CASSIOPEIAブランドの多機能メーラー 「Mobile E-mailer for E-2000」 - その5

このページをDeliciousに追加 このページをはてなブックマークに追加 このページをYahoo!ブックマークに追加

2004年3月3日(水)版

CASSIOPEIAブランドの多機能メーラー 「Mobile E-mailer for E-2000」 - その5

メールの送信も快適に!

←その4へ  

ソフト購入 ソフトウェアライブラリ
詳細情報 デモ版
Download
TOP
新着順

■送るときにも使い勝手の良さを発揮

 Mobile E-mailerは、自動振り分けやラベル付けなど、受信したメールを管理するのには申し分のない機能を備えている。では、メールの送信についてはどうだろうか。

 PocketPCでメーラーを使うシーンを考えてみると、外出時などノートPCの開けないような環境におけるちょっとした受信メールの確認などに使われることが多いと思う。しかし、受信したメールによってはその場ですぐに返信したり、また新規にメールを作成しなければならないこともある。そんな時、メールの作成や送信に使い勝手の悪い部分があると、たとえ受信の機能が優れていてもすぐに使われないソフトとしてPocketPCのメモリの中に埋もれてしまうだろう。だが、Mobile E-mailerは、メールを送るときも使い勝手の良さを感じ取ることができるため、PocketPCで使うメーラーとしてふさわしいソフトと言えるのだ。

 Mobile E-mailerで新規メールを作成するには、一覧画面からメニューにある「新規」をタップしよう。すると、メールの作成画面が表示されるので、まず「件名」の部分をタップし件名を入力する。次に、宛先やCcへ送り先のアドレスを入力するのだが、この入力画面の切り替えは先ほどの作成画面から選択するのではなく、タブで切り替えるように画面上部に表示されたそれぞれのボタンで行う。

 このタブによる切り替えがPocketPCの限られた画面を犠牲にすることなく広い入力エリアを確保し、余裕を持って入力することを可能にしている。そして、最後に「本文」をタップすると始めに表示された作成画面へと戻るので、本文を入力していこう。もし文字が見づらい場合は、メニューの 編集 -> 本文の文字の大きさ より好みのサイズを選択することもできる。

メールの新規作成画面も、PocketPCで使いやすいようにデザインされている
最後に本文を入力していく。文字サイズの変更や、入力エリアの変更も可能

■連絡先との連携が便利

 メールを作成する際必要な宛先は、入力エリアに直接入力する他にPocketPC標準の「連絡先」から選択することもできる。普段Outlookでアドレスを管理し、PocketPCと同期をとっている方にとってはこの「連絡先」が使えるかどうかが使い勝手の良し悪しを決める重要な要素となるだろう。

 連絡先のアドレスを参照するには、宛先やCcなどのアドレス入力画面で表示されている上部メニューバーの一番左のアイコンをタップしよう。すると、「連絡先から入力」と表示され数秒(登録されている件数による)で連絡先に登録されているアドレスが表示される。そこから希望のアドレスを選択し、タップ&ホールドで表示されるメニューや画面下部のメニューバーより宛先、Cc、Bccへ追加しよう。宛先やCcに追加されると、アドレスの右側に“宛先”などが表示される。送り先が決定したら「OK」をタップしよう。

 しかし、連絡先への登録件数が多い場合、一覧から探すのは少々面倒だ。そこで、便利な機能が「連絡先の検索」だ。検索方法は至って簡単で、まず宛先やCcなどの入力エリアにアドレスを検索したい相手の名前(最初の数文字でOK)を入力し、その名前をドラッグしたら先ほどと同じように連絡先アイコンをタップする。候補が複数ある場合は一覧が表示されるのでそこから選択し、また候補が一つの場合はアドレスが直接宛先に追加される。そのように操作が非常に手軽で、検索にかかる時間も連絡先の一覧を表示するよりも短いため、相手の名前が分かっている場合はこの機能を利用したほうが便利だ。

連絡先一覧より目的のアドレスを選択し、宛先ボタンをタップすることで宛先に追加される
相手の名前が分かる場合は、連絡先から検索されたアドレスがダイレクトに入力される

■署名や定型文で入力をサポート

 本文の最後に名前やメールアドレス、会社の名前や部署名などを記した署名を5つまで設定することが可能だ。仕事やプライベートなどで署名を使い分けている場合、複数の署名を設定できるのは非常に便利だ。

 署名の設定は、メールの一覧画面より ツール -> 署名設定 をタップし、表示された設定画面より行うことができる。また、メールに署名を加えるには、メール作成画面より 編集 -> 署名選択 より好みの署名を選択しよう。

 さらにMobile E-mailerは、よく使う文章を定型文として登録することができるため、メールの作成時間を短縮することが可能だ。定型文の登録は、メール作成画面より 編集 -> 定型メッセージ登録より行うことができる。あらかじめ、「お疲れ様です。」などメールでよく使う文章は登録されているため、あとは普段メールを書いていてよく出てくる文章を必要に応じて登録していけば良いだろう。また、複数のグループに分けて登録すうことも可能なので、使いやすくカスタマイズすることもできる。

 定型文をメールに貼り付けるにはには、メール作成画面のメニューバーに表示されている一番右のアイコンをタップし、希望のメッセージをタップするだけでOKだ。文字の入力が大変なPocketPCでは、かなりありがたく感じるぞ。

5つまで署名を作成することが可能。署名の使い分けができるため便利だ
よく使う文章は定型文として登録することで、文字入力にかかる時間を短縮できる

■メールを探す手間を省く

 1日に多くのメールを受信する方や、多くのフォルダでメールを管理する方にとって、目的のメールを探すことはとても骨の折れる作業だと思う。そんな時便利なのがメールの検索機能だ。Mobile E-mailerに搭載される検索機能は、検索条件やキーワードを指定することで選択中のアカウントから簡単に目的のメールを探し出すことができる。

 メールを検索するには、メール一覧画面のメニューバーに表示されている検索アイコンをタップし、以下の3つの項目を指定・入力し「検索」をタップすることで実行される。検索にかかる時間は数秒〜数十秒(件数によって異なる)といったところで、特に遅いとも早いとも感じなかった。

 1.「件名/差出人/宛先/Cc/本文/ラベル」が
 2.「(任意の文字列)」
 3.「を含む/を含まない/と一致する/と一致しない/で始まる/で終わる」

 この検索機能で特筆すべき部分として、“ラベル”を条件とした検索ができるということが挙げられる。ラベルは、メールの性質を一目で判断するためにする色分けなのだが、検索機能を使うことでその効果をさらに発揮することができる。例えば、“要返信”というラベルを付けたメールがあったとき、検索を使うことで返信しなければいけないメールだけを絞り込むことができるという訳だ。

 そのように、Mobile E-mailerにはユーザーが使い方を工夫することでどんどん便利になっていく機能がたくさん搭載されている。より詳しい使い方は同梱のマニュアル(PocketPC用ソフトでは異例の全98ページ)に掲載されているので、PocketPCで快適なメール生活を満喫しよう。

件名や差出人など、様々な条件でメールを検索することが可能
ラベルによる検索は、使い方次第でかなり便利に使うことができる



CASSIOPEIAブランドの多機能メーラー 「Mobile E-mailer for E-2000」 - その5

Reported by カツヤ


Last-modified: Sun, 24 May 2009 23:45:30 JST (3770d)