jornada525 のスペックを読む その1 ベース性能は従来どおり

このページをDeliciousに追加 このページをはてなブックマークに追加 このページをYahoo!ブックマークに追加

2001年3月23日(金)版

jornada525 のスペックを読む その1 ベース性能は従来どおり

とうとう Palm より安い PocketPC が登場?

  次へ →

ホワイトシルバーになってさわやかなjornada525

■ PocketPC jornada シリーズのエントリーモデル jornada525

 本日、3月23日、日本HP から PocketPC 日本語版エントリーモデル jornada525 が発表された。すでに、速報ではお伝えしてあるが、プロフェッショナルモデルに位置付けられる jornada548 に比べて、優れている点も多い ことが、このマシンの位置付けを難しいものにしているようである。

 jornada525 は、価格が jornada548 に比べて1万円も安価になっていながら、CF TypeII スロットに対応するなど上位モデルの jornada548 より優れている点も少なくない。すでに、WindowsCE FAN では、jornada525 と jornada548 のスペック表を掲載しているが、この違いの裏側を覗いてみよう。


■ ベースとなる性能は同じ jornada525 と jornada548

 今回発表された jornada525 と昨年発売された jornada548 は、ベースとなる性能は同じだ。CPU には、同じ SH3 133MHz を採用し、OS(プラットフォーム) には、PocketPC 日本語版 (Version 3.0.9348 Build 9503) がそのまま利用されている。
 つまり、シリーズ上位機の jornada548 と、スピード性能上はほとんど遜色がないはず だ。

 元々、jornada540 シリーズは米国では、jornada540、jornada545 という本体メモリが 16MB となっているバリエーションも発売されていた。今回、米国版などの jornada525 も発表されているが、これらのモデルはまさに、jornada540、jornada545 といったモデルを置き換えていくことになるのだろう。

 また、本体の外形サイズ、バッテリの持続時間も jornada548 とまったく同じである。カタログスペック上は本体サイズが 260g → 230g と 30g 軽くなっているが、前回の記事でも書いたとおり、前面のハードカバーを外したことによるカタログ上の変化に過ぎないようだ。「おっ、軽くなってるじゃん」と思った人にはちょっと残念か。

どこがスペックダウンしているのだろう? →




hp jornada525 の本体予約情報
 セブンドリームでは、2001/03/24 0時よりこのjornada525の予約キャンペーンを開始する。"Jornadaロゴ入り特製ソフトケース"と"メルコ CF 16Mメディア "RCF-L16M"がついて、39,800円。今すぐ予約すれば発売日に入手することが可能だ。近くのセブンイレブンで支払い・受け取りを行えば手数料もかからず無料。是非とも購入を考えている人はこちらも参考にしてほしい。



jornada525 のスペックを読む その1 ベース性能は従来どおり


Reported by けいたん


Last-modified: Sun, 24 May 2009 23:45:30 JST (3100d)