WindowsCE用辞典検索ソフトを同梱した「現代用語の基礎知識2004年版+カタカナ・外来語/略語辞典V2」 - 第4回:「補足」編(全4回)

このページをDeliciousに追加 このページをはてなブックマークに追加 このページをYahoo!ブックマークに追加

2004年3月21日(日)版

WindowsCE用辞典検索ソフトを同梱した「現代用語の基礎知識2004年版+カタカナ・外来語/略語辞典V2」 - 第4回:「補足」編(全4回)

株式会社電子辞典から辞典「3製品」発売!

←第3回へ  

■はじめに

 「第4回」は「第1回」から「第3回」で説明できなかった部分を補足し、検証していきます。

■該当する語句がなかったら...

 (1)たとえば「えっちんぐ」という語を検索してみましょう。
 (2)検索の結果、該当語句がない場合、左画像のように「0-0/全0件」と表示されます。
  「Sigmarion III」を使った検証では、左画像のような結果画面が表示されるまでの時間はごくわずかでした。

■他のアプリケーションへの連携

 (1)検索結果の本文の「一部」、あるいは「すべて」を他のアプリケーションに「コピー&貼り付け」することが可能です。
  ここでは、検索結果の「グリッター」の本文をツールバーから「編集」-「すべて選択」-「コピー」をタップしてみます。

 (2)「Microsoft ワードパッド」を起動し、「貼り付け」をタップすると左画像のように、「本文」をすべて転記することが可能です。

■環境設定

 (1)ツールバーの「編集」-「環境設定」では、左画像のように「本文」、及び「項目」の言語セット・フォントの設定変更、「EEDCviewer」起動時に優先される辞典の選択ができるようになっています。

 (2)今回は「本文」のフォントを「MS Pゴシック」から「symbol」に変更してみました。

 (3)フォント「symbol」は「数学記号専門」の特殊フォントですので、当然のことながら、正常に表示できません。
  もし、「文字が正常に表示されなくなった」場合、「環境設定」を見直すとよいでしょう。

  「本文」、「項目」の各初期値は以下のとおりです。
   ・本文:言語セット-「日本語」、フォント-「MS Pゴシック」
   ・項目:言語セット-「日本語」、フォント-「MS Pゴシック」

■あとがき

 最近は辞典関係の情報も充実してきて、優秀な「辞書ビューア」、内容の豊富なフリーの「辞書データ」も登場してきています。

 今回、株式会社電子辞典から発売された「現代用語の基礎知識2004年版+カタカナ・外来語/略語辞典V2」、「日本語まるごとセット2004 V2」、「厳選!定番セット」の3製品は辞典のない「Sigmarion III」ユーザにとって、朗報でしょう。
 今回の記事が購入の際の参考になれば幸いです。



WindowsCE用辞典検索ソフトを同梱した「現代用語の基礎知識2004年版+カタカナ・外来語/略語辞典V2」 - 第4回:「補足」編(全4回)

Reported by BEATBOY


Last-modified: Sun, 24 May 2009 23:45:30 JST (3828d)