレベルだろう。

方向キー周辺は、つや出しシルバーのメタリックになっている。一見指紋が付いて気になるような気がするが、実際に使ってみたところ、表面処理のおかげか、特に汚れが目立つようなことはなかった。

筐体側面にはボタンがないので、コレで全部。方向キーは柔らかめだがアプリケーションボタン4つは小さく固めだ

■液晶

液晶は他のiPAQシリーズ同様、屋外でも屋内でも十分な視認性を得ることができる半透過型TFT液晶を搭載している。液晶の色味はh3970に比べると若干青みがかっているが、比較的自然な発色になっている。バックライトの最大輝度はh3970よりもやや暗めだ。ちなみに、従来機種(h1900シリーズを除く)で採用されていた、光センサーによる輝度調節機能は搭載されていない。輝度調節自体は60段階に渡って行える。

なお、筆者が試した限りでは、他のiPAQに比べてわずかにタッチパネルの感度が悪いように感じられた。筆者の筆圧がかなり弱くタッチが軽いためだと思われるが、h1937やh3970で問題ないにもかかわらず、h2210では若干のタッチ取りこぼしが見受けられた。もっともその差はわずかであり、決定キーの操作同様慣れで解決可能なレベルだ。

jornada 568で好評だったフリップカバーのような液晶保護機構は、今回も特に搭載されなかった。本体がスリムでポケットにそのまま入れられるようなデザインになっているだけに、スマートに液晶だけを保護できるカバーがあると便利なように思われるが、次回以降に期待したいところだ。



写真で見る HP「iPAQ Pocket PC h2210」その1

Reported by square


Last-modified: Sun, 24 May 2009 23:45:30 JST (3122d)