500円玉サイズで、500MB記録可能な DataPlay

このページをDeliciousに追加 このページをはてなブックマークに追加 このページをYahoo!ブックマークに追加

2001年3月5日(月)版

500円玉サイズで、500MB記録可能な DataPlay

【CES2001特集】 新記録媒体「DataPlay」がやってくる

  次へ →

DataPlay社のロゴ

■ ポストFD/CDを狙う -- DataPlay って何?

 2001年春、--- 遅くとも秋。
 新記録媒体「DataPlay」がやってくる。

 デジタル機器向けの記録媒体といった場合に、1.44MB FD の時代でないことは明らかだ。そのポスト FD の地位を狙うメディアは、ソニーのメモリスティック、松下電器の SDメモリをはじめ、数多く存在し、「これで決まり!」というメディアは登場していない。
 理由はいくつかあるだろう。しかし、その中でも大きいのは、価格の問題だ。FD がもっとも重要な存在だった時期で、1枚 100円 〜 200円。今では、30円もしない。これに対して、ビット単価こそ違うが、8MB 品が一枚 3,000円〜というメモリカードは高価な存在だ。少なくとも、何かデータを記録して人にプレゼントする気にならない価格であることは間違いない。
 現在、データの交換メディアとして、もっとも普及し、かつ勢いもあるのは、実は CD-R である。約 650MB の記憶容量を持ち、1枚の価格はわずかに 50円から存在する。これなら、書き込みに失敗しても、コピーをミスしたくらいの痛手しかない。

 しかし、CD-R には、直径 12cm というメディアのサイズと、ドライブの消費電力が大きい、という大きな壁がある。少なくとも、PocketPC や、MP3 プレーヤーに CD サイズの媒体を採用すると言うのは現実的ではない。

■ DataPlay の特徴

 こうした混沌とした中にあって、本日紹介する「DataPlay」は、下記のような優れた特徴を持つメディアである。

  • 500円玉サイズと超小型のディスクを使用
  • 大容量 500MB 〜 250MB、両面で 500MB
  • 単価も安い 1,000円 〜 500円
  • ドライブも 1万円 (OEM価格) からと安価
  • DVD-R のような技術を応用 (しているらしい)

 また、

  • CD-R のように一度書き込んだら書き換えられない

メディアであることも覚えておきたい。

 価格については、当初、生ディスクで 250MB のものが $5、500MB のものが $10 程度で発売されるとのことだ。日本でもほぼ同価格帯での販売になるはずだ。

 似たようなメディアには、WindowsCE マシンなどでも利用可能な「Clik!」がある。こちらは、40MB の記録メディアで、1枚 1,000円弱の低価格で販売されている。容量が10倍以上ある、ただし、DataPlay は、CD-R のように一度記録したら書き換えることができない。このため、DataPlay の方が圧倒的に優れているかと言うと、必ずしもそういいきれない部分はある。

米国のコインと DataPlay コンパクトだ

■ ドライブもコンパクト

 DataPlay社のホームページには、DataPlay のドライブと、DataPlay ディスクを並べて比較した写真もある。いわゆるコンパクトな FD か HDD といった形状ながら、MD のヘッドなどに比べてもさらに小型になっている点に注目したい。CF や SD のメモリスロットに比較すると当然大きいが、モーターとヘッドを動かすアームの動作を組み込んでこのサイズというのは驚きだ。

コンパクトなドライブも特長

■ いつ登場する?

 次回紹介するように、すでに DataPaly は、日本法人である「日本データプレイ株式会社」を設立し、2001年4月頃からの発売を目指している。もっとも、CES2001 の展示会場で我々に話をしてくれた日本人担当者によると、一般向けに登場するのはもう少し先の 2001年秋くらいになる可能性もあるという。
 3月上旬の今の時点で、大掛かりなマーケティングは開始されていないようであり、本格的な登場は、実際、秋くらいになる可能性もある。

 次回は、世界のこの「DataPlay」への注目度を明らかにしたい。



500円玉サイズで、500MB記録可能な DataPlay


Reported by けいたん


Last-modified: Sun, 24 May 2009 23:45:30 JST (3771d)