写真で見る HP「iPAQ Pocket PC h2210」その2

このページをDeliciousに追加 このページをはてなブックマークに追加 このページをYahoo!ブックマークに追加

2003年9月24日(水)版

写真で見る HP「iPAQ Pocket PC h2210」その2

2スロット搭載機として最小・最軽量

←写真その1へ↑↑iPAQ h2210一覧↑↑ 

■カードスロット

拡張の要となるカードスロットは、SD/MMCスロット・CFスロットをそれぞれ一つずつ搭載している。SDスロットはh1937同様SDIOに対応しているため、SD型Air H"端末やBluetoothカード等を利用することもできる。ただ、CFスロットが内蔵されているため、多くのユーザーはSDスロットをメモリカードに回し、CFスロットで各種通信手段を利用するのではないかと思う。カードスロットは二つとも筐体上部に搭載されているが、小型化のためかスロットの間隔がかなり小さめになっている。Air H"やGPSカードなど大きめのエクステンションがあるCFカードを挿入した場合、CFカードを抜かないとSDカードが抜き差しできなくなる可能性があるので注意が必要だ。
なお、従来のiPAQシリーズと異なり、カードを挿入すると電源が入るようになっている。

筐体上部。若干見にくいが、黒い部分にSD/CFスロットが搭載されている。CFスロットはダミーカード式だが、SDカードは特に保護機構があるわけではない。ヘッドフォンジャックは通常のステレオミニジャックだ
このように、エクステンションの大きなカードを挿した場合にはSDカードが抜き差しできなくなってしまうことも

■バッテリ

バッテリは内蔵の900mAhタイプになっている。他のiPAQシリーズ同様、ユーザーが自分で交換できるようになっているため、バッテリの持ちが不安な場合はオプションとして購入しておこう。もっとも、h2210自体のバッテリ駆動時間はかなり長めだ。液晶非表示状態でSDカードメモリ内のMP3を連続再生(WMP使用)してみたところ、再生不可能になるまで499分駆動可能だった(同条件でh3970では470分、Genio e550Gでは407分、museaでは361分)。液晶輝度最小でAir H"128Kを利用し、連続通信した場合でも380分駆動できた。バッテリ駆動時間に関してはPocketPCの中でも最も優れた部類に入るだろう。

■プロセッサ

CPUにはIntel PXA255プロセッサ 400MHzを搭載している。このプロセッサは現行のPocketPCに搭載されているものとしては最速であり、Xscaleに最適化されたPocketPC 2003が搭載されていることもあって、体感でストレスを感じることはほとんどない。Xscaleに最適化されたPocketPC 2003の底力が見えてきた印象だ。ただし、通常の操作における体感速度に関しては、h1937と比べても有意な差が感じられる場面は少ない。もともとh1937が十分に速いせいかもしれないが、その点はやや残念。もちろん、従来のPocketPC 2002デバイスに比べれば圧倒的に快適だ。

なお、公式にはサポート外だが、海外ではCPUをオーバークロック設定するソフトが公開されている。個体差があるので一概には言えないものの、多くの個体は470MHz程度での常用が可能なようだ。動画やゲームなど、処理速度がいくらあっても足りないような用途に使用する場合は、これらのソフトでオーバークロックしてみるのも一つの手だ。オーバークロック自体保証外の行為であり、フリーズによるメモリ内容の損失やハードウェア的な故障を引き起こす原因にもなるので、その点には十分注意してほしい。


■クレードル

USBシンクケーブルが添付されたh1937とは異なり、h2210では従来通りのUSBクレードルが付属する。ACアダプタを接続することで、PCと同期させながら充電を行うことができるのも従来と同じだ。これまでと大きく違うのは、h1937用の別売クレードルでも既に実現されていたように、クレードルで本体以外にバッテリ単体の充電が行えること。バッテリが交換可能になっているので、使い切ってしまったバッテリを換装し、単体で充電するといった際に便利になるだろう。この機能を実現しているPocketPCは今のところ他になく、バッテリ回りの利便性を重視するならば注目したい部分だ。

USBクレードル・チャージャ。シンプルな形状だが、比較的奥行きがある。クレードル背面にACアダプタを接続することで、同期しながら充電を行うことが可能に
このようにバッテリ単体での充電も行える。この状態でさらに本体を同時に充電することもできる

■ケース

今回付属するケースは、キャンバス素地に近い手触りのスリップケースだ。本体を完全に収納してしまうため、使うときにはいちいち出し入れする必要がある。ケース自体は側面と上面をカバーしないため、ヘッドフォンや通信カードなどを挿しっぱなしで収納しても問題はない。とりあえず最低限の本体保護を行うという意味ではいいかもしれないが、幸いh2210用にはアルミ製ハードケースや本革製フリップケースなど多数のケースが市販されているため、店舗で購入するなり個人輸入するなりで入手した方が良いかもしれない。

標準で添付されるスリップケース。カバー自体は固めの素材でできているので、保護効果はそれなりにあると思われる
ケース装着状態。このように筐体上部へのアクセスが可能だ



写真で見る HP「iPAQ Pocket PC h2210」その2

Reported by square


Last-modified: Sun, 24 May 2009 23:45:30 JST (3101d)