写真で見る「マイタックジャパン Mio 168」その 2

このページをDeliciousに追加 このページをはてなブックマークに追加 このページをYahoo!ブックマークに追加

2004年4月9日(金)版

写真で見る「マイタックジャパン Mio 168」その 2

GPS 内蔵 だけじゃない―― 小さなボディに秘めたその実力やいかに?

←写真その 1 へ  

■カードスロット

GPS アンテナをしょっていることもあるのだろうが、筐体上部から見るとサイズに似合わぬ迫力がある。前回もお伝えしたように、正面から見たサイズ自体は HP の iPAQ Pocket PC h1937 と大して変わらないのだが、厚みはかなりのものだ。真ん中に見えるスロットは、SD / MMC 兼用のスロットとなっている。もちろん SDIO にも対応しており、SD タイプの AirH”カード「AH-S101S」も使用できる。

筐体上部にあるのは SDIO / MMC スロットとスタイラスホール。録音ボタンの上には、意外に要望の高いストラップホールが付いている
実際に、AH-S101S を使用してインターネットに接続してみた。ドライバは Mio 339 用のものを使用したのだが、全く問題なく接続できた

今回 Mio 168 を触っていて唯一残念に感じたのが、“バッテリの交換ができない”ということだ。兄弟分である Mio 339 や Mio 558 はバッテリの交換が可能であるだけに、その思いは強い。ただし、バッテリの持ち自体は優秀だ。GPS 使用時にも長時間駆動できるように 1350mAh という大型のバッテリが搭載されており、通常使用では 12 時間という連続稼働時間を実現している(大型バッテリゆえに重量もあるわけだが)。

Windows Mobile ロゴの横に見えるのがバッテリのON / OFF スイッチだ。リセットボタンと勘違いして押すと、初期化されてしまうので注意したい

■同梱品

Mio 168 の同梱品は、AC アダプタや USB の Sync ケーブル以外に、車載用ホルダーと DC アダプター(車のシガーソケットに差し込んで給電するアダプター)という、ほかの Pocket PC では、まずお目にかかれないものがある。注目したいのは、やはり 車載用ホルダーで、GPS アンテナを持つ Mio 168 らしい同梱品と言える。試しにホワイトボードに車載用ホルダーを取り付けてみたのだが(筆者が免許を持っていないもので……)、かなりしっかりと設置できた。

こちらが車載用ホルダーを取り付けた Mio 168 とフレキシブルスタンド。ホルダーの裏側にマグネットが仕込まれており、フレキシブルスタンドに取り付けて使うことになる
ホワイトボードに取り付けてみた。吸盤のところにレバーが付いており、これを下ろすことでしっかりと吸着する

■ソフトウェア

Mio 168 用の独自アプリケーションとしては、Mio 558 / Mio 339 でおなじみの「eBackup」「E-Viewer」、Mio 339 にインストールされていた「eMenu」「Mp3Player」などがある。別途インストールが必要なアプリケーションは、昭文社の「Super Mapple Digital ver.4 for Mio」(以下、Super Mapple Digital)と連携する地図データアプリケーション「Pocket Mapple Digital」だ。ちなみに、Mio 168 用の「Pocket Mapple Digital」のインストールは少々分かりづらいので、ここで簡単に説明しておこう。

まずはじめに、Windows マシンに Super Mapple Digital をインストールする。その際に、「Program Files\Super Mapple Digital Ver.4」フォルダ内に「Pocket Mapple Digital」というフォルダが生成される。その中にある「PocketMappleD.ARM.cab」というファイルが Mio 168 用のものだ。この cab ファイルを、ActiveSync を使って、まずはインストールしておこう。

さらに、同じフォルダ内には住所データベースの「PMD.住所lDB.CAB」と「住所db」フォルダ、駅名データベースの「PMD.鉄道駅lDB.CAB」と「鉄道駅db」フォルダがあるので、こちらのインストールも忘れないようにしたい。ちなみに、CAB ファイルは本体へのインストール用で、db フォルダは外部メモリへのインストール用となっている。db フォルダのインストール先は「My Documents\Shobunsha」フォルダ内になるので、間違ってルートフォルダ内に放り込まないようにしよう。

Pocket Mapple Digital はここにある。一応、Super Mapple Digital のヘルプには書かれているのだが、気付かずにしばらく悩む人もいるだろう



写真で見る「マイタックジャパン Mio 168」その 2

Reported by タカシゲ


Last-modified: Sun, 24 May 2009 23:45:30 JST (3765d)