真のスマートフォンへ―W-ZERO3 のケータイモデル「W-ZERO3[es](ダブリュゼロスリー エス)」発表

このページをDeliciousに追加 このページをはてなブックマークに追加 このページをYahoo!ブックマークに追加

2006年7月4日(火)版

真のスマートフォンへ―W-ZERO3 のケータイモデル「W-ZERO3[es](ダブリュゼロスリー エス)」発表

【2.8 インチ VGA 液晶のストレートボディにテンキー×QWERTYのデュアル・キーボードを搭載】


■発表会リポート

ウィルコムは、本日開催した発表会において、Windows Mobile 5.0 搭載 PHS 端末「W-ZERO3」シリーズの新モデル「W-ZERO3[es](ダブリュゼロスリー エス)」(WS007SH)を発表した。販売開始は 7 月 24 日。7 月 14 日からは予約の受付が開始される予定だ。価格はオープン価格で、ウィルコムストアでの価格は、年間契約込みで新規 / 機種変更共に 2 万 9,800 円。年間契約をしない場合は 4,000 円プラスの 3 万 3,800 円。W-SIM 無しモデルは、さらに 3,000 円プラスの 3 万 6,800 円となっている。本体カラーは、ブラックとホワイトの 2 色。

W-ZERO3[es]は、従来の「W-ZERO3」(WS003SH / WS004SH)がモバイル PC ユーザーを対象とした製品であったのに対し、ケータイユーザーを対象とした製品となっているのが特徴。筐体デザインはいわゆるストレート端末型に変更されており、サイズも高さ約 135mm × 幅約 56mm × 厚さ約 21mm(キーボード収納時、突起部除く)、重量約 175g (充電池、スタイラスペン、W-SIM 含む)と、前モデルから大幅に小型・軽量化。無線 LAN など一部の機能は省かれているが、基本性能はそのままに、ケータイとしての使い勝手を考慮したモデルとなっている。

手のひらにすっぽりと収まる筐体サイズ。従来モデルでは感じることのなかった“スマートフォンを持っている”という感覚が沸々と沸いてくる
小型化とのトレードオフは避けられないもの。従来モデルと並べると、やはり液晶は小さい。ただし、視認性に関しては全く問題がない

液晶には、2.8 インチ VGA のモバイル ASV システムム液晶(シャープ製)を採用。視野角は上下左右 160 度で、屋外でも高い視認性を実現している。基本性能に関しては、OS に Windows Mobile 5.0 Software for Pocket PC(展示されていたバージョンは OS 5.1.195 Build 14957.2.3.1)、CPU にインテル PXA270 プロセッサ 416MHz、 フラッシュメモリ 128MB(ユーザーエリア約 60MB)/ SDRAM 64MB と大きな変更はないが、USB のホスト機能を実装(USB OTG 対応)しており、外部メモリや外付けキーボードをつなげることも可能となっている。また、内蔵のカメラが接写モードを実装し、QR コードの読み取りにも対応するようになった。連続待受時間は約 500 時間(電波状態ランプ消灯時。点灯時は約 300 時間)で、連続通話は約 7 時間。

背面も非常にスマート。左上に見えるのが内蔵のカメラ。画素数は 2 万画素ほどダウンしているが、マクロ機能を実装し、QR コードの読み取りも可能になった
QWERTY 配列キーボード使用時にはこのように本体からスライドさせる。このスタイルでの使い勝手はやはり従来モデルに分がある

ケータイユーザー向けモデルということもあり、通常時の入力は片手での入力を考慮したテンキーに変更されている。携帯ではおなじみのダイヤルキーも備えており、片手でも入力が楽に行える。また、従来モデル同様にスライド式の QWERTY 配列キーボードも内蔵しており、シーンに合わせて自由に入力方式を切り替えられる“デュアル・キーボード方式”を採用している。日本語入力システムとしては、ジャストシステムの「ATOK」が採用されている。

また、従来はダウンロードの形で提供されていた「Opera Mobile」は標準搭載されることとなった。さらに、専用のオリジナルメールソフトとして、「W-ZERO3 メール」が新たにプリインストールされている。W-ZERO3 メールは、ダイヤルキーによる片手操作を意識したメーラーとなっており、自動振り分け保存や、eml 形式でのローカルへの保存も可能となっている。

写真は筐体上部を開いて W-SIM を取り出しているところ。従来モデルよりも取り出しやすくなっているのがうれしい
外付けのワンセグチューナーも発売予定。このほかにも、モバイルプリンタや Bluetooth アダプタなどの発売が予定されている

発表会には、ウィルコム代表取締役社長の八剱洋一郎氏に加えて、マイクロソフト代表執行役社長のダレン・ヒューストン氏、シャープ代表取締役副社長の松本雅史氏も駆けつけた。また、先ごろ 2008 年 7 月で第一線から身を引くことを表明したマイクロソフト会長ビル・ゲイツ氏からのビデオメッセージも公開された。ゲイツ氏は「我々は日本で初めて Windows Mobile 搭載の携帯電話付き端末を出荷したウィルコム社と協業できることを楽しみにしている」「1人でも多く日本のお客さまにこの優れた端末を利用してほしい」と W-ZERO3[es] への期待を語った。ゲイツ氏がこうした他社製品の発表会にメッセージを寄せるのは異例のことで、W-ZERO3[es] に寄せる Windows Mobile 陣営の関心が非常に高いものであることを伺わせた。

なお、新宿高島屋のジェイワン広場では、予約受付開始に合わせた 7 月 14 日から、タッチ & トライイベントが実施されるとのことだ。また、7 月 19 日から東京ビッグサイトで開催されるイベント“ワイヤレスジャパン 2006”でも、同製品の実機が展示される予定となっている。購入を考えている方は、足を運んでみてはいかがだろうか。



真のスマートフォンへ―W-ZERO3 のケータイモデル「W-ZERO3[es](ダブリュゼロスリー エス)」発表

Reported by タカシゲ


Last-modified: Sun, 24 May 2009 23:45:30 JST (2618d)