富士通「POCKET LOOX v70」で検証する Windows Mobile 2003 Second Edition のソフトウェア互換性

富士通「POCKET LOOX v70」で検証する Windows Mobile 2003 Second Edition のソフトウェア互換性

このページをDeliciousに追加 このページをはてなブックマークに追加 このページをYahoo!ブックマークに追加

2004年7月23日(金)版

富士通「POCKET LOOX v70」で検証する Windows Mobile 2003 Second Edition のソフトウェア互換性

はたしてあのソフトは動作するのか? 現在唯一の Second Edition 搭載機 v70 で徹底チェック!

←写真その 1 へ 写真その2へ→

■はじめに

ついに登場した Windows Mobile 2003 Second Edition(以下、SE)。VGA 対応にランドスケープ対応と、いいことばかりのように思えるが、やはり気になるのはソフト側の SE への対応。メーカーのご厚意により SE を搭載した「POCKET LOOX v70」をお借りしているということもあるので、今回はそのあたりを調査してみたい。マイクロソフトの担当者の方の話によると「特別なことをしない限りは大抵の(Windows Mobile 2003)ソフトが動きます」とのことだが、果たしてそれは本当なのだろうか?


■SE 対応ソフト

すべてのソフトを検証するというわけにもいかないので、今回は筆者が常日頃愛用しているソフトを中心に行いたい。まずは PDA の中核をなす PIM ソフトだ。筆者が以前から使用しているのが「さいすけ 2003(バージョン 3.06)」。何はなくともこれはインストールしなければと思い、意気揚々とセットアップを試みたのだが、見事に玉砕。OS 判定で蹴られてしまった。何か代用できるものはないかと考えて導入したのが、見やすい週間表示で人気の高い「KMSchedule」。こちらは何の問題もなく動作した。

続いては、小遣い帳ソフト「Pocket ひかる」。こちらは起動は問題なし(VGA でないのは当然として)。「なんとかイケるかな?」と思ったのだが、上部のメニューバーにメニュー項目が表示されない。それ以外のエリアは正常表示されており、動作もしているのだが、これでは使用は難しい。これも使用リストから外す必要がありそうだ。

思わず点をあおいだ「さいすけ 2003」の起動メッセージ。インストールまではうまくいったのだが……
上部メニューバー部分にステータスバーが表示されているが、これはキャプチャソフトの仕様だ。実際は、何もメニューがないメニューバーが表示される

一応、筆者が使用しているソフトを中心に幾つか動作テストを行った結果を表にしておくので、参考にしてほしい。○は問題なし、△は一部問題あり、×は不可、もしくは実用上大いに問題ありとなっている。VGA 表示に関しては、現時点では×が当たり前なので、使用に支障が出る「Decuma Japanese」以外は、あまり気にすることはない。

ソフト名 バージョン インストール 起動 動作 VGA 表示 備考
さいすけ 2003 3.06 × × ×
KMSchedule 3.0 ×
Decuma Japanese 2.0 × × 動作自体は正常だが、入力エリアの 疑似 QVGA 表示ができないので実用上問題あり
Pocket ひかる 9.14 × メニューバーが表示されない
GSPocketMagic++ 1.32.7 ×
SmallMenuPlus 3.13
npopq 1.0.1 本文表示エリアは VGA 表示?
2++ 0.6.0.16 ×
UKTvList(カラー) 0.4.0.9 ×
UKTenki 0.0.0.10 初回は一度実行ボタンを押さないと設定に入れない。VGA 表示は Today 上のみ
GSFinder 1.8.1(絶版) ×
TOMBO 1.9 beta1 × ランドスケープ時に詳細ビューが表示されない&オプションウインドウを動かさないと OK ボタンが押せない
PocketExtractor 1.0 ×
Ex ぱんだ 0.2.1b ×
こんぷ ress 0.3b ×
tdlaunch/Y 1.5e 16 ドットにするとアイコンが欠ける
PowerCheck 3.2

評価に関しては、とりあえず通常で問題がないかどうかをチェックしただけなので注意してほしい。今回は筆者の愛用ソフトを中心に行ったが、SE 端末が出そろった時点で、改めてソフトの本数を増やして、詳細にチェックを行いたいと思う。

意外な結果でうれしかったのがこの「npopq」の本文部分。文字表示の仕組みがどうなっているのかは不明だが、なぜか VGA 表示されている
SE 対応のはずなのだが、VGA 表示に対応していないのが「PocketTV Classic」。QVGA 動画再生時に、表示を画面サイズに合わせること(Fit Screen)ができない

■ベンチマーク

せっかくなので、ベンチマークも行うことにした。筆者の知る限り、今のところ国内では SE 対応のベンチマークソフトは登場していないため、海外で SE 対応をうたっている定番のベンチマークソフトを「Spb Benchmark」をインストールすることにした。……が、結果はインストール不可能。英語版ではちゃんと動作しているようなのだが。なんとも残念な結果に終わってしまった。ちなみに、国産ベンチマークソフト「BMQ(バージョン 0.31 / Arm 用)」も試してみた。起動こそしたものの、メニューバーが表示されず、テストを行うにはいたらなかった。ベンチマークに関しては、日本語版で動作するソフトが登場したら、改めて行いたいと思う。

■番外編:海外産 PIM ソフト

日本ではまだまだ SE 対応ソフトはわずかしか存在しないが、先行して SE 化が進んでいる海外はどうだろうか? 愛用している「さいすけ 2003」が未対応という残念な結果に終わったので、とりあえず世界の定番 PIM ソフト「Agenda Fusion(バージョン 6.0.7)」と「Pocket Informant(バージョン 5.11)」を試してみることにした。

「Pocket Informant」は「TK-BLOG」の tk109 氏が制作した日本語化リソース(Ver.0.5b)でメニューの日本語化を行っている。設定画面の日本語表示に一部乱れがあるが、大きな問題は発生していない
「Agenda Fusion」ではこのとおり、フォントもアイコンも荒れてしまう。もちろん、使用自体には支障がないのだが……

結果はご覧のとおり、Agenda Fusion はランドスケープ表示こそ可能だったものの、VGA には未対応。一方の Pocket Informant は VGA に完全対応だった。アイコンのグラフィックが荒れることもなく、フォントサイズを最小にした日本語メッセージも綺麗に表示された。日本語ソートができないため連絡先としては使いにくいのが難点だが、それ以外は文句のない PIM ソフトなので、SE 対応の PIM ソフトを探している方には、こちらをお薦めする。

■番外編:周辺機器

これはまったくの余談になるが、今回の検証期間中にクレードルを持ち歩くのが面倒になったため、「前機種用のものが使えるのでは……」と思い立ち、海外版 POCKET LOOX(おそらく型番 FLX3A 系)用の「LovelySync」という USB 充電可能な巻き取り式 Sync ケーブルを購入してみた。結果としては、見事に動作。LovelySync は、国内の PDA ショップでも取り扱っているので、v70 の購入を予定している人は購入してみてはいかがだろうか。



富士通「POCKET LOOX v70」で検証する Windows Mobile 2003 Second Edition のソフトウェア互換性

Reported by タカシゲ


Last-modified: Sun, 24 May 2009 23:45:30 JST (3373d)