届きました、PSX! まずは簡易版レポートをお届け!

このページをDeliciousに追加 このページをはてなブックマークに追加 このページをYahoo!ブックマークに追加

2003年12月15日(月)版

届きました、PSX! まずは簡易版レポートをお届け!

冬ボーナス戦線の台風の目


Webmaster日記でもお伝えしている通り、筆者は真っ先にPSXを予約していたわけだが、そのPSXが去る12月13日午前11:00、無事に届いたぞ! 早速、幸せのおすそわけではないが、簡易版レポートをお届けしようと思う。

 まずPSXに関してはもはや説明不要かと思うが、念のため簡単に説明しておくと、プレイステーション2(以下PS2)のエンジンを利用した、書き換え型DVD/HDD搭載のソニー製ハイブリッドレコーダのことである。なんといってもPS2のエンジンを利用しているというところがポイントで、勿論PS2のゲームもできるし、PSXに搭載しているHDDやEthernetポートはゲーム機能部からも利用できる。
 #とはいっても「PlayStation2 BBunit」とは完全互換というわけではなさそうなのだが...とりあえずの利用には問題なさそうだ。

まずは開梱。発泡スチロールに収まったPSXとご対面。てっきりソニーは発泡スチロール梱包を全廃止したものかと思っていたのだが(最近は環境問題もあって、この手の梱包はペーパークラフトが流行)、どうやら勝手な思い込みだったようだ。

意外とすっきりした同梱物。マニュアルはもっとごっついのがくるものかと思いきや、意外なほど薄い。PSXの機能の豊富さからすると、総ページ数110ページ程度のマニュアルが1冊というのはちょっと驚きだ。ちなみにマニュアルによるとPSXは「ハードディスク搭載DVDレコーダー」だ、そう。他に同梱物はリモコン、電源コード、映像・音声コード、アンテナ用同軸ケーブル、といったところで、PS2用のコントローラーは別売りとなる。

とりあえず、置き場に困ったので椅子の上において眺めてみる。非常に美しいデザインで、ここらへんはさすがソニーといったところ。安っぽさは皆無、かといって妙な重厚感もなくいい感じのカジュアルさも兼ね備えている。筆者的にはデザインには大満足だ。

サイズの比較、ということでX-BOXと並べてみた。だいたい同じようなサイズだが、重さはPSXの方がかなりずっしりとしている。

本来裏のコネクタ端子はこんな感じ。左から、電源、Ethernet(電話線をさすなというシールが貼ってある)、デジタル音声光出力(角型)、D1/D2端子、AUDIO INとOUT、VIDEO INとOUT、S VIDEO OUT、VHF/UHF IN、BS-IF IN、そしてPS2コントローラ用端子が並ぶ。写真の通り、ちょっと奥まったところに各端子があるわけだが、これは縦置きしたときに接続部とケーブルに「あそび」ができるようにするため。なかなかニクい心遣いだ。

 なんとも情けないことに、筆者の自宅はすでにTV用アンテナ端子を使い果たしてしまっており、実はまだ全然PSXを使えていないというオソマツな状況だ。(アンテナ分配器買わないと...) おまけに悲しいかな、PSXの物理的な置き場も決まらず、とりあえず椅子の上においてあるといった状況でニントモカントモなわけだが、改めてしっかりセットアップの上使ってみて、またレポートをお届けしようと思う。

ちなみに、筆者自宅最寄駅の駅ビル内の某家電量販店では13日夕方時点で店頭在庫がまだ幾つかあるようであった。もともとソニーも「十分な数量を用意する」と言っており、聞くところによるとそれなりの数は市場にも流通しているようなので、まだまだ年内にも入手のチャンスはあるかもしれないぞ!?



Reported by きとぷん


Last-modified: Sun, 24 May 2009 23:45:30 JST (2588d)