PocketPCでVGA表示を可能にする 「JS Landscape X 3.0」

このページをDeliciousに追加 このページをはてなブックマークに追加 このページをYahoo!ブックマークに追加

2004年1月27日(火)版

PocketPCでVGA表示を可能にする 「JS Landscape X 3.0」

表示領域を広げ作業効率をアップ!

 ↑↑記事一覧へ↑↑ 

ソフト購入 ソフトウェアライブラリ
詳細情報 デモ版
Download
TOP
新着順

■一度に多くの情報を表示する

 皆さんはPocketPCのディスプレイの解像度をご存知だろうか?解像度とは画面の縦横にどれだけのドット(点)を表示できるかを示しているのだが、その数値が大きいほどより鮮明な表現が可能になる。

こちらが推奨サイズの360×480なのだが、
かなりの情報を一度に表示できるようになる。
PocketPCの画面でQVGAはもったいない。
解像度を上げて効率的に使おう!

 つまり、解像度が高ければ一画面により多くの情報を表示することができるため、インターネットやメール、表計算ソフトなど多くのデータを扱うソフトでより効率的に作業ができるのだ。ならば、PocketPCの画面も、一昔前のノートPCくらいの解像度があればより便利になるのでは?と思った方もいるかもしれないが、そこには技術的な問題やコストの面で当面は無理だろう。

 さて、冒頭で投げかけたPocketPCのディスプレイの解像度だが、実はQVGA(240×320)という今となっては少し物足りない数字で収まってしまっている。かなり前になるが、2002年12月にJフォン(現ボーダフォン)より“ケータイ初QVGA液晶搭載”というキャッチコピーの下「J-T08」という端末が発売された。そのニュースを聞き、PocketPCユーザーの多くは少なからず衝撃を受けたことだろう(もちろん筆者もその一人)。それからは、ほとんどのケータイにQVGA液晶が搭載されるようになり、そろそろPocketPCのディスプレイも次の段階へと進むかなと期待していたが、QVGAのままついに2004年を迎えてしまった。

 そんな悩めるPocketPCユーザーにおすすめするソフトが「JS Landscape X 3.0」だ。JS Landscape X 3.0は、PocketPCの画面を横画面モードへ切替えたり、VGA(480×640)などの高解像度を可能にするソフト。ソフトウェアで擬似的に解像度を増やしているためあまり大きくすると文字がつぶれて見づらくなってしまうのは否めないが、360×480くらいの解像度だとかなり実用的だ。JS Landscape X 3.0を使って高解像度のPocketPCを先取りしてみてはいかがだろうか。

ちなみに、JS Landscape X 3.0で設定可能な画面解像度は以下の通り。

 ・240×320 / 320×240
 ・360×480 / 480×360
 ・480×640 / 640×480(VGA)
 ・600×800 / 800×600(SVGA)
 ・768×1024 / 1024×768(XGA)
 ・任意の解像度(最大1024×1024まで)
 ・任意の画面方向(通常、横長(左が上、右が上)、180°回転

■インストールしてみよう!

 それでは、早速「JS Landscape X 3.0」をインストールしてみよう。ただ、本ソフトはハードウェアを直接操作しているソフトウェアのため、対象機種以外へインストールするとハードリセット(出荷時状態へ初期化)しなければ利用できない場合があるので注意が必要だ。そのため、まずはこちらのページで対応機種を確認し、お手持ちの機種が対応機種に該当していれば上記ダウンロードリンクよりデモ版をダウンロードしよう。

 次に、PocketPCと母艦PCをActiveSyncで接続後、先ほどダウンロードしたファイルを実行し、インストーラーの指示に従うことでインストールは完了する。

※Pocket PC 2003については現在未対応。対応版を製作中とのことなのでもう少々の辛抱だ。

インストールは非常に簡単。ダウンロードしたファイルを実行しインストーラーの指示に従おう

■PocketPCをVGA表示にしてみる

 インストールが完了すると、早速解像度の設定画面が表示される。解像度を設定するには「Resolution」と書かれたドロップダウンリストより希望の解像度を選択し「OK」をタップしよう。

 まずは、VGA表示を試してみることにしたので、480×640を選択し「OK」をタップした。すると、「リセットが必要です」と表示されたので「OK」をもう一度タップしたところ自動的にソフトリセットがかかった。

解像度の設定は非常に簡単。ドロップダウンリストより希望の解像度を選択しよう
OKをタップすることで自動的にソフトリセットがかかる。次にこの画面を表示させたくなければチェックを入れよう

■かなりの大画面。しかし描画にもたつきが。。

 リセットがかかった後、起動したPocketPCの画面にはVGAの領域にToday画面が申し訳程度に表示された。解像度が倍になったため縦・横がそれぞれデフォルトの半分になるのは分かるのだが、これが思っていた以上に小さく表示される。

 そこで、Pocket Internet Explorerを使いWindowsCE FANのトップページを表示したところ、一画面にかなりの情報を表示させることができた。ただ、通常の4倍の情報を処理するためか動作が非常に重く、また表示が細かいため目的のところをタップするのが困難で、なにより目が疲れてしまった。やはり、360×480くらいの解像度が操作性・視認性共にちょうどいいだろう。

かなり小さくToday画面が表示される。思った以上の表示領域に期待も膨らむが。。
VGA表示でPIEを使ってみたが動作がかなり重くなってしまった。しかも、1/4のサイズのディスプレイを長時間見るのは目に厳しい

■横画面への切り替え・ズームがより簡単に

 以前のバージョンのJS Landscapeでは、縦画面から横画面へ切り替える際も解像度の変更同様ソフトリセットが必要だった。しかし、本バージョンからはワンタップでの切り替えができるようになった。

 画面の方向を変えるには、解像度の変更後表示されるコントロールボックスの左右の矢印マークをタップすることで可能だ。また、画面のズームや設定画面の呼び出しもこのコントロールボックスから行えるようになり操作性が格段にアップしたぞ。

横画面への切り替えがワンタップでできるため、状況にあった画面に瞬時に切り替えることができる
コントロールボックスには画面の切り替えに加えズームなどの機能も搭載されている。ズーム後の画面の移動にも使えるぞ



PocketPCでVGA表示を可能にする 「JS Landscape X 3.0」

Reported by カツヤ


Last-modified: Sun, 24 May 2009 23:45:30 JST (3100d)