CASSIOPEIAブランドの多機能メーラー 「Mobile E-mailer for E-2000」 - その3

このページをDeliciousに追加 このページをはてなブックマークに追加 このページをYahoo!ブックマークに追加

2004年3月1日(月)版

CASSIOPEIAブランドの多機能メーラー 「Mobile E-mailer for E-2000」 - その3

新着メールをポップアップでお知らせ!

←その2へ その4へ→

ソフト購入 ソフトウェアライブラリ
詳細情報 デモ版
Download
TOP
新着順

■プログラムから直接メールを受信できる

 アカウントの追加が完了したら、いよいよメールの送受信が可能になる。メールを送受信するには一覧画面の接続ボタン(複数のアカウントがある場合、受信したいアカウントをメニューのサービスより事前に選択しておく)をタップしよう。

 また、「メールの送受信」は独立したアプリケーションとしてプログラムに登録してあるので、Mobile E-mailerを起動していない場合 スタートメニュー -> プログラム -> メール送受信 をタップし希望のサービスを選択後「接続」をタップすることでメールの送受信を行うことができる。さらに、それをハードウェアボタンに割り当てればより便利に使うことが可能だ。

受信したいアカウントを選択後、「接続」ボタンをタップしメールを受信しよう
ソフトを起動しなくても、プログラムの一覧から直接メールを送受信することもできる

 メールサーバーに接続が完了すると、受信していないメールを探す状態になる。サーバー内を探索し終わるとメールを受信しだすのだが、この状態になるまでにやや時間を要してしまう場合がある。もちろん、通信環境やPocketPCのスペックなどによって異なるのだが、一番の違いはプロバイダによるところが大きいようだ。3つのアカウントで試したところ、1つ目は5秒で、2つ目は15秒でメールの受信が始まったのだが、3つ目は1分程度時間が経過してようやくメールを受信し始めた。その3つ目のアカウントでは、メールを受信し始めてからメールサーバーにあった61件のメールを受信し終わるまでに2分ちょっと、すなわち全体で3分もの時間をメール受信に費やしてしまった。

 同じ条件で、標準の受信トレイを使いメールを受信してみたところ、61件のメール受信を40秒で済ませることができた。確かに、受信トレイはメッセージヘッダのみ(デフォルトでは本文の2KBまで)を受信するため、より短時間で作業を完了するにはアドバンテージがある。しかし、せっかくの高機能も受信速度が遅ければ魅力も半減してしまうため、普段使うプロバイダで一度試してみることをお勧めする。

5秒で受信が始まるものもあれば、1分待たされるものも。購入前に一度試してみよう
Mobile E-mailerはメールの全文を受信するため、受信トレイよりは受信に時間がかかる

■新着メールをポップアップでお知らせ

 最新のメールを読みたいと思ってから「メールの送受信」を行うと、通信環境が悪い場合数分待たされてしまうこともある。そこで、PocketPCで何か作業をするときなどバックグラウンドでMobile E-mailerを動作させておき、定期的にメールの送受信を行うようにすれば、思い立ったとき即座にメールを確認することができるぞ。

 自動受信の設定は、メニューのサービス -> サービス設定より設定したいアカウントを選択し、サービス(3)の設定画面で行うことが可能だ。「新着メールを次の時間間隔で確認する」にチェックを入れ、希望の時間を入力しよう。あとは、アカウントの追加の時と同じようにサービスを登録すれば設定完了となる。

 これで、他の作業をしているときに一定の時間間隔でメールの送受信を行ってくれ、新着メールが届くとポップアップで知らせてくれる。ただ、メールの受信中は全体的にPocketPCの動作が重くなるため、あまり頻繁な送受信は避けたほうが良いだろう。

自動受信を使えば、またされることなく最新のメールを読むことができるぞ
他の作業をしていても、メールが届くとポップアップでお知らせしてくれる

■シンプルで見やすい閲覧画面

 メールの受信が完了すると、メールの一覧画面が表示される。デフォルトでは差出人の昇順でメールが並んでいるのだが、普段日付順でソートしている筆者にとっては不便なので画面右下にある「並び替え」より「受信日時」を選択し日付順で並べ替えを行った。

 一覧画面には、差出人、件名、送信日時の3つの項目が表示され、それぞれの枠は固定されている。また、今日送信されたメールの送信日時の欄には送信時間が表示され、昨日以前に送信されたメールは送信日のみが表示される。PocketPCの限られた画面では表示できる情報も限られてくるのだが、この画面では必要最低限の情報が表示されているため不便な感じはしない。このあたりの作りは、伝統のソフトなだけあって良くできている。

 続いて、受信したメールを開いてみる。メールを開くには一覧画面より開きたいメールをダブルタップしよう。メールの閲覧画面では、画面上部1/3にヘッダ部が表示されその下に本文が表示される。このレイアウトもかなりシンプルで見やすい作りとなっており、さらに画面下のツールバーには返信やフォルダの移動などがワンタップでできるアイコンも用意されている。さらに、サービス名の右側のアイコンをタップすることで、ヘッダ部を簡略化し本文フィールドを広げることが可能だ。

 また、そのメールにファイルが添付されている場合、件名の右側にクリップのアイコンが表示され、そこをタップすることでファイルを確認することができる。PocketPCに対応するアプリケーションがインストールされていれば、そこからファイルをタップし開くことが可能だ。

必要な情報が揃ったシンプルな一覧画面。並び順の変更は簡単にできる
メールの閲覧画面も見やすく、返信などの操作もワンタップで可能だ


→その4 自動振り分け機能など便利な機能を紹介



CASSIOPEIAブランドの多機能メーラー 「Mobile E-mailer for E-2000」 - その3

Reported by カツヤ


Last-modified: Sun, 24 May 2009 23:45:30 JST (3675d)