写真で見る東芝「GENIO e400」その2

このページをDeliciousに追加 このページをはてなブックマークに追加 このページをYahoo!ブックマークに追加

2003年11月23日(日)版

写真で見る東芝「GENIO e400」その2

最新スタイリッシュマシン、e400に迫る!

←写真その1へ 性能チェックへ→

■カードスロット

スリムな筐体デザインのため、拡張スロットは筐体上部にあるSDカードスロット一つのみとなっている。ちなみに、このスロットはSDIOに対応しており、外部メモリ以外にも、通信カードなどが使用可能だ。また、最新規格の“SDIO Now!”にも対応している(現時点では対応機器が発売されていない)。なお、保護機構は特に用意されておらず、ダミーカードを取り外して使用することになる。

日本HPの「iPAQ h2210」が、同価格帯でCF Type IIとSD/MMCの2スロットをすでに実現していることを考えると、拡張性に関してはやや見劣りする(重量も、h2210がわずかに7g重いだけだ)。しかし、データ保存を96MB(RAM64MB+Flash ROM DISK32MB)という豊富な本体内部の記憶領域に任せると割り切れば、SDスロットを通信に使うことで、あまり不都合を感じることはないだろう。

筐体背面上部。SDスロットやヘッドフォン端子の部分がふくらんだ状態になっていることからも、筐体の薄さが分かる

■クレードル

別売りのクレードル(PACRD002)は、底辺部分がブルーに光るというしゃれたギミックを採用している。こうしたギミックを取り入れたからではないだろうが、クレードルは意外なほど大きく、重量感がある。もちろん、これはクレードルを安定させるための仕様だとは思われるが、やや気になった。

ちなみに、製品にはUSBシンクケーブルとACアダプターが同梱されているのだが、このACアダプターもかなり大きく、筐体と一緒に持ち歩く気にはならない。先のクレードルの件もそうだが、筐体が非常に薄く“スタイリッシュ”なイメージの製品であるだけに、もう少しこのあたりには気を使ってほしかった。クレードルの色をシルバーにするだけでも、かなりイメージは変わると思うのだが。

クレードルには、USB端子とは別にシリアル端子が付いているのだが、実際にはe400でシリアル端子を利用したシンクロをすることはできない
後部には、筐体を支えるためのプレートを挿す部分が2ヵ所ある。ちなみに、後部にUSB接続のキーボードを差し込むことで、キーボードの利用が可能になる

■その他筐体関係

最後に、前回の紹介記事では触れていなかった部分、また触れていて新たに気になった部分を写真と共に記しておくので、購入を考えている方は参考にしてほしい。

スタイラスは、最近よく見かける伸縮式のもので、グリップ感はなかなかよい。また、本体にかなりカッチリと収納されるため、少々乱暴に扱ったくらいで外れてしまうことはないだろう
赤外線ポートはこの位置。写真を見ると分かるように、筐体左側面の最下部にある。あまり使わない機能ではあるが、ホールドした状態では親指の付け根ですっぽりと隠れてしまうのが気になる



写真で見る東芝「GENIO e400」その2

Reported by タカシゲ


Last-modified: Sun, 24 May 2009 23:45:30 JST (3105d)