相棒KITTに指示を出す! Pocket PCを使ってナイトライダー気分を満喫

このページをDeliciousに追加 このページをはてなブックマークに追加 このページをYahoo!ブックマークに追加

2004年1月20日(火)版

相棒KITTに指示を出す! Pocket PCを使ってナイトライダー気分を満喫

Pocket PC こう使っています!

←前へ↑↑あなたの使い方大募集↑↑次へ→

■ナイトライダーごっこシステム

外観だけでなく本格的な会話機能も搭載!
塗装のお金がないのでボディは白ですが(^_^;
名前:KOM
年齢:35歳
性別:男
使っている機種:HP iPAQ h2210
よく使うソフトウェア:ドキュメントトーカ、ナイトライダーごっこシステムPocketPC版(自作)
使っている周辺機器:CF型無線LANアダプタ アイオーデータ WN-B11/CFL、無線LAN変換装置 NEC WL54TE、リレー制御装置 共立電子製 RBIO-3E
PDA歴:10年

 20年前のアメリカTV番組「ナイトライダー」を覚えていますか?
主人公とその相棒KNIGHT2000(人工知能により自分で考え、自立走行もできる車。通称KITT)が悪と戦うストーリーです。

 私は、そのKNIGHT2000のレプリカを作成しています。今回、Pocket PCを利用して「ナイトライダーの物真似ごっこ」をするシステムを追加しました。そのシステムの概要は、次の通りです。

★機能
・会話機能
 Pocket PCに話しかけると、KITTの声で返事をする。
 注:人工知能ではない(セリフに1対1で対応するwavファイルを再生する)
・リモコン機能
 Pocket PCに話しかけて、ヘッドライトON/OFFや窓の開閉ができる。
 無線LANにより、車両からかなり離れても操作可能。

★機器構成
 [PocketPC]+[無線LANカード] ←無線→ [無線LAN変換装置]+[リレー制御装置]+[KNIGHT2000]

・リレー制御装置
 LAN接続した親機(この場合Pocket PC)からの指令で、リレーをON/OFFする。
 リレーは車両のヘッドライトやパワーウィンドウのスイッチに接続してあるので、結果的にそれらが動作する。
・無線LAN変換装置
 LANケーブルを無線LANにする装置。
・会話とリレー制御を行うソフトウェア(自作)
 話しかけたセリフと、あらかじめ文字列で書き込んであるセリフが一致すると、それに対応したKITTの声(TVから録音したwavファイル)を再生する。「窓を開けろ」等のセリフの場合は、リレー制御装置への指令も出す。
 音声認識エンジンはWindowsCE FANで紹介されたクリエイトシステム社の「ドキュメントトーカ」を使用。

私の指示で様々な部分の遠隔操作が可能。
ターボジャンプはできないですが。。
★使い方
 Pocket PCを胸ポケットに入れておきます。コンビニから出てきながら
  私 「窓を開けろ」
  KITT「了解」(ウィーン)←窓が開く音
  私 「ジュースでも飲むか?」
  KITT「私にはシリコンチップや一滴のガソリンの方が魅力です」
  私 「出発するぞ」
  KITT「さて、どちらに参りましょう?」(ガシャ)←ヘッドライトが上がる音

 現在、スキャナー(左右に動く赤いライトの事)、ヘッドライト、ワイパー、ボンネット、パワーウィンドウ、トランク(開のみ)を音声で操作できます(使用時の動画はこちら)。自立走行で裏口に回ったり、ターボジャンプはできません。また、発光ダイオードとボタンだらけの(1980年代から見た)未来的ダッシュボードはこれから作ります。



相棒KITTに指示を出す! Pocket PCを使ってナイトライダー気分を満喫

Reported by WindowsCE FAN Staff


Last-modified: Sun, 24 May 2009 23:45:30 JST (2557d)