写真で見る「マイタックジャパン Mio 336」その1

このページをDeliciousに追加 このページをはてなブックマークに追加 このページをYahoo!ブックマークに追加

2004年5月17日(月)版

写真で見る「マイタックジャパン Mio 336」その1

Pocket PC 2003 最軽量! 余分な機能を省いたシンプルさがうれしいエントリーマシン

  写真その 2 へ→

■はじめに

無線 LAN、Bluetooth、CF & SD スロットというぜいたくな仕様の「Mio 558」、デジタルカメラを搭載しながらわずか 142g と軽量な「Mio 339」、GPS 搭載の「Mio 168」――個性的な Pocket PC を立て続けにリリースするマイタックジャパン。

すでにピックアップニュースでもお伝えしているように、そのマイタックジャパンから、これまでにリリースしたモデルの対極にあるシンプルな Pocket PC「Mio 336」が 5 月 20 日に発売(出荷)されることとなった。今回、実機をメーカーのご厚意でお借りすることができたので、フォトレビューをお送りしたいと思う。

■筐体

Mio 168 のフォトレビューの際にも同様の印象を受けたが、マイタック製の Pocket PC は筐体が小さく、気軽に持ち運べるサイズなのがうれしい。Pocket PC 2003 搭載機最小の 118g というのは事前情報で知ってはいたものの、実際に手に持ってみると、やはりその小ささ、軽さには驚かされる。筆者はつい最近まで重量 124g の「iPAQ Pocket PC h1937」を使用していたのだが、それよりも“明らかに軽い”と感じた。シャツの胸ポケットに入れても全く気にはならないし、シャツのシルエットが崩れる心配をする必要もあまりなさそうだ。

落ち着いたブラックのボディカラーが美しい。ビジネスシーンでもあまり違和感を感じることはないだろう。なお、スタイラスは伸縮式となっている
筐体背面は非常にすっきりとした印象だ。写真を見てお気付きとは思うが、バッテリは取り外しのできない内蔵型となっている

■デザイン

ボディカラーが黒で特殊塗装のピアノペイントを施されているため、気付かない人もいるかと思われるが、デザインは非常に Mio 168 と似ている。Mio 339 と Mio 168 は“似た印象を受ける”という程度だったが、Mio 168 と Mio 336 の場合は“Mio 168 の GPS 部分を外して黒くすると Mio 336 になる”というレベルだ。ちなみに、ピアノペイントを施した製品には必ずついて回る“指紋の跡が目立つ”という問題は当然ながら発生している。こればかりは塗装の美しさとのトレードオフなので、やむを得ないだろう。

左が Mio 168、右が Mio 336 だ。このアングルから見ると、電源ボタンやリセットボタン、ヘッドフォンジャックの配置など、いかにデザインが似ているかが分かる
こちらは両機を重ねた写真だ。よく似てはいるが、実際は GPS 部分を外しても Mio 168 の方が厚みがある

■ボタン

電源ボタンやボイスレコーダーボタンをはじめとするボタンデザインや配置も、Mio 168 と基本的には同じだ。Mio 168 で特徴的だった“各ボタンの上下に二つのアプリケーションを配置することでボタン数を二つにまとめた”アプリケーションボタンは今回も健在だ。最小限の指移動でアプリケーションを二つ起動できるため、PDA 本来の使い方をする分には、非常に快適に操作できる。

方向キーも、Mio 168 と同じスティックタイプのものだ。スティックが非常に小さいため、時折意図していない方向に押し込んでしまうことはあるが、やや堅めのクリック感がほどよい感じで、使いにくいという印象はない。サイズのことを考慮すると、ボタンまわりのインターフェースは優秀な方だと言ってよいのではないだろうか。ただし、アクション性のあるゲームをプレイするのには向いていない。ボタンの小ささ故に、方向キーにかぶせた親指とアプリケーションボタンにかぶせた親指がぶつかってしまうのだ。

デザインは Mio 168 と全く同じなのだが、ボタンのサイズは Mio 336 の方が若干小さい。118g の秘密はこうした細かなパーツのダウンサイジングに隠されているようだ
電源ボタンとボイスレコーダーボタンは、誤操作をしないように少しくぼんだ位置にある。ちなみに、電源ボタンの上にあるのはストラップホールだ

■液晶

Mio シリーズの中では廉価版という位置付けになっているが、液晶に関しては上位機種と同じく高輝度の半透過型液晶が使われているとのこと。手持ちの Mio 339、Mio 168 と最高輝度で白色を比較した感じでは、ほかの 2 機種より黄色っぽい印象も受けたが、気にするほどではない。屋内 / 屋外での視認性も高く、オンラインショップの実勢価格が税込みで 2 万 9,000 円程度であることを考えると、液晶品質は申し分ない。



写真で見る「マイタックジャパン Mio 336」その1

Reported by タカシゲ


Last-modified: Sun, 24 May 2009 23:45:30 JST (3848d)