写真で見る Dell Axim X3 その2

このページをDeliciousに追加 このページをはてなブックマークに追加 このページをYahoo!ブックマークに追加

2004年3月12日(金)版

写真で見る Dell Axim X3 その2

無線 LAN モデルをついに入手! その魅力に迫る

←その1へ  

■筐体 その2

前回に引き続き、筐体を紹介していく。また、メーカーのご厚意により、無線 LAN 搭載モデル「Axim X3i」もお借りすることができたので、併せて紹介しよう。

Axim X3 のアプリケーションボタンが筐体下部に集中してることは前回お伝えした。唯一の例外がジョグダイヤル(正確には上下ボタンなのだが)で、これ以外にボタン類が一切ないため、非常に持ちやすい。インターフェース面に関しては、なかなか優秀な機種と言えるだろう。ただし、一般的な 3.5mm 径のヘッドホンジャックがジョグのすぐ上にあるため、ヘッドフォンを挿した状態でジョグを操作する時に、筐体のホールド位置をずらさなければならないことがあった。この点はもう少し練り込んでほしかった。

筐体上部は、SD カードスロット(SDIO NOW! 対応)と赤外線ポートという、ごくごく一般的な配置となっている。無線 LAN を搭載した Axim X3i の場合は、これに加えてアンテナが配置されているが、Axim X3 の場合は、やや寂しい印象だ。これだけのスペースがあれば、ストラップホールくらいは付けてほしかった気がする。

筐体の側面には、ジョグボタンと3.5mm径のヘッドホンジャックしか配置されていない。すっきりとしており、ホールド感、操作性をさらに高めている
本体上面。「Axim X3」と「Axim X3i」の比較。ほとんど同じであるが、Axim X3はちょっと淋しい印象だ

■スタイラス

Axim X3のスタイラスは、ストレートなスタンダードタイプではなく、握りの部分が押し潰したように平らになっている。平らな部分に指がフィットするため、非常に持ちやすく、操作性も至って良好だ。筐体がスクエアなだけに、ちょっと意外なデザインと言える。

薄く、平面的なスタイラスだ。スマートであるが、持ちやすい

■無線 LAN(Axim X3i)

無線 LAN を搭載したフルスペックの「Axim X3i」は、筐体のデザイン、サイズはこれまで紹介したAxim X3とほぼ同じだ。違いは無線 LAN のアンテナ部分の有無のみで、筐体上部に無線 LAN のアンテナが用意されている。無線 LAN は ON/OFF ボタンのみで切り替える仕様となっており、アクセス時には、青色のインジケーターが点滅する。

無線 LAN の設定は、同社のオリジナルユーティリティである「Dell WLAN ユーティリティ」で行う。IP アドレスのほか、リンク品質、電波の強度などの詳細な情報が、リアルタイムで表示される。また、PING 値を調べるユーティリティ、無線 LAN 使用時の節電モードなども用意されており、非常に多機能だ。

Axim X3i に搭載されている無線 LAN のアンテナ。起動時やアクセス中は、ブルーのライトが点滅する
同社の無線 LAN ツール「Dell WLAN ユーティリティ」。無線 LAN 使用時の節電モードでは、“最適性能”と“電池寿命最適化”の比率を細かく設定できる

■クレードル(Axim X3i)

予備バッテリーの充電機能を備えたクレードルは、あっさりとしたデザインの筐体に反して、とにかく渋くて格好がよい(スタイラスといい、意図的に筐体とは違う方向性のデザインをしているのだろうか……?)。クレードルは、コンパクトさには欠けるが、重量がある分、安定性は高い。

クレードル表面には、メタリック加工が施されており、充電を行うと、正面部分のブルーライトに“DELL”のロゴが浮き上がる。充電情報を知らせるなどの、実用的な表示機能はないが、どこに置いても映えるデザインの良さは高く評価したい。ちなみに、充電中は本体上部のスタートボタンがオレンジ色に光る。残念ながら、Axim X3 ではオプション(USB 同期ケーブルのみ付属)となってしまうが、Axim X3i には標準で付属する。

非常に重厚感のあるクレードル。メタリックを基調としてたデザインは非常に美しく、置き場所を選ばない
本体装着時の安定性も申し分ない。クレードルが“どっしり”としており、本体を装着してもバランスを崩して倒れることはない

■まとめ

最新のCPUを搭載し、100cd/m2という高輝度の液晶、考えられたアプリケーションの配置、シャープなデザインなど、後発の Pocket PC だけあって、かなり洗練されている印象を受けた。今回は、廉価版の「Dell Axim X3」を中心にレビューをお送りしたが、やはり最大の特徴はその“価格”であろう。最新のスペックでありながら、価格が3万円を切っている(29,800円)のは、とにかく魅力だ。無線 LAN 搭載モデルの「Axim X3i」も、わずか8,000円の違い(37,800円)で手に入る。これから Pocket PC を購入してみようと考える人には、いずれのモデルもかなりお薦めできる。



写真で見る Dell Axim X3 その2

Reported by まーてぃん


Last-modified: Sun, 24 May 2009 23:45:30 JST (3654d)