KDDI 〜注目はauのデザイナーズ携帯第3弾「talby」、ついに姿を現す

このページをDeliciousに追加 このページをはてなブックマークに追加 このページをYahoo!ブックマークに追加

2004年10月20日(水)版

KDDI 〜注目はauのデザイナーズ携帯第3弾「talby」、ついに姿を現す

【WPC EXPO 2004】INFOBARの再来なるか



■ あの「talby」がついに登場

 去年発売され、絶大な人気を誇った「INFOBAR」や「W11K」に続き、auのデザイン・プロジェクト第3弾となるデザイナーズ携帯「talby」がついに、その姿をお台場に現した。この「talby」は、去年の各イベントなどで度々紹介されつつも、今年度に入ってからは情報が途絶え、我々メディアや携帯ファンをやきもきさせてきたが、このWPC Expo 2004において、ようやくその全貌があきらかとなった。

 「talby」のデザインを担当したのは、あのナイキやフォードのデザインも手がけ、現代のプロダクトデザイナーのなかでは指折りの著名人であるMarc Newton(マーク・ニュートン)氏。そのデザインのセンスは、この「talby」をみれば一目瞭然。すっきりとしたインターフェースにスマートなボディ、そして、シンプルかつソフトな色彩感覚など、さすがとしかいいようがない。まさにハイセンスな機体だ。

形状は「INFOBAR」によく似ているが、「talby」は底面がほどよく丸みをおびているため、非常に手になじみやすい。
液晶に浮かび上がるMarc Newton氏のサイン。ちなみに、「talby」のカラーはホール・ブラック、オレンジ・オレンジ、ホーネット・グリーンの3色だ。

こちらが充電器に設置した状態。平面置きとは目新しいが、せまいスペースで邪魔にならないか、ちょっと心配だ。

 「talby」はその筐体だけでなく、ランチャー画面や、壁紙、スクリーンセーバー、さらにはオプションのカバーやストラップまでも、Marc Newton氏自身がデザイン。着信メロディも氏と親交のある音楽プロデューサーに作曲を依頼し、「talby」のテーマソング「Free」をはじめ、15曲がプリセットされているなど、特色のある内容となっている。

Marc Newton氏デザインの壁紙。壁紙は3種、ランチャー画面、時計画面に2種、スクリーンセーバーは1種がプリセットされる。
オプションのキャリング・ケースにストラップ。3色のカラーにあわせたカバーはとてもオシャレだ。ストラップは見た目にもやや大きめ。首から下げて使うように設計されているようだ。


 この「talby」、携帯電話の特徴としては、26万色のQVGA液晶に33万画素のデジカメを搭載、EZナビやEZ「着うた」、EZアプリにももちろん対応している。auが提供している標準的なサービスは、すべてフォローしている形だ。

■ 気になる発売時期、価格

 さて、気になる発売日とお値段だが、発売の予定は12月初旬、販売価格はまだ未定とのこと。auのライバル会社であるNTTドコモやvodafoneが年末商戦にむけて新機種を続々発表しているなか、それにあわせての投入だろう。当然、この「talby」なら健闘は必至だ。この年末商戦、携帯電話の新機種&顧客獲得市場はかなりの激戦が予想される。



KDDI 〜注目はauのデザイナーズ携帯第3弾「talby」、ついに姿を現す

Reported by shindo


Last-modified: Sun, 24 May 2009 23:45:30 JST (3101d)